失敗しないお墓の移動(改葬)

様々な理由で必要になる改葬。その方法と注意点、費用などを詳しく解説!

失敗しないお墓の移動(改葬)
お墓参りやお墓の管理はとても大切なことですが、さまざまな事情からお参りや掃除などができなくなることがあります。そのことに対して後ろめたさを感じながら過ごすのも気持ちのいいことではありませんので、思いきってお墓を移動するのもいい方法だと思います。ただ、「お墓の移動」といっても簡単にできることではありませんので、必要な準備や手続きなどについてご説明したいと思います。

お墓の移動ってどうやってするの?

お墓を移動することを「改葬」と言います。まずは、その改葬の手順ややり方などについてお話ししたいと思います。

改葬する理由として多いのは、

・お墓が遠くてお参りや掃除などに行くのが大変だから、自宅の近くに移動したい。
・お墓を引き継ぐ人がいなくなるので、お墓をひとつにしたい。
・信仰する宗教が変わった。

などです。

改葬の方法としては、

・今のお墓をそのまま新しい墓地や霊園に移動する。
・お墓を処分して、お墓の中のご遺骨をすべて違うお墓に移動する。
または、違う墓地に新しいお墓を建ててご遺骨を入れる。
・お墓の中の一部のご遺骨を他のお墓に移動する。

など、いくつかの種類があります。

お墓を移動させると先祖があの世で迷ってしまうとか、家に災難が降りかかるなどと言われることがありますが、これはまったくの迷信です。お墓は故人と遺族をつなぐ大事な場所であり、お墓参りは先祖に挨拶をして対話をする大切な時間です。お墓を引き継げない事情があったり、遠くてお墓参りができなかったりなどの理由でお墓から遠ざかるぐらいなら改葬して頻繁にお墓参りできる方がずっといいことです。
法要を執り行いながら改葬をしていけば、改葬しても家に災難が降りかかるようなことも決してありません。安心して改葬に気持ちを向けてください。

ただ、改葬には様々な手続きが必要です。大きな墓石を移動させるのは簡単なことではありませんので、運搬できる専門家が必要になるでしょう。また、お墓を開けてご遺骨を出すとなると、それこそ勝手にできることではない気もします。

では、改葬するには運搬できる人とお寺のお坊さんがいればできるのかな、と思いますが、実は改葬は自治体への届け出が必要なものなのです。改葬は、自分たちだけでできることではなく、宗教的なことをクリアすればいいものでもないのです。改葬に関して自治体に提出したりする書類もありますので、改葬の流れや必要なものを順番にご説明したいと思います。

①改葬元の管理者に改葬の報告や相談をする。

「改葬元」とは、今のお墓があるお寺や霊園のことを言います。改葬元の管理者に書いてもらう書類もありますので、改葬しようと思ったら報告や相談をしましょう。

②改葬先を選ぶ。

条件に合う墓地や霊園を選びます。ただ、今のお墓の墓石をそのまま移動して建て直すことが難しい墓地や霊園もありますのでご注意ください。

③改葬先の管理者に「受け入れ証明書」を発行してもらう。

改葬先が決まったら、改葬先の管理者に「ご遺骨やお墓を受け入れてもらえる」という証明書を発行してもらいます。

④改葬元の管理者から「埋葬証明書」をもらう。

この証明書は、「ここに間違いなく仏様が入っています」ということを証明する書類です。

⑤自治体で「改葬許可申請書」をもらってくる。

改葬元の市町村役場から「改葬許可申請書」をもらいます。役場のサイトからダウンロードできるところもありますので、なかなか行けない場合はネットで調べたり問い合わせをしたりしてみましょう。

⑥「改葬許可申請書」に記載をして、改葬元の管理者から署名と捺印をもらう。

改葬許可申請書に必要事項を記載し、改葬元の管理者から署名と捺印をもらいます。

⑦自治体に「改葬許可申請書」を提出する。

市町村役場に「改葬許可申請書」を提出して、受理されると「改葬許可証」が発行されますので、受け取ります。

⑧「改葬許可証」を改葬元の管理者に提出し、閉眼供養をしてからご遺骨を出す。

改葬元の管理者に「改葬許可証」を提出します。檀家寺の僧侶を呼んで、「閉眼供養」という法要を執り行います。閉眼供養は、「魂抜き」「お性根(おしょうね)抜き」とも呼ばれる法要で、墓石に眠っている仏様の魂を抜くための法要です。法要後、ご遺骨をお墓から出します。

⑨墓地をお返しする。

今の墓石を使わない場合は処分をし、改葬先に今の墓石を建てる場合は運搬するために保管をします。墓地の空いたところは更地にして、墓地や霊園にお返しします。

⑩改葬先の墓地へご遺骨を埋葬する

改葬先の墓地や霊園の管理者に「改葬許可証」を提出して、新しい墓地にご遺骨を埋葬します。

⑪「納骨法要」「開眼供養」をする。

新しい墓地に埋葬してから、法要を執り行います。開眼供養とは、閉眼供養とは逆に仏様に魂を宿らせるための法要です。これらの手続きや作業を経て改装を終えるまでは、半年から約1年ほどかかると言われています。改葬をするときは時間に余裕をもって準備をしましょう。

改葬に必要な費用

改葬する際は、お墓の解体や撤去、閉眼供養と開眼供養のお布施など、いろいろな費用がかかります。そこで、改葬にかかる費用と支払先について一つずつ見ていきたいと思います。

☆改葬元での費用

・離壇料:お寺によっては離壇料を支払う場合があります。支払先:改葬元の管理者。
・お墓の解体、撤去、処分費:1平方メートルあたり10~50万円。支払先:石材店。
・閉眼供養のお布施:3~5万円。支払先:檀家寺。
・ご遺骨の取り出し費用:ご遺骨1体につき約3万円。支払先:石材店。
・墓石の運搬費:墓石を改葬先へ運ぶ場合20~80万円。支払先:石材店

☆改葬先での費用

・永代使用料:数十万円。支払先:改葬先の管理者
・新しい墓石の費用:新しい墓石を建てる場合120~150万円。支払先:石材店。
・埋葬費用:ご遺骨1体につき約3万円。支払先:石材店。
・開眼供養:3~5万円。支払先:檀家寺。

200~350万円ぐらいかかる計算になりますが、上記はあくまでも目安です。また、ご遺骨だけを移動するか墓石ごと移動するか、墓石を処分して新しく建てるか、など、改葬の種類によっても変わっていきます。なので、実際の費用に関しては改葬元や改葬先、石材店に問い合わせましょう。

改葬の現状は?今後どうなる?

都心部では改葬する人が増えてきており、今後も増えるのではないかと予想されています。人口の減少に伴ってお墓を引き継ぐ人が減ってきていることや、地方から都心部に移り住む人が増えてきていることが理由として考えられます。実家から遠く離れたところに暮らしていて、なかなか帰省できない場合は実家のお墓参りをしたりお墓の掃除をしたりするのはとても大変なことです。

私の家のお墓は私の家から車で10分ほどのところにありますので、お彼岸やお盆など気軽にお墓参りに出かけることができます。晴れの日が続く季節は、ちょくちょく草むしりをしに行ったりもしています。これは、お墓が近いからこそだなと思います。お墓が遠かったら、お墓参りを億劫に感じ、億劫に感じることに対して申し訳ない気持ちになるかもしれません。

子孫の負担になるのは、先祖はきっと望んでいないことでしょう。改葬して心理的・物理的な負担が減るのであれば、それはとてもいいことだと思います。改葬を考えること自体が先祖のことを大事に思っていることだと言えるかもしれません。

ただ、現在では檀家寺との付き合いが薄くなってきていることもあり、改葬するときに改葬元のお寺とトラブルになる例もあります。お寺にしてみたら檀家さんが離れるのは困ることでもあるため、改葬がスムーズに進まないこともあるのです。お寺との話がこじれると、書類の記入を拒否されたり高額な離壇料を請求されたりするというケースもあるようです。そのようなトラブルを避けるために、最近では改葬の手続きを代行するサービス会社も出てきました。代行サービス会社では、改葬元との交渉や行政手続き、改葬先の紹介も依頼できます。

先ほどお伝えしたように、改葬する際は改葬元・改葬先・市町村役場と、回るところが何ヶ所があり、必要な書類もたくさんあります。また、改葬先を自分で探すのもなかなか大変です。スムーズに改葬するために信頼できる代行サービス会社を選んで、手続きを依頼するのもいい方法だと思います。

終活における改葬

自分のお墓を引き継ぐ人がいない場合や、引き継ぐ人が遠方に住んでいる場合は、墓じまいも含めて改葬を考えるのもいいことです。お墓を引き継ぐ人やお参りする人がいない場合、お墓は荒れていき、無縁墓となりいずれは撤去されてしまいます。先祖や自分のお墓がそのようなことになるのはやはり悲しいことです。そのため、家族や引き継ぐ人の負担にならないような形でお墓を残すことがとても大切です。

改葬することで、家族がお墓参りしやすくなり、管理もしやすくなるようでしたら改葬について準備するのもいいことだと思います。とはいえ、お墓は自分一人のものではありません。なので、改葬をするときは家族や親戚と話し合いをしましょう。そもそも改葬が必要なのか、改葬するとしたら改葬先をどこにするのか、誰のご遺骨を移すのか、など話し合うことはたくさんあります。同意を得なければならないこともたくさん出てくるでしょう。

でも遺族のお墓に対する想いや、お墓参りに対する考え方などを改めて聞いてみるのはとてもいいことだと思います。お墓に対する家族の意外な想いを聞くことができるかもしれません。ネックになっていることが改葬によって解消し、家族が気持ちよくお墓と向き合うことができたらいいことだなと思います。

そこで

失敗しない改葬の極意3ヶ条

①自分のためだけではなく、子孫に負担をかけないためにも改葬を考えてみよう。
②改葬する際は家族と話し合おう。
③決められた手続きをして改葬をしよう。
頭の片隅に入れておいてください。