失敗しない納骨堂選び

あなたの疑問を解決!納骨堂の種類と相場、メリット、デメリットを詳しく解説

失敗しない納骨堂選び

時代の変化に伴い、「お墓」も従来の概念にとらわれることなく、ライフスタイルに合わせ様々なタイプが出てきました。「子や孫に迷惑をかけたくない」、「納骨する場所に費用をかけたくない」・・・そんな理由から注目を集めているものが納骨堂。「お参りのしやすさ」や「費用」、「先々のこと」も考えて、最適の方を選びたいものです。この記事では、「そもそも納骨堂ってなに?」ということから「どんな種類があるの?」「選び方のコツ」など解説をします。納骨堂のことを詳しく知ってみましょう。

納骨堂とは?

新たなお墓として注目を集めるのが納骨堂です。従来のお墓との違いは、「室内に設けられている」こと、「ご遺骨を土に還さず骨壺などでそのまま納める」こと、そして「一つの建物の中に複数家族の納骨スペースがある」ことでしょう。納骨堂は、主に都心部など墓地が不足している地域で増加しています。

時代とともに変化してきた納骨堂 

最近注目されている納骨堂ですが、実は古くからお寺敷地内の片隅にありました。もともとは葬儀後などにご遺骨を一時的に収蔵するために使われていました。近年はニーズに合わせて、一時的な収蔵場所ではなく永代的なお墓として用いられています。

従来のお墓ではなく、納骨堂を選ぶメリットは?

広い土地も必要とせず、墓石を建てる必要もないので、とても「経済的」です。「永代供養」される納骨堂が多く、代々に渡ってお世話しなければいけない従来のお墓よりも、手間のかからないという点で、納骨堂は注目されています。一定期間が過ぎると永代供養墓などに合祀されるなど、承継者不足や墓じまいの問題に悩む必要がありません。また、管理しやすくアクセスの良い場所にあることが多く、お墓参りの負担を減らすことができます。

主にどんな方から選ばれているかといいますと、
・お墓の承継者がおらず、先祖代々の墓がいずれは無縁墓になってしまうことを懸念する方
・子孫に手入れなどの負担をかけたくない
・「高齢になってお墓参りがつらい」「お墓が遠方なので足を運べない・・・」
そのような理由で、交通の便がいい場所にある納骨堂へ改葬する方が増えています。

納骨堂の様々な種類

■ロッカー型

ロッカー型の納骨スペースが集合しているタイプの納骨堂。小さいながら完全に個別のスペースで供養をすることができます。ロッカー型と聞くと無機質な印象を思い浮かべがちですが、多彩なデザインやバリエーションのものがあります。華やかな物や、扉を開けると小さなお仏壇のようになっている物など。個人や夫婦等で入るものが多く、比較的納骨スペースは狭いものが多いです。

■仏壇型

上段に仏壇スペース、下段にはご遺骨の収蔵スペースがあるタイプです。仏壇スペースには、遺影を飾ったり、好きなお花を飾ったりと、自由に使うことができます。同じものがズラリと並んでいる施設が多いです。他のタイプに比べご遺骨の安置スペースが広くなっています。お墓の承継者がいなくなっても合祀せずに、骨壺のまま永代的に管理される施設が多いことが特徴で、無縁仏になる心配をせずに安心することができます。デメリットとしては比較的、費用が高くつくことが多いです。

■墓石式

従来のお墓のように、水をかけてお参りし、お供え物をすることもできる形式です。墓石があるので、室内ではありますが「お墓参りらしいお墓参り」ができます。天候に左右されずに、また雑草を気にせずお参りすることができます。普通のお墓同様に納骨スペースがあるため、代々に渡っての利用に適しています。
費用は他形式に比べて高くなることが多いです。

■自動操作型(機械式)

専用カードやタッチパネルで自動操作してお参りする、機械式のハイテク仕様。参拝ブースまでご遺骨を収めた箱が自動的に運ばれてきます。かなりの数のご遺骨を収蔵できるため、駅近くなどアクセスの良い立地に建設されていることが多いです。デメリットとしては、カードや暗証番号がないとお参りできないため、家族以外が利用できない点です。従来のお墓のイメージを強く持たれている方には抵抗があるかもしれません。

納骨堂を選ぶチェックポイント

それでは、納骨堂を選ぶ際のチェックポイントをまとめてみます。「誰が入ることになるのか?」「お墓参りをするのは誰なのか?」といった点を考えてチェックしていきましょう。

■家族代々で入ることができるか?納骨スペースの広さは?

ご自分だけ、またはご夫婦のみで利用したい、と考えられている方にはスペースを気にする必要はありません。先々、家族代々で入り供養し続けたいと思われる方は、納骨スペースの広さをチェックしましょう。「骨壷を使う場合は何体」、「骨壷を使わず納骨袋を使用すれば何体」、といった目安を確認しておくとよいでしょう。仏壇式納骨堂は納骨スペースが比較的広く、8~10人以上の骨壺が入る所もあります。

■お参りスペースの広さ・雰囲気は?

大人数の親戚が集まることが想定できる場合、お参りスペースの広さを確認しましょう。お参りスペースが狭くても、法要室や休憩室などの施設を利用できるのであれば大人数での法要も可能です。施設によっては、お盆シーズンのお参りは混みあい、順番待ちになることもあります。施設によってお参りスペースの雰囲気が異なります。「光が射すあたたかい雰囲気」「都会的な雰囲気」などイメージに合った施設を探すため、まずは見学に行きましょう。火気厳禁でお線香をあげることができない場合や、他の参拝者と顔を合わせるような場所でお参りをすることなる場合もあります。お供え物ができるかどうか、お供えできる物の内容も施設によってことなりますので、確認しておくとよいでしょう。

■永代まで供養されるか?

お墓の後継ぎがいない方や、お墓のことで子や孫に迷惑をかけたくないという方は、永代に渡って供養してくれるかどうかをチェックしましょう。最初から合祀式の納骨堂と、最初は個別供養ですが一定期間がすぎると合祀される納骨堂があります。

■個別のスペースを使用できる期間は?

個別の納骨スペースがある納骨堂であっても、個別スペースは、「10年間」「17年間」「33年間」などと期間が限定されていることがほとんどです。「永代供養」とうたう所は多いですが、永代供養は「同じスペースで永久に供養し続けてくれる」ということではありません。期限が過ぎると永代供養墓(合祀墓)に移されます。個別のお墓と違い、他の人と同じお墓に「合祀される」ことになります。骨壷から出されて合祀されますので、永代供養墓に移されたら再度個別のお墓に移す、ということはできません。中には、金額はかかりますが永代にわたって個別の納骨スペースで供養される施設もあります。個別スペースにこだわりたい方は、そういった施設を選ぶか、必要な利用期間を考えて納骨堂選びをしましょう。

■アクセスは便利か?

「誰がお参りするのか」を考えて、集まりやすい場所にあるかどうかチェックしましょう。お参りするのが年配者であれば、自宅や駅から近いところを選ぶのがいいでしょう。立地の良い場所を選んだつもりでも、実際に行ってみると「最寄り駅からの距離が遠かった」「駅から、さらにバスに乗る必要があった」ということがあります。納骨堂は、場所によっては生花やお供え物、お参り道具等も用意されているので、好きな時に手ぶらでお参りし、お参りに行ってから家族でのお出かけやショッピングを楽しむということもできます。承継者のいないご遺骨であれば、「納骨する場所」と割り切って考え、立地にこだわらず安価なところを選ぶ場合もあります。

■宗派の制限は?

宗教団体が管理している納骨堂の場合、その宗教に準じることがあります。宗派が違う場合、檀家になる必要があるのかは大きなポイントです。神式やキリスト経、その他の宗教の方は、仏式の施設には入れない場合も多いので、ご確認ください。民間の霊園などが運営している納骨堂では、宗派不問がほとんどです。

■費用は?

納骨堂は、墓石や広いスペースを必要としないので、一般のお墓に比べると費用は安めです。納骨堂の種類やお寺などの格式、地域にもよりますが、およそ20万~100万円程度が相場です。ここには永代供養料も含まれます。別に年間管理料がかかる場合もあり、年間管理料の相場としては毎年5千~1万円程度ですが、承継者がいない場合には契約時に一括で支払うこともあります。納骨堂の相場を20万~100万と説明しましたが、施設によって費用は大きく異なります。なぜ差が出るかといいますと、「合祀か個別か」「収蔵可能なご遺骨スペースの違い」「供養の内容」、「管理体制」、等が関わってきます。アクセスの良さも価格に影響します、一般的に都心に近く、駅からも行きやすい場所であれば、郊外のアクセスしにくい納骨堂に比べて価格が上がります。

まとめ

費用面でも後々のお手入れに関しても、メリットがある納骨堂。以上のようなチェックポイントを参考にして、納骨堂選びに役立ててみてください。近頃は納骨堂施設にはパンフレットや見学会が用意されていることも多く、気軽に見学できるようになっています。まずは見学し、立地やお参り方法を確認し、分からないことや具体的費用は施設スタッフに質問してみてください。お得なキャンペーン情報が聞けたり、人気の納骨堂は早めに動かないと購入できなかったりすることもあります。

納骨堂に先祖も収めるのであれば、親戚関係にも相談しましょう。特に従来のお墓のイメージが強い方の場合、「昔ながらの石のお墓じゃないと受け入れられない」、「お骨を土に還してあげたい」という気持ちがあり、納骨堂に抵抗を示す場合もあります。お墓は宗教的な意味合いだけではなく、心の拠り所。納骨堂にせよ一般墓にせよ、家族や親戚など関係者でじっくり話し合って、皆が納得できるお墓を選ぶようにしましょう。

●そこで最後に「失敗しない納骨堂選び」の極意3ヶ条

■費用面、納骨スペース、期間、アクセスなど考慮して選びましょう!

■家族親戚みんなの納得が大切!しっかり話し合って決めましょう!

■まずは施設の見学に行ってみましょう!

頭の片隅に入れておいてください。