曹洞宗のご本尊と脇侍の祀り方

曹洞宗は他の宗派と違って分派的なものが基本的にはありません。御本尊選びも特にこの○○派だからといった心配はありません。

曹洞宗のご本尊と脇侍の祀り方

曹洞宗の御本尊の基本は「釈迦如来」

曹洞宗の御本尊は仏教の開祖でもある「釈迦如来」となります。しかし、曹洞宗などの禅宗系については、御本尊はそれぞれの寺院などによって異なります。阿弥陀如来になったり観音菩薩になったりする事もあります。
そのため、一般的には釈迦如来像を御本尊としてお祀りする家庭が多いのですが、菩提寺によっては安置する御本尊が異なることもありますので、確認しておくようにしましょう。
釈迦如来像を御本尊にする場合、多くは座った釈迦如来像になり、仏具店などでは座った釈迦如来像としての「座釈迦像」として販売されています。
お仏壇の中に御本尊を安置する場合は、どの御本尊かによらず、必ず仏壇の最上段の中央に安置します。ここはお仏壇の中の本尊台や本尊棚と呼ばれるところで御本尊を安置するための場所になり、最も高い場所に置くように決まっています。

曹洞宗の脇侍は常済大師と承陽大師

曹洞宗の脇侍は「常済大師」と「承陽大師」です。それぞれ、向かって左側が常済大師となり、右側が承陽大師となります。脇侍については基本的には御本尊に背を向けるという事がないように安置します。多くは掛け軸として置く事が多い脇侍ですが、その場合、必ず御本尊側に向いた形で置くようになります。
脇侍でそれぞれの左右どちらに置くのかわからなくなった場合は、両脇侍がそれぞれ御本尊側を向くという事を覚えておくとわかりやすくておすすめです。

仏像を御本尊、掛け軸を脇侍が一般的

御本尊や脇侍に仏像や掛け軸がありどう選べば良いかわからないとお考えの方も多いでしょう。これは曹洞宗に限らず他の宗派でも同じですが、御本尊は仏像か掛け軸かといった何にしなければいけないという決まりはありません。
あくまでも、釈迦如来像を祀るという決まりがあるだけです。
そのため、御本尊も脇侍も仏像でも掛け軸でも問題ありません。ただ、一般的な家庭では御本尊には木製の仏像を、脇侍には紙製の掛け軸を使うというのが最も多いパターンとなっています。こうしなければならないというわけではありませんし、予算にもよりますが、、特にこだわりやしきたりなどがなければ、御本尊には木製の仏像を、脇侍は紙製の掛け軸を祀る方が多くなっていますので参考にしてみてください。
ただ、仏像を御本尊として安置する場合、必ず仏壇のサイズは確認しておきましょう。
置いているお仏壇が小さいコンパクトなミニ仏壇などの場合、既存の仏像などではサイズが大きすぎて入らないといった事もありますから、少しその点には注意しておきましょう。
仏壇のサイズや仏様、脇侍のサイズなど、一般的な注意点を次に挙げてみます。

間違えやすい御本尊や脇侍のサイズ選び

御本尊を仏像・掛け軸のどちらにするにしても、注意しなければいけないのがサイズ選びです。基本的にはどちらを選んでも仏壇の中に安置します。しかし仏壇といえど、実に様々です。コンパクトなものから、超本格的な大型仏壇まであり、中の造りも当然異なり、御本尊を安置できる本尊部分の高さなども変わってきます。そのため、仏像にしろ掛け軸にしろ、仏壇の中におさまる高さで選ぶ必要があります。お仏壇には必ず本尊棚の高さといった表記がありますから、そのサイズを目安に仏像や掛け軸のサイズを選ぶようにしましょう。

仏像を買う時にはサイズ表記に注意する

御本尊の仏像を購入する際にはサイズ選びが大切になりますが、このサイズというのが実はやっかいで注意が必要になります。なぜなら、仏像のサイズは今でも寸尺法が使われています。さらに仏像のサイズを示すこの寸といったサイズは、仏像の高さでは無くあくまでも御本尊の足元から頭のてっぺんまでの高さになります。仏像としての高さではなく、御本尊の仏像そのもののサイズでの表記になるので注意が必要になります。
安置する仏像には仏像だけでなく光背や台座があります。それらのサイズは寸尺での表記には含まれないサイズのため、総高でしっかり選ばなければなりません。
特に初めて買う場合ではなく、仏像を買い換える際により注意が必要です。というのも、先ほどのようにあくまでもサイズ表記の寸尺は仏様そのもののサイズであり仏像の全体の高さではないからです。したがって、今持っている御仏像が2.5寸だったとしても、それはあくまでも仏様像が2.5寸サイズなだけで、全体が2.5寸というわけではありません。同じ2.5寸を買えば仏壇に収まると考えてしまうと、大きな失敗となります。台座や光背によっては高さが10cm以上変わる事もあります。同じ2.5寸の仏像でも、全体の高さが大きく変わるため、特に仏像の買い換えの際には寸のサイズだけではなく仏像全体の高さを見るように注意しましょう。

掛け軸も高さを注意する

脇侍は一般家庭では多く掛け軸で安置されます。この掛け軸の場合、多くは2種類存在し、そのまま置いて立たせる自立型もの、別スタンドやピンなどで安置する自立型でないものがあります。
自立型であればそのまま置けるのでサイズ選びに注意点はありませんが、自立型でない場合、そのまま置く事ができず、別のスタンドや留めピンなどを使って置きます。
そうなると、掛け軸の総高よりも、多少高くなります。ピンの場合は、下ギリギリには置かないので数cm分の高さが、スタンドであればスタンド分の高さ分だけ余分に高さが必要になります。そうなると特に小型仏壇などの場合、その高さ分の余地がなかって入らないという場合もありますので、注意が必要になります。