「永代供養」と「永代使用」の違いとは?

「永代」の意味の意外なカラクリをご紹介します。

「永代供養」と「永代使用」の違いとは?

永代供養と永代使用。どちらも「永代」という言葉がついているので、同じ意味を持つという印象を受けますが、二つの言葉の意味は全く違います。そして「永代」の意味にも意外なカラクリがあるので紹介します。

●永代供養とは?

 永代供養とは、お墓を管理する人がいなくても、お寺や霊園が責任を持って永代に渡り遺骨を供養・管理をしてくれることです。近年、晩婚化や非婚化でお墓を引き継いでくれる子供がいない、子どもが遠方で働いているので自分(親)のお墓のことで迷惑をかけたくないといった傾向を背景に注目されている供養方法です。永代供養のお墓は屋内では納骨堂、屋外では合祀型、納骨壇型、納骨塔型、樹木葬などのタイプがあります。

●永代供養の期間について

 永代に渡り供養・管理をしてくれるのが永代供養と述べましたが、残念ながらここで言う「永代」は「永遠」の意味ではありません。永代供養の一般的なスタイルは、個人として遺骨が安置された後、一定期間が過ぎると合祀されます。合祀(ごうし)とは遺骨を骨壺から取り出し、合祀墓に直接埋葬されることです。お寺や霊園によって一定期間の年数が異なり、一般的には三十三回忌のタイミングで合祀されます。もちろん合祀後もお盆やお彼岸などのタイミングで供養が行われますが、個人としてではなく合祀墓で眠るたくさんの方々と一緒に供養されます。つまり、個人・全体の区別をしないのであれば「永代」に渡って供養してもらえますが、個人としての供養には期限が付くということです。

●では「永代使用」とは?

 永代使用とは従来の先祖代々のお墓で使われる言葉で、自分やその子どもだけでなく、何代にもわたってお墓を継承していくことを前提としたお墓のことです。お墓を建てる時に永代使用料を払い、その後は管理料などを払い続けることでお墓を維持することを永代使用と言います。お墓を引き継ぐ人がいて、かつ、管理料を払い続けることでしか「永代」に渡ってお墓を使用することはできません。その意味では条件付きでの「永代」と言っても良いでしょう。ちなみに、お墓を建てる時に払う永代使用料は永代使用権(お墓を建てる土地を使用する権利)を買うためのお金です。使用する権利を買うことは土地(墓地)自体を買うこととは異なるので、土地自体は借地になります。

●永代供養ではないお墓で継承者がいなくなるとどうなる?

 継承者がいなくなると無縁墓(むえんぼ)となります。無縁墓と判断する一つの基準は管理料の支払いがあるかどうかです。一般的にはお墓を運営するお寺や霊園から3年間は管理費を支払うよう、権利者に連絡をとろうと試みます。また該当のお墓の前には立て札をして、管理者は管理費を支払うよう注意を促します。しかしそれでもお墓の権利者が現れない場合、墓を管理する寺や霊園は、行政に「無縁墳墓改葬許可申請」を行うための準備を進めていきます。手配を進めながら様子を観察しながら1年間が経過してもお墓の権利者が現れない場合は、お寺や霊園によってお墓を撤去することが可能となります。

 誰も管理してくれる人がいないのでお墓は荒れ、管理者も困ってしまいます。墓地不足と言われている一方で、墓地では誰にも管理されず放置された無縁墓がたくさんあるのが現実なのです。では、無縁墓と認められたお墓に入っていた遺骨はどうなるのでしょうか。多くは、合祀墓へ改葬されます。遺骨は合祀墓へ納骨され、墓石は処分されます。処分場へ運ばれた墓石は細かく砕かれ、道路工事用の砂利などに再利用されます。再利用と言うと聞こえは良いですが、先祖代々が眠っていた墓石が砕かれてしまうのは大変悲しいことです。また、継承者がいないので仕方ないと言われても複雑な思いにもなります。これから自分が入るお墓や両親・先祖が眠るお墓の行く末を考え、墓じまいや永代供養・納骨堂など適切な供養方法を選ぶことも必要です。

 永代供養はそんな無縁墓を少しでも減らすために考えられた新しい供養形式でもあります。自分たちが亡くなった後も安心して遺骨の面倒をみてもらえる永代供養は、今の時代に理にかなった供養とも言えます。