葬儀の見積もりってどういう仕組み? 

~追加費用が発生する事例があるか検証してみました~

葬儀の見積もりは地域性や葬儀社によって違います。また、葬儀を執り行う際に見積もりと請求書が一緒になっているケースもあります。一般的には葬儀の見積もりを知らない人も多いはずですので、葬儀の見積もりの仕組みについてお話しします。

葬儀にかかる費用

地域の風習や習わしなどで細かい部分が変わってきますが、一般的な葬儀にかかる費用について説明します。
一般的に葬儀にかかる費用は亡くなってから、告別式が終わるまでの費用で200万円前後が相場とされています。また今は故人や残された家族の意向をくみ取る形で種類が増えており、相場が異なってきています。
通常執り行われる一般葬は100万円から200万円前後であり、近年多くなってきている家族葬では80万円から150万円ほどが相場になります。変わった形では1日葬で60万円から140万円、通夜・告別式を行わずに納棺後にすぐ火葬する直葬では20万円から40万円が相場となります。
なぜ、このように一般葬、家族葬、1日葬、直葬で価格帯が違うのか葬儀費用から考えてみます。
一般葬にかかる固定になる費用は内訳として以下のような項目になります。

・ご遺体の運搬費
・故人の納棺する際に必要な費用
・斎場の使用料
・故人へのお花や骨壺など葬儀の儀式や祭壇に関連する費用
・葬儀社の人件費
・霊柩車や参列される方の送迎車にかかる費用
・火葬場の施設使用費用

次に、変動のある費用の内訳としては以下の項目があります。
・斎場を使用する前提で、葬儀までの故人の安置費用
・故人の安置に伴う付き添い費用
・火葬時の飲食、接待費用
・通夜式後の通夜振る舞いや葬儀後の精進落としなどの会食費用
・参列者への香典返しの費用
・故人に対する追加サービス費用
このように一般葬では、故人の安置から通夜式、通夜振る舞い、告別式、火葬、精進落としと、故人の供養のために儀式を執り行います。家族葬、1日葬、直葬では執り行う供養の儀式が違うため費用が変動します。
葬儀費用が変動する部分を種類別に簡単に説明します。
葬儀の見積もりってどういう仕組み? 
〇は必要費用、△は喪主や家族の判断で変わる部分になります。

葬儀の見積もりの仕組み

葬儀の見積もりの仕組みについてお話します。お手伝いする葬儀社や葬儀を執り行う葬儀会館、地域の風習等で変動する部分はありますが、一般的には次のような内容です。
(1) 基本葬儀料金
・会館使用料
・祭壇
・式進行管理及び司会
・諸手続き代行
・線香、蝋燭、記帳セット
・枕飾り
・受付設備
・焼香所設備 など
(2) 付帯費用
・棺、納棺セット
・遺影写真
・料理、飲み物
・礼状、返礼品
・ドライアイス
・供花、生花装飾
・湯灌
・フロアーサービス など
(3) その他費用
・火葬場使用料
・宗教者への謝礼
・配送車費用 など

地域風習等が違う場合でも一般的な内容は多きくは変わりません。
ひと昔前には葬儀費用に関しては事前に金額を知ることは不吉なことであると認識が多かったと思いますが、現在は事前に葬儀費用を知っておくことが残された家族のためにも大切なことです。
多くの葬儀社では事前見積もりサービスを無料で行っている場合が多いので、気軽に見積もり取得が可能です。
では、葬儀費用で一般葬の価格が100万円~200万円と大きな開きがあるのはなぜでしょうか。

まず、(1)基本葬儀費用は葬儀社で違いはあるものの大きく変動はありません。また、(3)についても宗派や地域で若干の違いはありますが、大きな変動にはなりません。大きく変わってくる部分は(2)付帯費用の部分になります。付帯費用の部分が故人の想いや、残されたご遺族の想いや参列者などで大きく違ってきます。わかる範囲で事前に調べて知らせておくと良いでしょう。

付帯費用(オプション)

事前見積もりをしっかりと済ませ、見積もり通りの葬儀を執り行う準備をしっかりしている方やご家族でも見積もり金額以上の追加費用が発生する場合があります。
それは付帯費用(オプション)になります。
付帯費用(オプション)とは何か?
(1) 祭壇のグレードアップ
① 祭壇そのものグレードアップする
② 祭壇に飾りつけする生花がグレードアップする

(2) 棺のグレードアップ
① 棺の種類が変更になる
② 棺の装飾が変更になる 

(3) 納棺衣装のグレードアップ
納棺衣装や納棺用布団にも種類があり、故人に着せないで置く仏衣のタイプや、直接袖を通して仏衣をまとうタイプなど様々あります。また納棺用布団にも種類が多くあります。

(4) 返礼品や会食費用
返礼品も参列者の香典に対して個別で準備することが習慣となっていますが、受付での対応人数が不足している現状もあり、香典を確認しないで一律で返礼品を渡す場合があります。また、会食費用に関しても料金で内容が変わったり会食に参加する人数が変更になったりする場合があります。

(5) その他葬儀社でのサービス
現在では様々な葬儀社が存在しており、各葬儀社でオリジナルのサービスを展開しています。例えば湯灌がサービスの葬儀社もあれば、葬儀基本料金に含まれている場合もあり、様々です。
近年では故人やご遺族の意向に沿ったオリジナルの葬儀も可能な葬儀社も存在しており、対応サービス料金が変わってきます。

ひとことで付帯費用と言っても葬儀を執り行う葬儀社、使用する葬儀会館、参列の予定される人数で大きく変わってきます。もっとも大きく価格が変動する部分が故人に対する気持ちや想いの部分ではないでしょうか。亡くなる前までは気持ちに余裕があり、事前に見積もりや準備も済ませておいて安心していても、大切な人が亡くなってしまうと気持ちや想いが大きく溢れてしまい、付帯費用部分が増えてきてしまいます。しっかりと予算を考えて冷静に故人を見送ることが大切です。

追加費用の発生する事例

葬儀の費用で追加費用が発生する事例を紹介します。基本的に葬儀社で案内している葬儀パックで執り行い、故人の供養が出来れば問題がないのですが、追加料金で問題になっている事が多々あります。追加費用に関しては見落としがある場合がありますのでしっかりと確認しましょう。また、予定通りに葬儀が執り行えるとは限りませんので、想定外の事態が起きる可能性もあることをしっかりと考えましょう。

(1) 安置日数が延びた
例えば、病院で亡くなりすぐに葬儀会館や自宅に搬送され遺体が安置されます。通常ですとすぐに葬儀の打合せを行い、日取りを決めて葬儀への準備を行います。葬儀社の葬儀パックでは基本的にドライアイスの量は1日~2日分であることが多く、安置日数も1日~2日くらいの見積もりとなっています。葬儀会館の使用日の都合や、風習、宗派による日にちの都合、宗教者の都合で安置日数が延びます。近年では火葬場の使用状況で日数が延びる場合もあります。
安置日数が延びることで会館使用での安置料金や宿泊料金、ドライアイスの料金や枕飾りに追加費用等が発生します。
葬儀社の葬儀会館での安置日数が延びる場合は料金が日数で変わる場合がありますので、万が一を考え、金額をしっかりと確認しておくと良いでしょう。

(2) 搬送距離や搬送時間が延びた
多くの葬儀社では搬送料金が葬儀パックに含まれていることが多いです。しかし、基本プランでは搬送距離や時間が指定されている場合があり、それを上回った場合は追加料金が発生します。遺体の場所から安置場所までの距離を考え追加料金を確認しておく必要があります。例えば、遠方の大きな病院で亡くなった場合の搬送の際にはどのような方法があるのか葬儀社に相談するのも良いでしょう。

(3) 参列者が想定よりも多かった
特に一般葬では、遺族の考えている想定内の人だけが参列するとは限りません。近年多くなっている家族葬を執り行っても故人の最後に会いたいと駆けつける人も多々います。参列してくださった方に手ぶらで帰っていただく訳にもいかないため、返礼品等でおもてなしをしなればなりません。

このように、葬儀では入念に見積もりや相談を繰り返したとしても、葬儀当日になってみないとわからない事象がたくさんあります。そのため葬儀社と、柔軟に対応してくれるようにプラン内容かどうか、経験からの対策・提案などを確認することが大切です。また、葬儀パックに最低限必要な内容が盛り込んであるのか、想定される追加費用がどのくらいなのか金額でしっかりと把握しておく必要があります。

まとめ

一言に葬儀、葬式といっても執り行い方は様々です。人の人生で一生に一度であり、一人として同じ人がいないように葬儀、葬式は同じ葬儀はありません。そのために葬儀の準備は事前にある程度はしておく必要があります。

① 葬儀はどのような形式が希望か・・・一般葬・家族葬・一日葬・直葬 その他
② 葬儀の際に参列者は何人程度か・・・親族、近親者、親しい人 など
③ 付帯費用は希望か・・・葬儀社のオプションで希望内容があるのか など
④ 会食内容の把握・・・おもてなしの会食内容であるのか など
⑤ 葬儀社の基本パックの確認・・・追加費用の発生する項目はあるか、基本パックで十分か など

葬儀に関しては前向きに考える人は少なく、どうしても避けてしまいがちですが、避けては通れないことであるのは事実です。ひと昔前の葬儀では一般葬が通例で故人の近親者が多く、葬儀のことやお金のことを深く考える必要もなく、近親者で管理ができました。しかし近年では故人の近親者が少なく、自宅での葬儀も家の造りの関係で難しくなり、葬儀会館で執り行うことが多くなっています。そのため葬儀にかかる持ち出しの費用負担は大きくなりました。
そういう現状を踏まえたうえで、お願いする葬儀社の葬儀内容を把握し、遺族の要望にあった葬儀内容、葬儀費用で気持ちよく故人を送り出すように早くから準備することが大切です。