ペットが死んだとき・・・犬猫以外の供養もできるの?

~小動物を含めたペットの埋葬方法と供養方法を徹底解説!~

大切な家族の一員として過ごしてきた、ペットの命が絶える事によるお別れの時。
悲しみに暮れると共に、丁寧に供養したいと考える方も多いでしょう。
しかしペット供養について、まずどこに連絡すれば良いのか、どのような形態の供養があるか、戸惑いますね。
また、定番であった犬猫以外の小さな動物を飼われている方も増え、その動物たちの供養方法の問い合わせも増えているようです。

今回は、犬猫、その他小動物を含むペットの供養方法についてご紹介します。参考にしてください。

ペットの死後のケア

ペットの死後、まずは遺体のケアをします。
以下の順に行います。小動物も共通です。

①体を横たえ、姿勢を整える
②体液漏れの処置をする
③遺体の周囲の温度を下げる
④体を綺麗にし、お供えをする
⑤犬の場合は、役所への連絡をする

詳しくご説明します。

①体を横たえ、姿勢を整える

ペットが死んだら、横たえた体の前足や後ろ足を関節に沿って、お腹側に丸めるような姿勢にしましょう。
死後2~3時間で死後硬直が始まりますので、その前に姿勢を整えます。

その際、体の下に防水シーツなどを敷いておくと良いでしょう。
死後、筋肉などが弛緩し、鼻の孔や排せつの穴などから体液が漏れることがあるためです。

また、すでに硬直している場合は、無理に動かすと遺体の損傷に繋がるのでそのままの形でも構いません。

②体液漏れの処置をする

体液漏れがある場合は、穴にガーゼを詰めるなどし、漏れを防ぎます。臭いの防止にもなります。
体液の滲出はしばらくたつと治まります。

③遺体保存のための温度調節

遺体の腐敗を防ぐため、ドライアイスや保冷材などを体の周囲に置きます。
この時、ドライアイスや保冷材は遺体に直接当たらないように気を付けます。

ドライアイスが直接触れると皮膚が凍ってしまいますし、保冷剤の水滴が遺体につくと水分を含んだことで、腐敗の原因になりかねません。
また室温にも気を付け、なるべく温度は下げておきます。

これらを行ったうえで、遺体の腐敗を防いで安置できる最大日数は、夏は2~3日、冬は3~5日までが目安です。
しかしなるべく早く、荼毘に付しましょう。

④体を綺麗にし、お供えをする

棺桶などに体を移動させ、普段していたように毛にブラシを通す、体を拭くなどし、綺麗な姿にしましょう。
その後、お花や好物のお供えや、線香を焚くなどすると良いでしょう。

⑤犬の場合は、役所への連絡をする

犬の場合、死後30日以内に、役所への死亡連絡が必要です。
現在は、インターネットでの申請が可能な自治体も多いので、調べてみると良いでしょう。

日本では「狂犬病予防法」に則り、飼われている犬すべてを登録し管理されており、これを解除する必要があります。
犬以外では、ワニなど危険生物と呼ばれる種類のペットにも死亡届が必要です。

ペットの葬送方法

ペットの葬送方法には大まかに以下の3つがあります。

①土葬
②自治体清掃局による処理
③自治体による火葬
④民間業者による火葬

順にご紹介します。

①土葬

土葬は、その名の通り、土を掘り遺体をそのまま埋葬する方法です。
メリットは、お金がかからないことや、自宅の庭など身近な場所でペットを弔えることです。

自宅がマンションの場合や、ハムスターなどの小動物を土葬する時は、プランター内の土に埋葬する、プランター葬という方法もあります。
しかし土葬にはデメリットも多く存在し、最近では減少傾向にあります。

まず、土葬する場所は自宅の庭など飼い主の所有地、もしくは土地の所有者に許可を取った場合に限られます。
土葬については法律で義務付けられており、公園などに許可なく遺体を埋めた場合、軽犯罪法違反となり処罰の対象となります。

また飼い主の所有地に埋めたとしても、腐敗する臭いや、それにつられて寄ってきた害獣に遺体を掘り起こされるなどの恐れがあります。
ご近所トラブルに発展する場合も多く、注意が必要です。

加えて、動物の遺体が全く土に還るまでに、ハムスターのような小動物でも1 年以上かかります。
腐敗が進む中で、人間に有害な病原体が発生する、虫が湧くなどの事例もあり、危険が伴うのも事実です。

出来れば一旦火葬にすることをお勧めします。
土葬にする場合は、安全を考慮すると埋葬する動物の大きさの10倍ほどの深さを掘る必要があります。また遺体の腐敗が進むにつれ土が凹むので、土を山型に盛ります。

②自治体清掃局による処理

自治体にある清掃局に連絡し、遺体を処理します。
ペットの遺体は、人と違い「一般廃棄物」と定義されています。

そのためいわゆる「ゴミ」として焼却処分をされます。
費用は無料、もしくは安価ですが、心理的に供養とは呼び難いと思われる方も多いです。

③自治体による火葬

近年では、自治体にもペット火葬を請け負うところが増えています。
民間企業より安価に、ペット用火葬場で弔いを行えます。

注意点は、遺骨の返還が無い場合が大半なことです。
神奈川県横浜市、大阪府箕面市、宮城県仙台市などでは希望に沿って返骨サービスがありますが、まだこれら一部の自治体のみです。

大体の自治体では、火葬後の遺骨は合祀型のペット墓への埋葬や埋め立て地に処理などされます。
また、1頭1匹ずつ個別火葬をするサービスも少なく、複数の動物と一緒に火葬するのが定番です。

お住いの自治体のペット火葬の希望がある際は、事前に特徴を調べておくのがおすすめです。

④民間業者による火葬

近年では、ペット供養を運営する業者も増加しています。
民間業者による火葬には大きく分けて以下の種類があります。

・合同火葬(複数の動物と一緒に火葬)
・個別火葬(1頭1匹単体で火葬)
・立ち合い火葬(飼い主や関係者が立ち会える火葬)

基本的にいずれも返骨があり、その後の供養方法についても選択できます。
火葬のプランやオプション内容、動物の大きさにより金額に違いがあり、相場は数千円~10万円ほどと幅広いです。

また、ペットならではの方法として、ご自宅への訪問火葬サービスがあります。
焼却炉付きの車がご自宅まで伺い、近隣で遺体を火葬します。

ご近所の目が気になられる方には、不都合の無い場所まで移動して火葬を行います。
価格相場は2万円~5万円ほどです。交通費が別途かかる場合があります。

ペットの供養方法

ペットの供養方法は以下の種類があります。

①ペット霊園への納骨
②自宅供養

順にご紹介します。

①ペット霊園への納骨

最近ではペット専門の霊園も多数存在します。
人間同様、お墓に納骨され法要などで供養されます。

墓の清掃などは基本的に霊園のスタッフが行ってくれるので安心感があります。
墓の種類には「合祀型」「個別型」があります。

合祀型は、人間でいう永代供養墓に似ており、複数の動物が一緒に納骨され、供養されます。
個別型は、1つの墓に1匹、もしくは同じ飼い主に飼育されていた複数の動物などの遺骨を納骨できます。

霊園によっては、墓石の形や彫刻をデザインできる場所もあります。
価格はプラン内容によって差があり、2万円~十数万円となっています。

②自宅供養

自宅供養は、その名の通りペットの遺骨を自宅で供養する方法です
自宅供養は「屋外供養」「屋内供養」があります。

屋外供養は、自宅の庭など、飼い主が所有する土地内に遺骨を埋葬します。
この際も、公園など所有地でない場所に埋めるのは処罰の対象になるので注意しましょう。

屋内供養は、自宅内で遺骨を骨壺などに保管し供養します。
近年ではペット専用の骨壺やミニ仏壇が数千円~と、安価な値段でネット販売されています。

可愛らしいデザインや、一見仏具と分からないほどスタイリッシュなものまでいろいろな種類が取り揃えられており、気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

また、遺骨ペンダントなど、アクセサリーにする方もいます。
遺骨ペンダントは、ペンダントトップに粉砕した少量の遺骨を入れられるようになっているものです。

外見では遺骨が入っていると分からないデザインのものが大半で、一緒に過ごしたペットをいつも身近に感じられることで人気が高まっています。
遺骨を分骨し、一部をアクセサリー、残った遺骨をペット霊園で供養する方法もあります。

犬猫以外の動物も供養できる?

最近では飼われる動物も多様化、また小型化しています。
小鳥、ハムスターなど極小の動物から、フェレットやウサギ、また亀やトカゲなどの爬虫類、昆虫まで多岐に渡ります。

それらも一緒に暮らしてきた家族の一員として丁寧に弔いたいものです。
定番の犬猫だけでなく、その他小型動物にも、供養するサービスがあります。

犬猫以外のペットの供養方法

極小の動物を手厚く供養する場合、民間業者にお願いする必要があります。
自治体の焼却場では、小鳥やハムスターなどは「一般廃棄物」として処理される場合が多いです。

また、ペット火葬として受け付けられても、火葬すると小さすぎて遺骨は残らず、返骨は犬猫よりも望めません。
その点、民営のペット火葬では、骨が残るよう火葬温度などを調節するなどのサービスがあります。
極小動物の火葬サービス価格は、犬猫より安価です。

また、フェレットやウサギなどは、猫や小型犬と同様に供養してくれます。
価格も犬猫と同様です。

骨壺なども、ハムスター用、小鳥用、ウサギ用などがネット通販などで販売されています。
外見も可愛らしく、名前を入れるサービスなどもあります。

また、昆虫葬を実施しているペット霊園もあります。
霊園に予約の上、死んだ昆虫を持参して、昆虫専用の墓にて弔います。
僧侶の読経などもあり、本格的な供養です。

遠方の方などには昆虫葬の郵送サービスがあります。
収納袋やクッション材、乾燥材などがセットになった郵送キットを購入し、それに死んだ昆虫を入れてペット霊園に送ります。

価格は3,500円~5千円ほどです。
夏休みなどに一生懸命飼っていた子供の情操教育に取り入れる方も多いようです。

共に過ごしてきたペットを納得のいく方法で供養しましょう

ペットの供養方法は、土葬と火葬があります。
土葬は費用が掛かりませんがトラブルが起こりやすく、一度火葬をすることをお勧めします。

火葬は自治体が行うものと、民間企業が行うものがあり、それぞれメリットデメリットを踏まえて決めましょう。
また、納骨に関しても、霊園での供養や自宅供養など様々な方法があります。

近年では、犬や猫以外の動物の供養も扱われています。
大切なペットへの想いに、大きさや種類は関係ありません。

共に過ごした家族として、納得のいく供養を行えるといいですね。