実家の墓に入れると思っていたら断られた

~お墓に誰を入れるかはそのお墓を継いだ人の考え一つ~

次男や娘の立場にある人は、自分はどこのお墓に入るのだろうかと考えたことはあるのではないでしょうか。また、結婚する予定がない場合などでは、家のお墓に入れるのかは気になるところです。実家のお墓には誰が入れるのか、それを決めるのは誰か、家のお墓に入れなかった場合はどうするのかなどについて説明します。

お墓は誰が承継するのか?

(1) お墓の承継者

お墓に関する承継に関しては、民法第897条の「祭祀供用物の承継」で次のように規定されています。
(祭祀に関する権利の承継)
「第897条系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。」

このように被相続人の指定があれば、その指定された人が承継することになります。条文では、お墓だけでなく仏壇や位牌なども、同じ人が承継することになります。

①承継者は誰でなくてはならないという決まりはない。
法律ではお墓の承継者に特別な決まりはありません。
亡くなった人が、お墓を承継する人を指定していた場合、指定された人が承継者となります。
承継者に家族や親族以外の人を指定することもできます。
この指定は、遺言書のようにきちんとした書面でなくてもよく、口頭でも構わないとされています。

ただし、お墓を代々承継していくことを考えれば、子どもがいる夫婦世帯が望ましいと言えます。そのため、長男が独身の場合には、次男夫婦が菩提寺の檀家になることもあります。
また、女性が承継者になってお墓を守ることも可能で、親族間でトラブルにならない限りは、誰が承継人、檀家となってお墓を守っても問題ありません。

(2) お墓の承継者を決める手順

①亡くなった人の指定により決める。
生前に亡くなった人が承継者に指定します(口頭でも構いません)。遺言で指定する方法もあります。

②指定がない場合は慣習に従って決める。
家族、親族の意見や地域の慣習で決めます。長男や配偶者が承継するのが一般的です。次男が家を継ぐといった場合などは、家族や親族の話し合いによって、長男や配偶者以外でも承継者になることができます。娘でも承継できます。具体的には次のようなケースが考えられます。

a. 長男以外の子ども、改姓した子ども
長男が遠方にいるなどの場合には、実家近くに住む次男などが継ぐことケースはよくあります。結婚して改姓した子どもが継ぐケースもあります。

b. 兄弟、姉妹、甥、姪など
子ども以外の親族で引き受けてくれる場合です。ただし、相手に負担をかけることになるので、相応の御礼は必要でしょう。

c. 血縁者以外の人
祭祀財産は、血縁関係がなくても承継できます。ただし、のちのちのトラブルにそなえて、あらかじめ相手と自分の周囲の了解を得ておき、さらに、遺言などの書面に残しておきます。
ただし、墓地によっては、承継者は原則として使用者の親族であることを条件に指定している場合もあります。

③慣習でも決まらなかったら、家庭裁判所の調停、審判で決定する。
慣習や話し合いで、承継者が決まらない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てて決めることになります。調停でも話し合いがつかない場合には審判に移行します。

実家の墓に入れるのかどうか

(1) 家制度の慣習

旧来の家制度では、長男以外の次男・三男などは、その家の先祖代々のお墓に入ることはできないとされていました。例外的には、長男に後継ぎがいない場合で、次男や三男が家のお墓に入ることもありましたが、それ以外には、長男以外の兄弟は分家して新しいお墓を建てる必要がありました。
家のお墓を引き継ぐ長男は、お墓に関して費用はあまりかからず、長男以外の兄弟はお墓を建てるために大きな額のお金を出費することになり不公平さを感じることがあります。

(2) 長男以外の兄弟は実家のお墓にはいれるのか?

長男がお墓の承継者に選ばれることが多いのに対し、長男以外の兄弟が、先祖代々のお墓に入ることはできるのでしょうか。

①未婚の次男・三男

墓地のルールによっては、お墓の承継者である祭祀主宰者の家族のみしかお墓に入れない可能性もあります。ただし未婚の場合、お墓の承継者の同意があれば実家のお墓に入れる場合が多いでしょう。

②跡継ぎのいない次男・三男

次男や三男が独立していれば、分家初代という考え方になります。つまり、次男や三男は本来自分で新しいお墓を建てることになります。結婚している場合は妻もいるためなおさらです。ただし、跡継ぎのいない次男・三男で、自分のお墓の承継者がいないため家のお墓に入りたいという希望がある場合では、お墓の承継者の同意が得られれば、既婚の跡継ぎのいない次男・三男でも先祖代々のお墓に入ることができます。

③跡継ぎのいない次男・三男の妻

夫である次男・三男がお墓に入ることになれば、もちろんその妻も一緒に入ることが一般的と言えるでしょう。妻がそれを希望し、お墓の承継者が承認した場合は入ることが可能です。

(3) 一つのお墓にはいったい何人まで入れるのか?

一つのお墓に入ることができる人数に規定はありません。一般的にはお墓のスペースによるものと言えます。お墓にもよりますが、骨壺ごと納骨される場合が多いため、その骨壺がいくつ入るかによります。

(4) 夫と同じお墓に入りたくない場合

最近、よくあるのが長年連れ添った夫でも同じお墓には入りたくない、義理の家族と一緒のお墓に入りたくないなど、夫や夫の家族と一緒のお墓に入りたくない妻の主張をよく耳にします。もちろん、妻が必ず夫と同じお墓に入らなければいけないという決まりもないのです。
風習や習慣として、夫が入るお墓に妻も一緒に入ることが一般的ではあります。
自分がどのお墓に入るのか、どのように祀ってほしいのかを生前から家族で決めて話し合っておく必要もあるでしょう。

(5) お墓に入るには実質的にお墓の承継者の合意が必要

お墓に誰が入れるかについては、墓地の承継者に権利があります。お墓の承継者とは、墓地の使用権を継いでいる人です。墓地の使用権利者が墓地にお墓を建ててこれを所有します。
一方、埋葬に関しては墓地管理者の承諾のもと行います。
自分でお墓を所有していたとしても、遺骨を埋葬するときは管理者の許可が必要です。

◆一般的な墓地の利用規約
特定の墓地で誰を埋葬できるかは、ほとんどの場合利用規約に定められています。埋葬の許可はこの利用規約に基づいて出されます。一般的に、墓に入れるのは「永代使用権者の家族」とされることが多いようです。
また、平成12年に発行された厚生労働省の「墓地使用に関する標準契約約款」では、「使用者の親族及び縁故者」と記載されています。
◆墓地の承継者の許可
実質的に、お墓に誰を入れるかはそのお墓を継いだ人の考え一つの状況があります。
ただし、明確に法律上裏付けあるとは言いきれません。

実家の墓に入れると思っていたら断られた場合は

基本的には、お墓の考え方を家のお墓から個人のお墓へと変えて対応します。
分家として新たにお墓を作る場合もあるでしょうし、独身であった場合などはお墓の承継者がいないことを前提に永代供養墓の利用が考えられます。永代供養墓では比較的価格の安い納骨堂や自然に還る樹木葬が伸びています。

お墓の承継義務

祭祀財産は何人かで分割してというわけにはいかず承継者は1人となります。
そして、承継することでお墓や遺骨についての決定を下す権利を持つ一方で、お墓を維持する管理料の支払いなど先祖を祀る義務も負います。次のような義務を引き継ぐことになります。

①墓地・墓石の管理、維持、墓地の管理料の支払いなど
②仏壇、位牌の管理
③先祖の法要を営む。
④寺院墓地の場合、檀家の務め

まとめ

(1) お墓の承継者

お墓の承継者は被相続人の指定か慣習のよって決められます。
被相続人の指定により誰でも承継者になれます。法的に決められている者はいません。
慣習でも決まらなかったら、家庭裁判所の調停、審判で決定します。

(2) 家制度の慣習の影響

長男がお墓を継ぐのが慣習上も継続しています。ただし、お墓を代々承継していくことを考えれば、子どもがいる夫婦世帯が望ましいと言えます。そのため、長男が独身の場合には、次男夫婦が菩提寺の檀家になることもあります。

(3) お墓に入るにはお墓の承継者の承諾が実質上必要

法的に定められたことではありませんが、慣習上お墓に入るにはお墓の承継者の了承が必要となっていると考えられます。

(4) 埋葬については墓地管理者の合意も原則的に必要

埋葬に関しては墓地管理者の承諾のもと行います。自分でお墓を所有していたとしても、遺骨を埋葬するときは管理者の許可が必要です。
特定の墓地で誰を埋葬できるかは、ほとんどの場合利用規約に定められています。埋葬の許可はこの利用規約に基づいて出されます。一般的に、墓に入れるのは「永代使用権者の家族」とされることが多いようです。

(5) 実家の墓に入れると思っていたら断られた場合の対策

基本的には、お墓の考え方を家のお墓から個人のお墓へと変えて対応します。新たに自分のお墓を設ける必要性があります。自分のお墓の承継者がいない場合は永代供養墓の利用が考えられます。

実家の墓に入れると思っていたら断られた~3つのポイント

(1) 次男、三男や娘が家のお墓に入る場合もある。

一般的に、次男や三男は分家の初代として新しいお墓を建てますが、以下のような場合は家のお墓に入ることがあります。
・未婚である場合
・結婚したが離婚している場合
・結婚しているが子供がいない場合
娘は実家の墓に入れるかですが、通常、女性は結婚していれば婚家のお墓に入ります。
以下のような場合ですと、実家のお墓に入ることがあります。
・未婚である場合
・結婚したが離婚して、苗字を戻している場合

(2) 家のお墓に入ろうと思ってもお墓の承継者から断られることがある。

上記のような人が家のお墓に入ろうとしてもお墓の承継者の了解が得られない場合があります。

(3) 家のお墓に入ろうとしてもお墓の承継者から断られた場合、慣習上自分のお墓は新たに設けなければならない。

実家の墓に入れると思っていたら断られ、結局お墓に誰を入れるかはそのお墓を継いだ人の考え一つというのは納得できないかもしれません。現状の家のお墓の慣習は従来の家のお墓のあり方を引き継いでいるからです。今後のお墓の形態は、むしろ家のお墓から自由になり個人としてのお墓のあり方になってくるのではないでしょうか。お墓の承継者自体がいなくなる時代だからです。家のお墓を継ぐこと自体が難しくなってくるのではないでしょうか。