アフターコロナ時代の終活って?

~エンディングノートや遺言書のニーズがますます高まる時代になるかもしれません~

新型コロナウィルスの中、葬儀の形も大きく変ってきています。コロナ対策での3蜜防止から、葬儀自体を行わない場合や葬儀の密葬化があり、葬儀会場での飲食などが問題になっています。またコロナ患者で亡くなった人は、火葬にさえも遺族が立ち会えないなど深刻な問題も発生しています。コロナ禍での葬儀などの終活変化と、ウィズコロナからさらにアフターコロナでは、葬儀を中心とした終活はどのように変化するのか考えてみます。

コロナ禍での終活の変化

アフターコロナ時代について考える前に、コロナ禍での終活はどのように変わったのかを考えてみたいと思います。その上でウィズコロナ、アフターコロナ時代になっても変わらないもの、さらに新しく見直すものなどについて想定してみることが必要です。

(1) コロナ禍での葬儀の変化
コロナ禍の終活で最も変化が著しいものに葬儀があります。いわゆる3蜜の代表的な形態だからです。葬儀の変化では次のような点があります。

①葬儀自体を行わない。―直葬化
葬儀はどうしても3密になるため、葬儀自体を行わず火葬のみを行う直葬という形態がとられた場合が多くあります。家族などによる火葬の立会いのみです。僧侶を招くのも感染リスクがあるため、僧侶の読経も行わない場合もあります。亡くなった方がコロナ患者の場合には、火葬に家族さえ立ち会えない場合があります。

②家族葬
家族、近親者のみで10名程度までの規模で行い3蜜化を防ぐものです。葬儀場も3蜜化では配慮し、少人数化、ソーシャルディスタンスなどの防御策を行うものです。僧侶の読経もマスクをして行う場合もあります。

③会食の中止
通夜、告別式での会食は、マスクを外して会話をするため、コロナ禍では会食を中止する場合もあります。

④1日葬化
通夜、告別式と通常の2日連続では感染リスクが増えるため、1日葬でまとめて行い少しでも感染リスクを減らし、かつ家族や親族の負担も減らす方法です。

なお、葬儀では結婚式と異なりオンライン中継などのニーズはあまりなく、一般的には行われていません。参列者が、遠方で来られない親族や高齢で感染リスクがある親族などに、スマホ動画で送る程度はあるかとは思います。来られない参列予定者については、多くは後日写真を送る程度になっています。

(2) コロナ禍での看護、介護の変化
コロナ禍では、病院入院と、高齢者介護施設入所において、家族などが面会できない事態があります。どのような病気でも病院では感染リスクを防ぐために入院患者の面会禁止が行われています。高齢者介護施設でも同様です。いずれも病院内感染、施設内感染の事例が発生しクラスターの危険性があるためです。また、患者も高齢者も重症化、死亡リスクが高い危険性が顕著です。

コロナ患者の場合は、最後の看取りさえできない、行えてもガラス窓越しやスマホで行うだけなど悲劇例も話題になってきました。

アフターコロナ時代の終活とは?

上記のようなコロナ禍での終活の変化を通して、今後どのように変化していくかですが、コロナ自体は無くならないとも想定されます。その場合は、ウィズコロナというコロナへの一定の警戒心、防御策を持続的に行っていく必要があります。アフターコロナが本格的に訪れるのは、完全な効果を持つワクチンか治療薬の完成が条件となります。本格的なアフターコロナは現時点では見通せないため、不完全でも一定の終息が来た時点でのアフターコロナ、もしくはウィズコロナの視点で今後を見てみましょう。

(1) コロナ突然死の教訓―元気なうちに遺言書を書いておく。

①遺言書の重要性
タレントの志村けんさんが亡くなった時を考えると、本人はまったく死を予想もせずに生きてきて、突然コロナに罹り入院しそして重症化し、その後亡くなりました。遺族になったお兄さんは病院の面会もできず看取りの会話もできず、そして、亡くなった後の葬儀も行えず火葬の立会いさえもできず、ただ火葬後の遺骨が届けられただけでした。

高齢者、基礎疾患のある人の場合は重症化しやすく、重症化までの時間が短く、入院したらそのまま面会謝絶になる可能性は今後もあります。家族に何も伝えることができずに死んでしまうことさえあるのです。人間はいつ死ぬかわからないという事実はいつの時代にも、どのような状況でもありえます。コロナはその原点に再び気づかせてくれた要因です。

ここから学ぶことは、元気なうちに遺言書を書いておく重要性です。遺言書で書いておかなければならないことでは次のような点があります。

②遺言書で書いておくべき内容
第1のポイントは、自らの財産に関する情報の整理が必要です。あとに残された人が相続の手続きに困らないようするためです。

第2のポイントは、終末期医療についてです。延命治療についてどこまでやるのかなどです。今までは無理な延命治療は行わないなどの遺言が多くありましたが、コロナでは必ずしもそうではなくなりました。人工呼吸器での対応はして欲しい、もし必要性があり可能であればエクモも行ってほしいなどの希望があれば書き残しておく必要があるでしょう。

第3のポイントは、葬儀です。特にコロナ禍では変化の激しい葬儀のあり方です。家族に囲まれて小規模な家族葬で行ってほしい、葬儀は行う必要がない、葬儀は無宗教でやって欲しい、戒名は必要ないなどです。これらは、本人の生前の意思が明確でないと遺族は行いづらく、どうしても一般的な慣習やしきたりに従わざるをえなくなります。

③遺言書の形態と相続法改正による変化
遺言書の形態では自筆証書遺言書や公正証書遺言書などの形態がありますが、近年の相続法改正で、自筆証書遺言書で変化がありました。第1は、自筆証書遺言書における財産目録部分のパソコン可が認められたことです。その他の本文は本人の手書き自筆で書かなければなりません。第2は、自筆証書遺言書の法務局での保管制度です。これにより遺言書の紛失や関係者による改ざん、廃棄の危険性は減少した部分はあります。ただし、関係者が遺言書の存在自体を知るための方法などには課題が残っています。

(2) 葬儀の変化

アフターコロナ時代になれば単なる3蜜対策面では元に戻る可能性はあります。ただし、葬儀の変化はコロナ以外にすでに大きな変化が現れており、コロナが原因になってこれらの現象が生まれたのではなく、コロナはこれらの現象を加速させたものと考えられます。アフターコロナになってもこれらの現象は変わらないと想定されます。

①葬儀の小規模化―家族葬中心
高齢社会が本格的に訪れて、平均寿命が男性81歳女性87歳へと延びてきました。その年代で亡くなれば人との付き合いも減り、知人もすでに亡くなっている場合が多く、生きていても葬儀に参列するのが難しくなります。そのため、一般的に参列者は家族、親族、その他の近親者に限られます。小規模な葬儀で十分なのです。

②葬儀のその他の簡素化
小規模化以外でも葬儀の簡素化の流れはあります。

a. 見栄などに気を遣わず低価格で行う。
価格自体が不透明な感のある葬儀ですが、豪華で見栄を張る人は少なくなり低価格で行いたい傾向が顕著です。

b. 花輪の数などにこだわらない。
葬儀を立派に見せたいなどの遺族の見栄から、花輪の数などで競う傾向もあり、故人自体の知人ではなく遺族の息子の会社などの花輪を並べることがありましたが、故人の知らない、関係ない花輪などにはこだわらず、あくまでも故人を偲ぶ原点に立ち返る方向が定着するでしょう。

c. 1日葬の増加
通夜・告別式と2日連続で行う仏式葬儀の形態は、寺院側の考えにより簡単には変わらないでしょうが、ユーザー側の視点では葬儀の短縮化の1日葬のニーズがあります。費用面では大きなコストダウンにはならないのですが、手間は減り遺族の疲労も減少します。初七日の法要を7日後に行うことは現代では無理であることから省略され、告別式と同日に行うのが通常になっている現在、1日葬の拡大もありえるでしょう。

d. 直葬の増加
直葬は、家族親族の人間関係の希薄化、生涯独身者の増加、高齢者単独世帯の増加、葬儀にお金を掛けたくない傾向などから、今後も都市部を中心にして増えていくでしょう。

(3) 看護、介護でのヒューマンサポートの重要性の再認識

高齢者を中心にした看護、介護ではヒューマンサポートの重要性の再認識があります。特に高齢者の介護施設では面会謝絶により入所高齢者が家族と面会できなくなり、寂しさも増し認知症が進んでしまう恐れがあるからです。オンライン化ではどうしても限界があります。

アフターコロナ時代の終活って?-まとめ

(1) コロナ禍での葬儀の変化
コロナ禍の終活で最も変化が著しいものに葬儀があります。いわゆる3蜜の代表的な形態だからです。葬儀の変化では次のような点があります。
①葬儀自体を行わない。―直葬化
②家族葬 など

(2) コロナ禍での看護、介護の変化
コロナ禍では、病院入院と高齢者介護施設入所において、家族などが面会をできない事態があります。病院内感染、施設内感染の事例が発生しクラスターの危険性があるためです。

(3) アフターコロナ時代の終活―遺言書の重要性
コロナ突然死の教訓から、元気なうちに遺言書を書いておく重要性があります。

(4) アフターコロナ時代の終活―葬儀の簡素化
アフターコロナ時代になれば単なる3蜜対策面では元に戻る可能性はあります。ただし、葬儀の変化はコロナ以外にすでに大きな変化が現れており、コロナが原因になってこれらの現象が生まれたのではなく、コロナはこれらの現象を加速させたものと考えられます。
①葬儀の小規模化―家族葬中心
②葬儀のその他の簡素化
小規模化以外でも低価格化、見栄の減少、短縮化など葬儀の簡素化の流れがあります。

(5) 看護、介護でのヒューマンサポートの重要性の再認識
高齢者を中心にした看護、介護ではヒューマンサポートの重要性の再認識があります。特に高齢者の介護施設では面会謝絶により入所高齢者の認知症が進んでしまう恐れがあるからです。

コロナ禍では、重症化しやすい高齢者では生活全体の自粛化が定着化した傾向です。そのため人と接する機会が減り認知症が進行する、高齢単身世帯では孤独化が進行する、運動不足により健康上のリスクが拡大する、など副次的弊害が拡大しています。また、看護、介護従業者はもともと人手不足なのに、感染リスクを恐れる場合や、悪意のある感染差別があり、人手不足はさらに拡大し今後の医療・介護に不安をもたらしています。行政の支援政策も不十分で、多くの課題が残されています。それらを一つひとつ解決することが、アフターコロナ時代の終活に向けて、いま求められています。