備忘録としても使える便利なエンディングノート

~備忘録として記入しておけば最後にそれがエンディングノートに変身!~

いつか訪れる人生の締めくくりを視野に入れ、早くから終活をスタートする方が増えてきました。
身近な終活では、断捨離などもその一つです。
そして最近では、もう一つの大きな柱としてエンディングノートを思い浮かべる方も多いと思います。
エンディングノートとは、本人の意思を伝える日記のようなものです。
そこには、あらかじめ多くの項目が用意されており、好きなところから自由に書き込むことができます。
エンディングノートが役に立つのは、亡くなった後だけではありません。
生前、作った本人が重篤な状態で意識を失う、または死期が迫るなどの理由で他人と意思疎通ができなくなった時に、自身の考えを伝える手段となります。
さらに、もう一つの役割。それは、元気な時からから備忘録として、利用ができることです。
連絡先の一覧、金融機関情報などに加えて、現代社会で必要な多くのパスワードも、まとめて記録をしていくと、あなただけのエンディングノートが完成します。
今回は、備忘録としてのエンディングノートのすすめ、また、いくつかの項目を参考にしながら注意点をご紹介していきます。

元気なうちに書く

エンディングノートは、備忘録のようなものです。
何を書けばいいのか、と考える必要はなく、あらかじめ用意された項目を、書きやすいものから、自由に埋めていけばいいのです。
久しぶりに宿題が出来たようで、つい熱中して、根を詰めてしまうかもしれません。
是非、気力も体力もあるうちに、エンディングノート作りを始めることをおすすめします。
興味をもっていただけたなら、今があなたの始め時です。

パソコン入力のすすめ

パソコンで入力出来れば、仕上がりもよく、見る側にとっても読みやすいでしょう。
一度、記入して大体の形ができていれば、2~3年ごとに見返し、必要に応じて修正を加えるだけでよくなりますので、管理は簡単です。

何から始めればいいのでしょう?

何から始めればいいかわからない場合は、実際に中身を見てみましょう。
まずは参考までに、終活ライフのエンディングノートをご覧ください。
下記のように、大きく項目が分かれています。
• 基本情報
• 家族・親族の連絡先
• 友人・知人の連絡先
• 葬儀
• お墓
• 処分・継承
• 相続・遺言
• 医療・介護
• 資産
• 保険
• ペット
基本情報や連絡先は、飛ばして、【葬儀】の項目を開いてみましょう。
◆葬儀が必要か、不要かの選択 ➡ 葬儀の形式を選択(家族葬、密葬、一般的なもの、お別れ会、家族に任せる、その他)

例えば、葬儀は派手にしたくない、という気持ちを、生前に子供へ話していたとします。
「派手」のレベルは人それぞれです。お金をかけすぎない普通の葬儀なのか、それとも家族葬を望んでいるのか。子供から親に問いかけることは、なかなか出来ないものです。
エンディングノートで選択をしておくと、かなり絞られた形で伝わります。
さらに、項目が続きます。
用意している葬儀費用、喪主、使ってほしい遺影、➡あるならば写真の保管場所
遺影は、いつまでも残る最後の一枚です。
元気なうちに、お気に入りのほほえみを選んで、準備しておきたいですね。

このように、各項目を開いて見ていくと、“気にはなるが自分の意思が及ばない事”が、多いことに気づきます。中には自分では思いつかないような項目もあり、そして自分以外では決めにくいものもあります。
エンディングノートを作ることで、それらの項目に対するあなた自身の考えを、残された方々に伝えることができます。

備忘録としてのエンディングノートの役割

エンディングノートの重要な役割の一つは、パスワードや連絡先の備忘録です。
先にエンディングノートの項目をご覧いただきましたが、実際に記入し始める時は、備忘録としての各種情報の項目から、始めることをおすすめします。
ご家族が把握できていない情報や、ご自身でもすぐに答えられない情報をひとまとめに管理しておくと、これからの実生活でも、おおいに役立ちます。
65歳以上の、6人に1人が一人暮らしであることが、直近の国勢調査で公表されました。

65歳以上人口の6人に1人が一人暮らし

65歳以上人口のうち,「単独世帯」の人口は平成12年以降一貫して増加しており,27年には
592 万8千人となっている。また,65歳以上人口に占める「単独世帯」の割合も平成12年以降
一貫して増加し,27年には17.7%となっており,65歳以上人口の6人に1人が一人暮らしとなっている。       
総務省統計局HPより https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/pdf/waga12.pdf

親しい友人

いざとなった時、家族が通っていたカルチャースクールや所属団体の、友人の連絡先はすぐにわかるでしょうか。

親族の情報

夫婦であっても、お互いの叔父叔母や従妹の名前、連絡先など、意外に把握できていないものです。わかる範囲でいいので、家系図を書いておくと、力強い支えになるでしょう。

携帯電話、パソコン、スマートフォン、タブレット

ご年配の方でも、携帯電話、パソコン、スマートフォン、タブレットの、いずれかを利用されている方がほとんどです。それらのIT機器は、個人情報の観点から、全てがパスワードで管理されています。
ご自分が使用されている携帯電話の、マイページにログインできる情報を記録することを、おすすめします。また利用機器がスマートフォンだけなのか、タブレットもあるのか、などの情報も合わせて、書いておくといいでしょう。
このサイトの【処分・継承】項目には、スマートフォンなどの機器について、必要項目をリストアップしてあります。何が必要なのか、頭を抱えることなく、それらの項目を入力していただければ完成します。
※注意※ パスワードや、アカウントには、数字やアルファベット、大文字、小文字の判別が必要です。パソコンやスマートフォンで入力することにより、手書きの場合に読み手が起こしやすい文字列の判別ミスを、避けることができます。

銀行口座、証券口座

どの銀行に口座があるのか、また金融機関はそこだけなのか、他にもあるのか、などです。
一緒に住んでいて、何となくわかっているようでも、正しく把握しているとは限りません。
別居の場合、連絡をこまめにとっていても、それらの情報や連絡先の把握となると、困難でしょう。さらに、インターネット口座となると、完全にお手上げです。
昨今、問題になっているのは、銀行口座や証券口座の存在が、遺族にすぐわからない場合が増えていることです。
インターネットの普及に伴い、金融機関の口座管理を、インターネット上で行う方が増えてきました。スマートフォンで、自分の口座にログインすると、入金、出金、振り込みなど、ほぼすべての取引が行えるからです。WEB通帳に切り替えて、紙の通帳を持たない方も増えています。
また、一部のインターネットバンキングでは、キャッシュカードの発行もありません。
この場合、遺族はクレジットカードを見かけることもないため、口座の存在に気づくことができません。
(一万円以上残高がある口座は、10年の間、一度も取引がないと登録住所に通知がくるようになっています。もし転居などで通知が届かない場合は休眠預金となり、その預金は国が民間公益活動に利用します。)
金融機関名、支店名、口座名義などの情報は、記録しておきましょう。

SNSアカウント

長い間、利用していないと、悪用される可能性も出てきます。(Instagram、Twitter、Facebookなど)パスワードを破り、アカウントを乗っ取る被害が、現実にあります。
アカウントがつながっている方に、万が一ご迷惑がかかることを懸念して削除を希望する場合には、ID・パスワードも記録しておきましょう。

エンディングノート終末期医療の項目

ここまで、主に備忘録としての重要性を、述べさせていただきました。
次は、終末期医療に関して、ご紹介します。
これは、エンディングノートの性質が、従来の遺言や遺書と、大きく異なる点です。

遺言(主に財産や所有権についての法的な書類)も、遺書(ありがとうの気持ちや、お詫びなどを書き残すお手紙のようなもの)も、死後に公開され、有効となります。
しかし、エンディングノートは、生前に公開を必要とするケースがあります。
生前に必要とする場合の項目は、終末期医療に関する部分です。
本人が重篤な状態に陥り意識をなくしてしまった場合や、または余命宣告を受ける状態になった場合に、その対応について、あなたの希望を書いておくのです。
◆がんなどの場合に死期が近づいたとき、余命の告知を受けたいか
◆自分が余命の告知を受けたくない場合は、誰に知らせて欲しいか
◆重篤な状態で意識がなくなった場合は、誰に知らせて欲しいか
◆病状がよくなることが見込めないまま、人工呼吸器や心臓マッサージなどが必要とされる場合、それらの延命治療を受けるか

これらの項目を入力しておくことで、あなたの意思を伝えることができます。
もし、あなたが元気な時に、あなたの希望を誰かに話していたとしても、です。
その希望が、今も変わらず継続しているかどうかは、あなた以外には、わからないのです。
近しい親族の意見が一致しないことも、往々にしてあります。意見の相違で揉めることを、あなたは望まないでしょう。

その時の状況によるから決められない、と今のあなたが思うのであれば、”必要な時には、自分の代わりに判断を一任する方”を、指名しておくことも、できます。
判断をした方が後悔して苦しまないよう、”どのような結果になろうと変わらぬ感謝と信頼が伝わる言葉”も、忘れずに書き添えておきましょう。

ここまで、備忘録の項目を中心に、エンディングノートの重要性を、ご紹介してきました。
一つずつ、埋めていくことで、最終的にはあなただけの素晴らしいエンディングノートが出来上がります。
先日、 エンディングノートを書き終わると気持ちが軽くなった!というお声をお聞きしました。知人の独身女性で、60代の方です。自分の心の中にもやもやした不安があったことに気づき、人生に対しての義務を果たしたような、爽快感を感じたそうです。

まとめ

エンディングノートは、自分のためでもありますが、残された方々のためでもあります。
書き残したことが、残された方々の負担にならないような配慮も必要です。
そのため、何かの選択をする場合には、出来ればその理由も、一緒に書き残すことをおすすめします。二者択一ばかりでは無い状況の中、ご家族が判断に迷ったとき、あなたの理由がわかっていると、選択がしやすくなります。そして、あなたの言葉と、そのお心遣いで、気持ちが救われることでしょう。
人生の集大成でもある、エンディングノート。
そこには、あなたらしさを形にして残すヒントが、たくさん詰まっています。
素敵なエンディングノートを、ゆったりと、お作りください。