永代供養と聞いていたのに追加費用が発生!いったいどうして?

~永代供養でもずっと費用発生がしないとは限らない~

永代供養は、少子高齢化社会によって後継者がいない、遠方に住んでいるためお墓参りに中々行けない、などといった墓地を継続して管理できなくなる場合に行われることが多い寺院による仏式の供養の形態です。寺院が遺族の代わりに供養やお墓の管理をします。しかし、管理費などは最初払えばその後払わなくても良いと思っていたのに追加費用が発生する場合があります。追加費用はなぜ、どのような場合に生まれるのかを説明します。

永代供養とは

(1) 永代供養とは
永代供養とは、永代に渡って残された家族やその子孫に代わって、寺院が遺骨の管理と供養を行うものです。
ただし、「永代」は、「長い年月」を意味する言葉で「永遠」とは異なります。
永代と言っても遺骨の安置期限が決められている場合が近年では多くありますが、安置期間に明確な決まりはなく、寺院ごとに3回忌、17回忌、33回忌、50回忌など様々です。

(2) 永代供養の利用者が増えている訳
永代供養が選ばれている理由として考えられるのは、お墓を継ぐ家族や子孫がいなくても任せられる点です。また、遠方に住んでいる場合など、親族に管理の負担をさせたくない方も多くいます。お寺に遺骨を任せられる安心感が、永代供養の需要を高めています。

(3) 安置期限が過ぎた遺骨はどうなるのか?
納骨堂など遺骨を個別に安置するタイプの永代供養墓はお寺の続く限り永遠に個別に遺骨が安置されるわけではありません。三十三回忌などの弔い上げをもって、合葬墓・合祀墓に合祀されます。したがって、永代供養を遺骨の流れで見ると、最初から合葬墓の形態と個別安置から期限後合葬墓へ移動の形態という2種類があることがわかります。

個別安置から期限後合葬墓へ移動の形態では、寺院ごとの決められた安置期限を過ぎると、遺骨は他の方の遺骨と一緒に共同のスペースで合葬され、引き続き供養が行われます。遺骨は土に埋葬したり、共同納骨スペースに遺骨の一部を骨壺に納めて残したりするなど、寺院ごとに様々な埋葬方法があります。

(4) 永代供養墓と一般のお墓との違い
永代供養のお墓の名称は永代供養墓といいます。永代供養墓では、一般のお墓と違って他家のご遺骨も一緒に安置されます。そのため永代供養墓は、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(がっそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などと呼ばれることもあります。また、それぞれの霊園や寺院によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓などの名前がつけられていることもあります。

永代供養墓と一般のお墓(先祖代々の墓)との大きな違いは、子や孫がお墓を継ぎお墓参りしなくても、霊園や寺院が代行して管理・供養してくれることです。

①永代供養墓の費用の安さ
一般的に永代供養墓は墓石の費用がかからないことも大きな特徴です。そのため、一般のお墓とくらべると費用は格段に安くなっています。

②初期の管理費用以外にその後の費用はかからない。
基本的に永代供養墓は、契約時に費用を支払えばその後の費用がかからないのが基本です。
ただし、追加費用や生前申し込みの場合は生前管理費がかかる場合もあります。

③宗旨宗派不問
宗旨宗派を問わず供養をしてもらえるのが基本ですが、宗旨では仏教のみ、宗派では伝統仏教に限るなどの制限を設けている場合もあります。また、永代供養の寺院の宗派の檀家になることが必要な場合もあります。

(5) 永代供養費の内訳
永代供養を希望する場合に最低限必要になる永代供養費の内訳は、各永代供養墓によって名称が異なる場合もありますが、永代供養料、お布施、刻字料の3つです。
一つひとつ単独で請求される場合もあれば、セット料金としてまとめて支払う場合もあります。

①永代供養料
永代供養料はお墓を維持、管理し、故人を供養するための費用です。多くの場合永代供養料のなかに、墓所使用料も含まれています。
永代供養墓は大きく分けて「単独墓」「集合墓」「合祀墓」の3種類があり、どのタイプを選択するかで永代供養料も変わります。一般的に単独墓、集合墓、合祀墓の順に費用が安くなります。

②永代供養のお布施
永代供養の場合にもお布施は必要です。お墓に遺骨を納骨する際に行われる納骨法要で僧侶に渡します。だいたい3万~5万円が目安になりますが、開眼供養などの法要が必要な場合には納骨法要と合わせて10万円ほどが目安になります。寺院によっては納骨法要のお布施代が、永代供養料に含まれている場合もあります。

③永代供養墓の刻字料
刻字料は石碑や墓誌などに故人の名前を彫ってもらうための費用です。
永代供養料に含まれている場合も多いですが、別途追加料金になっている場合があります。刻字自体の料金は3万円ほどが相場です。刻字の際に戒名をつけてもらうこともありますが、その場合はさらに別にお布施が必要になります。

④永代供養墓に必要なその他の費用
その他の費用には墓石料、入檀料、年間費、会場使用料などが追加で必要になる場合もあります。

永代供養の費用と追加費用が発生する場合とは

(1) 永代供養の費用
永代供養にかかる費用は、基本的な料金が10万~50万円、中にはそれ以上と、預け先により様々です。基本料金が50万円未満のところが中心です。
内訳は墓所使用料が2割、維持・管理費が6割、法要料が2割程度とされています。通常のお墓に比べると比較的費用は抑えられます。

(2) 永代供養の追加費用
永代供養料に追加料金が発生する場合もありますが、考えられるケースとしては次のような場合があります。

①個別法要を行う場合
永代供養は、利用者から働きかけずとも寺院で供養を行ってくれます。お盆やお彼岸などの時期に合同の法要が行われることが多いです。永代供養には基本的に利用者の故人のための回忌法要は含まれていないので、個別で法要を希望する場合は別途で費用がかかります。

遺族が法要を希望するのであれば、その寺院に依頼をするか、会場を借りて外部の僧侶を呼んで行うなどの方法があります。その場合の法要料は、永代供養料には含まれていないので、お布施や会場の使用料を支払う必要があります。
僧侶に読経してもらった場合、お布施として一周忌法要3~5万円、三回忌以降法要1~5万円程度です。会場を借りた場合は、およそ1万円から数万円ほどの使用料が発生するでしょう。さらに、法要のあとに会食を行う費用も発生します。

②永代供養の刻字料
刻字料は、永代供養料の初回の一式料金として含まれることが多いですが、中には別途料金となっている場合もあります。
最初の墓石ではなく追加で作った墓誌に故人の「戒名」、「没年月日」、「生前の名前」、「享年」を記す時にも刻字料は必要となります。相場は3万円ほどとなっています。

③年会費など永代供養で継続的な費用があるもの
基本的には永代供養は一式料金だけのところが多いですが、中には継続的に支払わなければならない料金体系のところもあります。
一つが年間費用で、年会費や管理費などといった費用です。と言っても、永代供養後にこれらの費用が発生するケースはあまりなく、永代供養の生前契約で多く見られます。契約者や納骨予定者が存命中は年間数千円から2万円程度の会費を支払うものが多く、納骨後は必要ないケースが多いです。ただし、納骨後も他の人の遺骨と一緒にする合祀前には必要な場合もあるので確認が必要です。

また、中には檀家になることを条件に永代供養墓を提供している寺院もあります。これらの場合だと、入檀料や護持会費など、通常のお墓を持つのと同じような寺院費用が発生することもあります。

永代供養料の料金相場

(1) 合葬墓・合祀墓は3万円〜10万円
合葬墓・合祀墓と呼ばれるタイプは、遺骨を全て合同の墓所に埋葬する形式です。他の人の遺骨と混ざるため、遺骨を返してもらうことはできなくなりますが、永代供養プランの中でも経済的負担が最も軽く、非常に人気のある形式です。

最近ではゆうパックを使って遺骨を寺に配達して永代供養を行ういわゆる送骨サービスもあります。行っている寺院も基本的には合葬墓形式です。

(2) 菩提寺の永代供養料の相場
寺院の中でも宗旨宗派不問の誰でも納骨できる永代供養墓を運営していないところでは、檀家が希望すれば先祖代々のお墓から永代供養へ移してもらうことも可能です。しかし、この場合はお寺によって永代供養料が異なり相場が不明確です。

(3) 永代使用との違い
永代供養と似た言葉に「永代使用」というものがありますが、言葉は似ていても意味はまったく異なります。永代使用とはお墓の土地を永代にわたって使用する権利のことで、墓石を立てる際はその土地の使用料として永代使用料を支払います。
なお、通常のお墓の場合、一度永代使用料を払えば、あとは子々孫々までそのお墓を継承することができます。

永代供養と聞いていたのに追加費用が発生!いったいどうして?-まとめ

(1) 永代供養とは
永代供養とは、永代に渡って残された家族やその子孫に代わって、寺院が遺骨の管理と供養を行うものです。ただし、「永代」は、「長い年月」を意味する言葉で「永遠」ではありません。永代と言っても遺骨の安置期限が決められている場合が近年では多くありますが、寺院ごとに3回忌、17回忌、33回忌、50回忌など様々です。

(2) 永代供養の利用者が増えている訳
永代供養が選ばれている理由として考えられるのは、お墓を管理する家族や子孫がいなくても任せられる点です。

(3) 安置期限が過ぎた遺骨はどうなるのか?
三十三回忌などの弔い上げをもって、合葬墓・合祀墓に合祀されます。

(4) 永代供養費の内訳
永代供養を希望する場合に最低限必要になる永代供養費の内訳は、基本的には、永代供養料、お布施、刻字料の3つです。

(5) 永代供養の費用と追加費用が発生する場合

①個別法要を行う場合のお布施と会場費など
②永代供養の刻字料
③年会費など永代供養で継続的な費用があるもの
などがあります。

永代供養と聞いていたのに追加費用が発生!3つのポイント

(1) 永代供養では初期の費用でその後の費用は掛からないのが基本ですが、故人の個別の回忌法要を行う場合は追加費用が発生します。

(2) 追加費用としての永代供養の刻字料
墓誌などに刻字する費用ですが、永代供養料の初回の一式料金として含まれる場合もありますが、追加の別途料金となっている場合もあります。

(3) 追加費用としての年会費や管理費
追加費用としての年会費や管理費は、永代供養後にこれらの費用が発生するケースはあまりなく、永代供養の生前契約で多く見られます。ただし、遺骨を他の人の遺骨と一緒にする合祀形態ではなく遺骨を個別に管理する場合などは年間費用がかかる場合もあります。
また、中には檀家になることを条件に永代供養墓を提供している寺院もあり、入檀料や護持会費などが毎年かかります。

永代供養の意味があいまいで内容がはっきりしない場合があります。永代供養とは寺院により遺族に代わって永代に渡って合同法要をしてくれる意味です。お墓の遺骨の管理の形態は別なので追加費用がかかるかどうかは確認が必要です。他の人の遺骨と一緒に合祀されれば追加の費用は掛からないのが通常です。追加費用がかかる場合は、個別法要を行う場合などです。