母が残したエンディングノートで姉との関係が修復できた!

~エンディングノートが持つ不思議な力~

エンディングノートは遺言書と違い法的な効力を持っていません。しかし遺言書には書けない本人の気持ちを綴ることができます。
本人の気持ちや家族に伝えたいことを書くことで、残された家族にとって心のよりどころとなったり、誤解を解くことに繋がることにもなります。
たとえば、母親が残したエンディングノートを読んだおかげで、不仲な子どもたちが仲直りすることもあります。お金や資産、葬儀のこと以外にも、残った家族に伝えたいことを書くことが出来るエンディングノートのメリットは大きいものがあります。

ここで1つ「長い間不仲だった姉妹が母親の残したエンディングノートを見て仲直りしたエピソード」をご紹介します。

仲の悪い姉妹

 その姉妹は、6歳の年の差があり、妹が小さい頃は姉もかわいがっていました。妹が4歳の時に小児喘息と診断され、しょっちゅう病院にかかるようになってから、姉は、1人で留守番したり親戚に預けられたりして寂しい思いをしていたようです。その後、妹はスイミングやバレエ教室などに通わせたりしながら、成長とともに喘息の症状は良くなっていきました。
妹の喘息は良くなっていたのですが、それまで手をかけすぎて甘やかしてきたせいで、少し我がままになっていたようです。
姉の大学受験の時です。当時、妹に手がかかり、経済的な理由から、両親は国立大学への進学を望んでいました。姉は成績優秀でしたが、受験に失敗。隣県の看護学校に行くことになったのです。
その時、姉と両親との話し合いの中で、妹が、ちょっとした悪ふざけなのか「滑ったの?お姉ちゃんだめじゃん」と口走ったのがいけなかったのでしょう。姉は妹を思いっきりぶったのです。「あんたなんか大嫌い」と叫んでぶったので、妹は倒れ、肘を打撲。泣くじゃくる妹を尻目に、姉は部屋へ駈け込んでいきました。
それ以来、姉妹はあまり会話もせず、小学校の卒業式の日、姉は家を出ていったのです。
その後は、たまにお正月に顔を合わせても、今度は妹が部活や塾で忙しく、口を利くこともありませんでした。姉は、看護学校を卒業後、地元に帰ってきて、総合病院に就職し、妹は、東京の大学へと進学、留学もして総合商社に就職したのです。
今では、ほとんど顔を合わせることもなくなっている姉妹です。

母の書いたエンディングノート

母が危篤ということで、駆け付けた姉妹に、母の妹である叔母から一冊のノートを手渡されました。それがエンディングノートです。
エンディングノートは、きれいにこまごまと書かれていたようです。
延命治療をしたくないこと
葬儀社は、決めてあること。
親族の連絡先、友人への連絡方法、銀行の通帳や印鑑の置き場所、そして暗証番号。
また、町内会の担当の人の連絡先や、連絡方法など、多岐にわたっていましたが、すべてエンディングノートに書かれてあった連絡先に連絡を取ったことで、スムーズに連絡が付き、困ることは何もなかったのです。
また、エンディングノートを書きながら同時進行的に、自宅も片付けられていました。
大きなものは姉やその家族とともに捨てたそうです。
「こんなに捨てなくてもいいんじゃない?」と姉が聞くと「どうせいらないのよ、後であんた達に迷惑かけなくてすむようにね」と言っていたようです。洋服も食器棚の食器もとても少なくなっており、綺麗に片付けられていたのです。
そして、エンディングノートには、姉妹たちへの思いも書き綴られていました。

《母の残したエンディングノート》 妹へ

あなたが生まれた時は、お父さんもお母さんもとても嬉しくて大喜びでした。お姉ちゃんの後、男の子が生まれたんだけど、ほんの少しで亡くなってしまったの。お仏壇があるからわかっていたでしょう。その後も流産したりして、もう子供は埋めないんじゃないかって思っていたの。だけどあなたを授かった。だからとても大事に育てようと思ったの。
お姉ちゃんも喜んでいたのよ。妹が出来たのがとても嬉しかったみたい。学校から帰ってくるとすぐにあなたのことを見に行くの。よくおむつを替えてくれたりしてたわ。お父さんも残業せずに帰ってきてね。本当にみんなであなたのこと可愛がっていましたよ。
あなたが4才くらいの時に喘息が出たのよね。小児喘息で入院したり、夜中に具合が悪くなると救急病院に行って吸入したりしていたことを思い出します。お姉ちゃん一人で留守番させたりしてね。何とか喘息を早く治そうと、スイミングスクールに入れたら、すぐに具合が悪くなって、入院したので、やめたのよね。でもバレエ教室は、休みながらも続いたわね。中学生までやって高校受験があるからってやめたけど、バレエのおかげもあるんだと思うけれど、喘息もよくなったわね。
バレエの発表会やコンクール、お金はかかったけどね。お姉ちゃんに国立しか受けさせてあげられなかったわね。お姉ちゃんには悪いことしたと思います。一生懸命だったのよ。でも今思い返すと楽しい時間だったと思います。
 そして、ずっと気になっていたあの日のこと。
お姉ちゃんがあなたをぶった日。吹っ飛ぶほど強く叩いたわね。口の中も切れて。頬もしばらく腫れていたのを思い出しました。お姉ちゃんがあんなに怒るなんて本当にびっくりしました。よほど我慢し続けていたことが爆発したのかもしれないって、今なら思います。
あの時のことだけど、あなたは忘れてしまったんでしょうね。
お姉ちゃんの大学入試の2次試験の3日前くらいだったかな、あなたが階段で落ちそうになって、お姉ちゃんが抱き留めたことがあったでしょう。
あの時お姉ちゃんは、突き指をしてしまったの。湿布で腫れは引いたけど、2次試験の当日も痛みがあったみたいで、試験がうまくいかなかったらしいの。やっぱり、大学を落ちてしまって、よほど悔しかったんでしょうね。浪人するかという話も出たんだけど、あなたのバレエのコンクールもあって、東京にもいかなくちゃならなったし、出来たら国立大学に行ってほしかったの。だから、お姉ちゃんは看護学校に行ったのよ。あなたが小児喘息だったこともあって、医療関係の道に進みたい気持ちもあったのかもしれないわね。
それなのに、あなたは、「滑ったんだ~ダメじゃん」って笑って言ってね。瞬間的にお姉ちゃんはあなたをぶってたわね。よほど辛かったんだと思うのよ。あまりにひどくて叩いたものだから、あなたが倒れて、大声で泣いてしまって、どうしようもなかったと思います。次の日に謝ってたけど、あなた、知らん顔してたわね。お姉ちゃんは、悪いと思っていたのよ。だからこれからどんなに腹が立っても手を挙げないって、言ってたんですよ。
あなたの小学校の卒業式に家を出て行ったのは、運送屋さんの都合だったのよ。
それにね、お姉ちゃんはずっとあなたのこと気にかけていたのよ。留学するときも、留学費用をほとんど出してくれました。

母からの最期のお願いとして聞いてほしいです。
姉妹仲良くしてください。お姉ちゃんのこと、許してあげるんですよ。あなたは忘れてしまったかもしれないけれど、あなたもお姉ちゃんに、辛い思いをさせてきたんです。
二人だけの姉妹なんですから、仲良くしてほしい。それだけが気がかりなことです。
そして、この家はお姉ちゃんたちに住んでもらいたいと思っています。
それがあなたにとってもいいことになると思います。
これからは目先のことだけじゃなく、少し先を見据えて行動していってほしいと思います。
そして、人に優しく。
幸せに暮らしてね。
いつも祈っています。母より

当然、姉への言葉もありました。
姉に対しては、とにかく子供のころから寂しい思いをさせてばかりで悪かったというお詫びと、色々と長女として考えてくれていたこと、家族のために手を尽くしてくれたことへの感謝がつづられ、妹をわがままに育ててしまったけれど、許してほしいということが書かれていたのです。
そして最後に
「あなたには本当に幸せになって欲しいと心から思います。この家を譲ることは、もしかしたらまた負担をかけてしまう事になってしまうかもしれない。でも、どうか、夫と子供と一緒にこの家に住んでほしいのです。妹が帰ってこられる場所になってあげて欲しいのです。だからどうか体に気を付けてね。長生きしてね。その後は、あなたの夫にお任せするわね。あなたの苦しみも全部持っていけたらいいのにと思います。母より」
と括られていたのです。

姉妹の仲直り

姉妹はこの母の残したエンディングノートによって、仲直り出来ました。
二人で、泣きながら語り合ったのです。母の最期の望みを叶え、家は姉が住むことになり、いくばくかの預貯金は、リフォームと妹たちのためのお布団を買う費用に。
姉妹は、母の死という重く悲しい出来事でありながら、清々しい気持ちで、新しい日を迎えることが出来たようです。

エンディングノートのメリット

このようにエンディングノートによるメリットは、大きなものです。治療に対しての希望を書いておくことで、家族の意志も統一しやすくなりますし、親族や友人、町内への連絡もスムーズに行えるメリットもあります。
それだけでなく、仲の悪かった姉妹の関係を修復したように、家族の絆を取り戻すことも出来たりします。
もちろん、遺産相続などは、遺言書に明記しておいた方がいいでしょう。しかし、残された家族に対するご自分の思いや、伝えておきたいことを、素直に書き記しておけるツールとして活用してもらえたらと思います。
また、エンディングノートは法的な効力はなく、大切な人に大切な思いを伝えるツールなので、手軽に手に取れる場所に保管しても良いでしょう。
自由に書き込め手軽に自分を表現できるツールなので残された家族にとっては一番気持ちが伝わる表現方法ではないでしょうか。人の気持ちや思いは、本人以外わかりません。言葉で上手く伝えておいたとしても記憶が風化してしまい、いざとなった時や亡くなって時が過ぎた時には思い出すのも困難な状況になると思われます。
亡くなった後も家族を繋ぐ絆のツールとして、自分だけのエンディングノートを残しておくのは財産を残すより残された家族にしてみればうれしいモノではないでしょうか。

最後に

エンディングノートは亡くなった後に活用されることが大きいです。名前の通りです。
しかし、エンディングノートの作成方法は自由なため亡くなる前にも活用できます。
亡くなる前に介護施設等に入所される方が増えてきている一方で、認知症等で意思が伝えられなくなった時にも活用できます。
介護は家族に負担やストレスが大いにかかります。その時にエンディングノートを作成しておけば介護する家族の支えになるはずです。何かあった時の連絡先や、かかりつけの病院などを記入しておけば言葉で伝えることが少なくて済みます。
・遠方から介護で通わなければいけない。
・離れて暮らしていたため食生活がわからない。
・趣味が変わっていて喜ばせたいのにできない。
などのちょっとした負担やストレスも解消できるため、家族の絆を繋ぐツールとしても活用可能です。
残された家族のために思いを伝えるツール以外にも、言葉にできない思いを伝えるツールとしても活用できるのがエンディングノートなのです。