霊園に樹木葬のエリアが増える理由とは

~霊園樹木葬に興味がある方は必見!~

埋葬方法が多様化する中で、自然により近い場所で埋葬される樹木葬の人気が高まっています。樹木葬は、遺骨を山林の樹木の根元に埋めたり、墓地の石碑の代わりに樹木を植えたりする埋葬形式のひとつです。里山の土地に埋葬と植樹をする里山型、シンボルツリーを植え、根本周辺の土地を区画整理して個別埋葬や合同葬とする公園型、花壇の下に埋葬するガーデニング型などがあります。ここでは、霊園に樹木葬のエリアが増える理由と樹木葬の内容などについて紹介します。

樹木葬とは

(1) 樹木葬とは
樹木葬とは、自然葬の種類のひとつで、一般的なお墓で用いる墓石の代わりに、樹木を墓標として土中に遺骨を埋葬する埋葬方法です。

自然に還りたいという自然志向から、墓所以外の埋葬方法として「樹木葬、宇宙葬、海洋葬」なども生まれ、一般的な慣習にとらわれない自由なスタイルが支持され始め自然葬と呼ばれています。
樹木葬はシンボルが生きた木であるため、墓石とは違い、故人が生き続けている心情になることができることから、故人の生前からの希望としても遺族の希望としても人気が出てきています。ただし、自然への散骨には一定の制限があり、墓地、霊園の土地の中に限定し現状では認められています。

(2) 樹木葬のタイプ
一般的な樹木葬の霊園タイプは大きく分けると「里山型」、「公園型」、「ガーデニング型」などがあります。
樹木葬は比較的まだ新しい供養スタイルでそのため、墓地・霊園によっては樹木葬のことを植樹葬、庭園墓、花壇葬など独自の呼び方をし、商品化をしている傾向もあります。

①里山型
都市部から離れた山林墓地内に埋葬する最も自然と近い方法です。自然の里山を活かしたタイプで、周囲の自然環境と一体となれることから、最期は自然に還るという意味合いで人気です。一方で、墓標自体が判別しにくいため、墓参りでは個別のお墓にお参りするような形はとりにくい点があります。

②公園型
一本の木の下に多人数の合葬墓型で埋葬されるタイプと、霊園内に個別区画を設けて埋葬するタイプがあります。霊園が公園になっているガーデニングタイプもあり、「墓」というイメージが薄いこと、景観が良いことから支持されています。シンボルツリーがあればお参りしやすい点があります。

③ガーデニング型
霊園や墓地の一部を使って、さまざまな種類の花や植物に囲まれた花壇などの場所に埋葬する方法で花壇葬などとも呼ばれています。

(3) 樹木の種類は?
樹木葬でとくに人気があるのは桜の木です。花見などで日本人にとってなじみ深い桜の木は、樹木葬でも人気の高い木です。
樹木葬の中でも桜に特化したものを「桜葬」と呼びます。開花シーズンに合わせて法要を行う霊園もあり、毎年桜が咲く季節に故人を偲ぶことができます。
また、低木でヤマツツジのように花をつける木も人気があります。

さらに、ハーブやバラなど四季折々の植物に囲まれるガーデンタイプも存在します。季節ごとの草花が咲き誇るので、その景観の良さが魅力です。

霊園に樹木葬のエリアが増える理由

一般的なお墓と比べて、より自然に近い場所で眠ることができる樹木葬ですが、なぜ樹木葬のエリアが増えているのでしょうか?樹木葬のエリアが増えている理由、背景には次のような点があります。

(1) お墓を継ぐ人がいない時代に
核家族化や少子化に伴い、お墓を継ぐ人がいなくなってきています。生涯独身の人、子供がいない夫婦、子供はいても女の子だけの場合などではお墓を継ぐ人はいなくなります。また、家の墓石のある伝統的なお墓を継承するという考え方もなくなりつつあります。住まいが都市部に移り地方の実家のお墓をお参りできなくなったりもしています。このような背景から、お墓を継ぐ人がいなくても構わない形態の樹木葬に注目が集まっていると考えられます。
また、寺院墓地においてはお墓を継ぐ人、お墓のお参りをしない人に代わって永代供養を行います。永代供養とは遺族に代わって寺院で仏教による供養を永代に渡って行うものです。この永代供養が安心で樹木葬などを選択する人が増えています。

(2) 最後は緑や自然に還りたいと願う人が多いこと
自然葬への関心の高まりがあります。自然葬では海洋散骨もあります。ただし、海洋散骨は法的にはグレーゾーンで完全に認められたものではありません。一方自然葬における樹木葬は霊園以外の土地には法的には認められていませんが霊園、墓地内においての形態として認められています。樹木葬ならば最後は土に還りたいという想いに近い眠り方を実現することができます。

(3) お墓にお金をかけたくないこと
都市部では特に、葬儀やお墓などどちらかと言えば親戚関係のしがらみや見栄などにこだわらなくなりお金を掛けたくない傾向が顕著になっています。葬儀では火葬のみを行い葬式を行わない直葬が大変な勢いで拡大しています。お墓についてもお墓を継ぐ人がいない、いなくなる時代を反映しお金を掛けない、費用を抑える傾向が強まっています。

(4) 菩提寺、檀家としての関わりが薄くなっていること
檀家制度で家のお墓を継ぐ人にとっては菩提寺との関係はある程度続いています。しかし、家のお墓を継ぐ立場ではない人では菩提寺との関係はなくなりお墓を自由に選べます。また、子供にお墓の迷惑を掛けたくないことから自分で生前墓を購入する場合が多くあります。その場合に、煩わしい檀家制度を嫌い、寺院墓地ではない霊園や寺院墓地でも檀家への加入義務がない形態の多い樹木葬などを選ぶ傾向があります。

(5) 家や家族のお墓ではない個人のお墓の選択や、ペットと一緒のお墓など、個人志向の時代に
家のお墓であり配偶者も入るお墓に入りたくないなどから個人として別のお墓を生前に設ける場合もあります。また法的な結婚以外の相手とのお墓やLGBT関係のお墓もあるでしょう。また、ペットと同じお墓で眠ることができる樹木葬もあります。ペットと一緒に眠れる樹木葬では、ペットの遺骨を一緒に埋葬するものもありますが、多くは墓地・霊園のなかにペットを埋葬できる区画を設けているものになっています。ただし、すべての樹木葬でペットを扱っているわけではありません。

(6) 寺院、霊園にとって、土地の有効利用になること
都市部の寺院、霊園では土地の面積が限られているために、従来型の個別の墓石による土地の区画利用ではこれ以上お墓を増設できないところが多くあります。そのようなところでは、樹木葬は土地の有休スペースをつかって有効利用でき小面積でも可能な墓地形態だからです。

(7) 寺院、霊園にとって、少資金で開発可能であること
樹木葬は土地の有効利用で同様の開発が進む納骨堂に比べて、少資金で開発可能な墓地形態で、建物や設備にお金を掛けずに開発が可能です。

樹木葬の注意点

樹木葬にもデメリットがあります。それらをきちんと把握しておくことは、樹木葬を考える上で今後大切なことです。
デメリット
①保守的な親族の同意を得ることが難しい。
樹木葬は新しい墓地の形態のために抵抗感が持たれる場合があります。

②個別の墓標がないこと。
特に納骨している場所が明確でないためにどこに向かってお参りしたらわからないという意見もあります。

③一度埋葬すると再度遺骨を取り上げることはできないこと。
骨壷を収めるタイプ以外は、一度埋葬すると再度遺骨を取り上げることはできないためお墓の引越しはできません。

④他の人の遺骨と一緒に埋葬する合祀形態への家族の理解が必要なこと。

他の人の遺骨と一緒に埋葬する合祀形態については、自分は良くても他の家族の理解も必要です。

樹木葬は埋葬の新しい形であり、まだ一般の理解は十分に得られていません。デメリットとしてあげた点をクリアできるかが大きなポイントです。デメリットが問題にならないのであれば、今後も拡大していくでしょう。

樹木葬のための心得

(1) 樹木葬がどのようなものであるか理解しておきます。

(2) 樹木葬が広がっている理由を理解しておきます。

(3) 樹木葬の費用について知っておきます。

樹木葬の価格は里山型と公園型では値段に大きな開きがありますが、だいたい20万円~数十万円程度です。年間管理費はかかる場合とかからない場合があります。合祀形態になればかかりません。

まとめ

(1) 樹木葬とは
樹木葬とは、自然葬の種類のひとつで、一般的なお墓で用いる墓石の代わりに、樹木を墓標として土中に遺骨を埋葬する埋葬方法です。

(2) 樹木葬のタイプ
一般的な樹木葬の霊園タイプは大きく分けると「里山型」、「公園型」、「ガーデニング型」などがあります。

(3) 霊園に樹木葬のエリアが増える理由の代表例①
お墓を継ぐ人がいない時代になっていることです。遺族がいなくなれば永代供養に任せるのが安心と思われています。

(4) 霊園に樹木葬のエリアが増える理由の代表例②
最後は緑や自然に還りたいと願う人が多いことです。自然志向と言えます。

(5) 霊園に樹木葬のエリアが増える理由の代表例③
都市部の寺院、霊園にとっては従来の個別の墓石によるお墓よりも限られた土地の有効活用になり、特に樹木葬は遺骨を地中に埋める方式のためお墓の建築、設備が不要で少資金で開発可能なことがあります。

霊園に樹木葬のエリアが増える3つのポイント

(1) お墓を継ぐ人がいない時代、永代供養に任せたい人が増えていること。
お墓を継ぐ人がいない時代になっていることです。遺族がいなくなれば永代供養に任せるのが安心と思われています。

(2) 樹木葬は自然回帰の価値観にあっていること。
環境志向や人本来の最後は土に還るという自然志向に合っています。

(3) 都市部の寺院や霊園にとっても樹木葬はメリットがあること。
寺院や霊園にとっても墓地の土地の限られた時代では土地の有効活用と少資金での開発が可能なことがあります。

樹木葬は東京では公営霊園、民間霊園でも人気があります。どちらかと言えば都市部でも土地の広い、自然環境が一定程度ある郊外型です。一方、寺院運営の墓地では樹木葬は郊外型もありますが都市の中心にもあります。樹木葬はシンボルとなる樹木があれば小スペースでも可能だからです。