遺骨は自宅に保管し続けていいの?

~遺骨の取り扱いと埋葬方法について詳しく解説~

身近な人が亡くなり火葬した後の遺骨を、お墓に納骨するだけでない方法を選ぶ人も増えています。自然散骨などの方法です。また、遺骨を身近に置いている方が故人を偲び一緒に暮らしていることを実感できると希望する方もいます。故人との関係の深い配偶者や親子などの場合です。遺骨は自宅に保管し続けていいのか、また、自宅に保管する場合の遺骨の取り扱い方法などについて紹介します。

遺骨の自宅保管について

(1) 遺骨は自宅に保管し続けていいのか?
遺骨は自宅に保管し続けていいのかですが、お墓に関する法律では、「墓地、埋葬等に関する法律」があります。法律では、遺骨の埋葬先について以下のように定められています。

第1条
この法律は、墓地、納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等が、国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする。
この法律で「墓地」とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可をうけた区域をいう。
第4条 埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。

「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない」とは、墓地でないところに遺骨を「埋める」ことはできないことであり、自宅の庭先に遺骨を埋めることは違法とされます。しかし、自宅内に置いておくだけならば、遺骨を埋めるわけではないので、違法にはなりません。
また、散骨についても埋める、という行為ではないため、散骨そのものが法律によって禁止されているという状況ではありません。

(2) 手元供養(てもとくよう)の背景
自宅で遺骨を保管し供養することを手元供養と言います。一般的なお墓や納骨堂に遺骨を納めて供養する方法に代わり、自宅で遺骨や遺灰を保管して供養するものです。自宅供養とも言われます。

手元供養は、愛する人の遺骨を自宅など身近な場所において、心のよりどころとしながら故人を偲ぶという新しいスタイルの供養です。手元供養の歴史は、さほど経ってはいませんが、いつまでも大切な人と一緒に過ごせる弔いのかたちとして徐々に定着しつつあります。

供養というのは「死者の魂に祈りを捧げ、来世での幸せを願う」といった意味の仏教用語ですが、手元供養はパーソナルで自由な弔い方として広まってきました。
個人の生き方や個性を大切にする傾向も強まり、ライフスタイルも多様化がますます進む中、宗教的な概念や従来のしきたりなどにとらわれない、新しい供養の方法として登場したのが手元供養です。手元供養を行う背景としては次のような点があります。

①遺族の悲しみを癒すために
手元供養を選ぶ目的としていちばん多いのは、「大切な人を亡くした悲しみを、遺族がご自身で癒すため」というものです。故人への深い愛情のために、「お骨と離れたくない」「ずっと一緒にいたい」という想いを抱かれる方も少なくありません。こうした想いを叶え、遺族が悲しみから立ち直るための供養のかたちとして、手元供養は受け入れられています。

②お墓に代わるものとして
長い歴史において、お墓は先祖のお骨を納め、子孫が代々受け継いでいくものとされてきました。しかし近年では、「不況や介護費の増加等で経済的に厳しい」「後継者がいない」「子供に負担をかけたくない」などといった様々な事情から、お墓を建てないという方や、すでにあるお墓を自分の代で墓じまいをしたいと考える人が増加しています。そうした人が、従来のお墓に代わるものとして手元供養を選ぶことも多くなっています。

遺骨の自宅での取り扱い方法

(1) 自宅における遺骨の保管方法

①すべての遺骨を骨壺などで安置する。
故人の遺骨をすべて自宅に安置します。火葬場から自宅に持って帰った骨壺のままの状態での保管になります。見た目が気になる方には、自宅安置用の骨壺もあり、しゃれたデザインのものもあります。

②一部の遺骨を小さな入れ物などに入れ保管する。
分骨し、一部の遺骨を自宅に安置します。遺骨は小さな骨壺に入れる場合や小箱などに入れる場合があります。

③遺骨加工品のオブジェを作る。
故人の遺骨を混ぜたオブジェを作成し、水晶などの置物、プレート、アクセサリーなど、様々な形に加工します。遺骨は遺灰として加工する場合が多くあります。

(2) 遺骨の置き場所
①仏壇やその周辺に置く。
遺骨を仏壇に置く場合もあり、仏壇周辺に置く場合もあります。遺骨を収納するスペースがついている仏壇もあります。全骨で骨壺のまま安置するとなると、仏壇のスペースでは置けないので周辺に台を設けたりすることになります。また、遺骨の量を少なくし小さい入れ物に入れ仏壇に置く方法もあります。
なお、本来仏壇は信仰の中心である本尊を祀るものなので、遺骨を仏壇に置くのは宗教上適切ではないという考えもあります。

②後飾り祭壇があればそのまま使う。
遺骨は、四十九日法要が終わるまでは、自宅に後飾り祭壇を設けてそこに飾る場合が多くあります。後飾り祭壇とは、骨上げ後のお骨を祀る祭壇のことで、白い布がかけられた台にロウソクや香などのお供えとともに遺骨を祀るものです。一般的には四十九日後後飾り祭壇は処分しますが、そのまま自宅で遺骨安置用のスペースとして利用する方法もあります。

③リビングなどに供養スペースを設ける。
リビングなどに専用のスペースを設けて安置します。おしゃれな骨壺や遺骨の加工品サービスを利用したものであれば、小物として飾ることができます。

(3) 遺骨保管の注意点
遺骨を自宅で安置するにはそれなりの管理も必要です。遺骨を管理する際の注意点を見ていきます

①湿気に注意する。
遺骨はカビがはえることがあります。以下の点に注意します。
・湿気をできるだけ避ける。
骨壺は密閉されているように見えて、実はふたと入れ物の間に隙間があります。外気温が変われば入れ物のとの温度差で外気が流れ込み、水分や菌が侵入します。ふたと入れ物はテープなどで密閉しておきます。湿気のある押入れの奥などに置いてはいけません。
・結露に気を付ける。
気温の変化で骨壺の中が結露し、水分がついてしまうことがあります。シリカゲルなどの吸湿剤を一緒に入れることである程度予防できます。

②いつかは自宅に置けなくなる。
自宅で供養している本人が亡くなってしまったら、安置されていた遺骨はどうなるのかです。本人の子供も引き継いてくれるかどうかです。また、子供がいなかったらどうなるのでしょうか。大抵の場合、供養する本人がいなくなると、それまで自宅に安置されていた遺骨は行き場を失います。最終的にはどこかに納めるかになります。とりあえず側に置いておくのでは、供養する本人に万が一のことがあった時に遺族が困ってしまいます。

(4) 遺骨と遺灰
遺骨とは、人が亡くなり火葬場で火葬し残った骨のことです。その後遺骨は骨壺に納められ基本的には四十九日を境にして、遺骨をお墓や納骨堂などに納骨することが多いでしょう。
遺灰とは、遺骨を灰状にしたもののことで、遺骨を粉骨して灰にします。散骨などの需要の高まりによって、遺灰にする場合や手元供養で遺灰にしてほしいという場合があります。

遺骨の取り扱いと埋葬方法の今後について

最終的な遺骨の行き先はやはり自宅以外の埋葬になります。
先に亡くなった遺骨のお墓をどうするかについて考えなければなりません。また、合わせて自分のお墓をどうするかについても考えなければなりません。
第1に、一般的な個別の墓石のお墓を建てる場合があります。
第2に、お墓を継ぐ人がいないか、いなくなる恐れがある場合は、永代供養墓を選ぶのが妥当でしょう。永代供養墓には、以下のようなものがあります。
・樹木葬
・納骨堂
・永代供養塔
寺院や霊園の管理者が管理してくれる合祀型の墓地です。合同法要で永代供養されます。
第3に、自然葬があります。
海洋散骨などです。

遺骨を自宅で保管しお祀りする手元供養の手続きや流れについて。

(1) 近親者に確認・了承を取る。
遺骨と触れ合う機会のある近親者に手元供養を行いたい旨を話します。「自宅で遺骨を供養したい」と言い了承を得ます。

(2) 遺骨をどのくらい自宅保管、手元供養にするか決める。
全部の遺骨を手元供養とするか、それとも一部とするかで置き場所やスペースが違ってきます。手元に遺骨をどの程度残したいのかを、遺族で話し合って決めます。

(3) 自宅保管の方法、手元供養の形態を決めます。
手元に残す遺骨の量が決まったら、どのような方法で保管するか、手元供養の形態や品を何にするか決めます。全ての遺骨を手元供養とするなら、関東なら7寸か8寸、関西なら5寸か6寸の骨壺を探します。ほんの一握りということであれば、小さな骨壺でも対応できます。遺灰だけでも良いとするなら、アクセサリーも可能です。

(4) 依頼する業者を探し依頼する。
インターネットで探したり、仏具店に行ったりして商品を探します。アクセサリーの場合は遺骨を加工しなければならないケースがあります。

(5) 手元供養の平均費用
手元供養の平均費用は、3万円から10万円程度です。種類によって変わってきます。
ミニ骨壺などオブジェでは3万円~10万円、遺骨アクセサリーでは加工費用は3万円~5万円、インテリア用品では3万円~5万円程度です。

まとめ

(1) 遺骨は自宅に保管し続けていいのか?
墓地でないところに遺骨を「埋める」ことはできませんが、自宅内に置いておくだけならば、遺骨を埋めるわけではないので、違法にはなりません。

(2) 手元供養の形態
自宅で遺骨を保管し供養することを手元供養と言います。一般的なお墓や納骨堂に遺骨を納めて供養する方法に代わり、自宅で遺骨や遺灰を保管して供養するものです。自宅供養とも言われます。

(3) 手元供養が広がる理由
・遺族の悲しみを癒すために
・お墓に代わるものとして
愛する人と一緒にいつまでもいたい離れたくないという理由や、後継者や家族がいないという理由、お墓を作るのは経済的に負担という理由などがあります。

(4) 自宅における遺骨の保管方法
・全ての遺骨を骨壺などで安置する。
・一部の遺骨を小さな入れ物などに入れ保管する。
・遺骨加工品のオブジェを作る。
等の方法があります。

(5) 最終的な埋葬方法
いつまでも、子供の代までも複数の遺骨を自宅保管しておくわけにもいきません。最終的には埋葬しなければなりません。一般的なお墓に入れる以外に、永代供養の合祀型の樹木葬や納骨堂もしくは海洋散骨などが考えられます。

遺骨の取り扱いと埋葬方法についての3つのポイント

(1) 遺骨は自宅に保管していても構わないこと。
墓地でないところに遺骨を「埋める」ことはできませんが、自宅内に置いておくだけならば、遺骨を埋めるわけではないので構いません。

(2) 手元供養という供養の仕方があること。
遺骨を自宅で保管し供養する方法を手元供養と言います。手元供養は故人との関係が深く愛情のある関係などで行われています。

(3) 手元供養の形態
手元供養の形態では、骨壺に入れたままでは大きいためミニ骨壺に入れて収納する方法や、加工し遺灰にしてアクセサリーなどに入れる方法もあります。

現代ではお墓のない人も増えています。家のお墓を継がない立場では新たにお墓を自分のために設けなければなりませんが、子供にお墓のことで迷惑を掛けたくないということから生前墓の手配が増えています。生前墓では、お墓を継ぐ人がいなくなることを考慮して永代供養の納骨堂や樹木葬が増えています。