もし自分が送る会を希望する時、どのような準備をしておけばいいの?

~送る会の開催方法や準備について詳しく解説~

個性やオリジナリティが尊重されている現代では、冠婚葬祭の「葬」の分野でもオリジナリティを出せるようになってきています。
葬儀や告別式など宗教的な式は大切ですが、自分らしく見送ってもらいたいと考える方も多くなってきています。その一つが、葬儀とは別に執り行われる「送る会」です。
そこで、送る会の開催方法や準備についてお話ししたいと思います。

送る会とは?

通常、亡くなると通夜と葬儀を行い、その後は節目ごとに法要をして故人を供養します。
通夜や葬儀には故人と関わった方が参列しますので、一般的には通夜や葬儀で故人と最後のお別れをすることになります。

ただ、社会的地位の高い方や著名人などは、親族と家族とだけで本葬を行い、後日、一般の方のために「送る会」を執り行うことが多いです。
参列者が多くなると予想される場合は、このような形をとることが多いのです。
故人が勤めている会社で執り行う「社葬」なども、送る会と同じような意味を持ちます。

現在は一般の方でも家族や親族など、限られた方だけが参列する家族葬を執り行う方が増えてきました。
また、葬儀自体行わない方も増えています。
その場合は、式に参列できなかった方の「見送りたかった」という気持ちに添う意味で送る会を行うことがあります。

現在では、送る会は著名人などに限ったことではないのです。

通夜や葬儀には宗教的な決まりや守るべき順序などがあり、それに従って式を行いますが、送る会には厳密な決まりがあるわけではありません。
故人や故人に関わった方のために行う会ですので、故人と参列者の気持ちを満たすために自由に内容を考えてもよいのです。

「しんみりと故人を偲ぶべき」「派手にしてはならない」などということはありませんので、明るく盛大な会にしてもまったく問題ありません。
故人の好きだったものに囲まれて、ちょっとしたパーティーのような雰囲気で、みんなで楽しく故人を偲んでもいいのです。

送る会はどうやって行う?

では、実際に送る会を開くときの手順などについてお話しします。

●送る会を開く時期
送る会を開く時期に関しては、特に決まりはありません。
ただ、亡くなってから時間が経てば経つほど人は集まりにくくなります。

社葬などは葬儀の1ヶ月後、または四十九日までに開くことが多いのですが、一般の方は葬儀・告別式のあと2週間から2ヶ月までのあいだに送る会を行うことが多いです。
そのほか、一周忌や故人の誕生日などに行うこともあります。

亡くなってから日が経ちすぎると人が集まりにくくなりますが、亡くなった直後だと家族や近しい方はまだ悲しみが癒えていないため、送る会をする気持ちの余裕はないかもしれません。
ほどよく時間をおいた状態で、みんなが落ち着いて故人を送れるようになってから開催するのがいちばん良いですね。

送る会を開催すると決めたら、出席してほしい方には早い段階で知らせるようにしましょう。

特に、小規模な家族葬を行う場合や、葬儀自体を行わない場合、参列しない方が不満を感じることもあります。
家族葬や葬儀を行わないことに関して、いきなり理解してもらおうとすると難しいことがあります。
葬儀の参列者は限られている、もしくは葬儀は行わないけど、故人を偲ぶ会を別に開くと説明すると、葬儀に参列できない方も納得しやすくなるかもしれません。

●送る会の主催者
送る会は遺族の場合もありますし、故人の友人が発起人になる場合もあります。
また、故人が生前に送る会を計画して準備することもあります。

●送る会の費用
送る会の費用は、送る会の主催者が全額持つ場合と、会費制にする場合とがあります。
送る会を葬儀会場で行い、焼香などもする場合は香典という形でいただくこともあります。

●送る会を行う場所
送る会は、基本的にどこでも行うことができます。
会場の了承が得られればどこでも送る会を行うことができますので、故人の思い出の場所や、ホテルやレストランなどで開くこともあります。

ただし、場所によっては制約があります。
葬儀会場では焼香や読経も行えますが、好きな音楽を流したりする会や、立食パーティ形式などの会は行えないことがあります。

ホテルやレストランだと遺影や遺骨の持ち込みができなかったり、焼香や読経ができなかったりもします。
レストランで送る会を開くときに貸し切りにしない場合は、ほかのお客様への配慮も必要になります。
出席者全員が喪服で集まると、いかにも「葬」の雰囲気が出てしまいますので、その場合は平服で参加してもらうなど、事前に案内をすることが大切です。

●送る会の内容
送る会は、内容の決まりもありません。
故人を偲び、故人を尊重し、参列者の気持ちに寄り添えるものであれば、何をしても良いのです。

●服装
送る会では、服装も自由です。
絶対に喪服じゃなければいけないということもありません。
職場の仲間だけで行なう場合は会社の制服で集まったり、所属していたスポーツチームのチームメイトが発起人の場合はユニフォームを着て参加したりする場合もあります。

場所や内容によっては喪服や喪服に近い服装で参加する必要もありますが、逆に普段着のほうがふさわしいことがあります。

服装に関しては開催する場所や内容によって主催者がある程度決めて、参加者にも案内するようにしましょう。

●食事
送る会では食事を用意することもありますが、通夜や葬儀のあとの振る舞いと違って、自由にメニューを決めることができます。

故人が好きだったメニューを揃えたり、出席者の年齢層にあわせたりして、自由に食事を楽しみましょう。

あらかじめ招待客の出欠を確認して人数分の食事を用意する場合もありますが、ビュッフェ形式にすると人数が増減しても対応できます。

自分で送る会を開催する場合

送る会は遺族や友人が主催することもありますが、自分で自分の送る会を企画して開催する方も増えています。

そこで、自分で準備をするときの手順についてお話しします。

①家族に話をする。
なぜ送る会を開催したいのか、どんな会にしたいのか、誰を呼びたいのか、などを家族に話しましょう。

②会場と内容を決める。
会場によって内容が制限されることもありますので、内容と会場のうち譲れないところから決めましょう。
開催したい場所がある場合は、先に会場を決めてからそこでできることをもとに内容を決めます。
逆に、送る会でやりたいことがある場合は内容を優先して、それができる会場を選びます。

会を自分ひとりで企画・運営するのは大変なことですので、会場のスタッフと相談して内容を決めていくのも良い方法です。
レストランやホテルは、さまざまな会をサポートしてきているため、豊富なノウハウを持っています。
会場でできることと自分の希望をすりあわせながら素敵な会を考えることができるでしょう。

③必要なものを準備する。
内容や会場によって、事前に準備するものがあると思います。
また、費用や招待状なども事前に準備しておきましょう。
送る会を会費制で行なう場合でも、招待客が減る可能性も考えて、ある程度の額を準備しておくと家族も安心です。

自分で自分の送る会を企画して準備しても、当日、自分はその場にはいません。
会場のスタッフがすべてを取り仕切る場合は心配ありませんが、そうでない場合は家族が会を仕切ったり招待客の対応をしたりすることになります。
したがって、会の進行や誰を招待したかなどは、家族にきちんと話しておく必要が出てきます。

また、送る会にかかる分の費用をあらかじめ用意しておくことも大切です。
用意したお金がどこにあるのか伝えておくか、事前に渡してしまうかすると良いでしょう。

自分で送る会を開くときに大切なこと

一般的な通夜や葬儀を執り行うと、故人と関わった方が故人を見送ることができます。
ただ、参列者が限られている家族葬をしたり、葬儀を行わなかったりすると、故人を見送ることができない方が出てきます。
「私も見送りたかった」という方の気持ちに添うため、また、故人らしく偲ぶため、などの理由で一般の方でも送る会を開催することが多くなってきました。

送る会を葬儀会場で開催する場合は読経や焼香などを行うこともありますが、ホテルやレストランなどで開催すると葬儀のような雰囲気を感じることなく故人を偲ぶことができます。

送る会は、家族や故人の友人が開催することもありますが、自分で自分の会を準備することもできます。
自分ひとりで企画や準備をするのはなかなか難しいので、会場のスタッフなどに相談しながら進めると良いでしょう。

また、家族の協力が必要になることもありますので、自分で準備をする場合は事前に家族とも話をしておくことも大切です。
そのときに、送る会の内容や招待客についても伝え、費用も準備しておきましょう。

現在は、結婚式だけではなく、葬儀の分野も自分らしさを出せるようになってきました。
明るい雰囲気で自分のことを偲んでほしい、明るく見送ってほしいと思ったときのために送る会があります。

送る会には決まりがありません。
してはいけないこともありません。
笑うことも盛大な音楽をかけることも不謹慎ではありません。
好きな人を呼んで、みんなでおいしい食事を囲みながら、自分のことを思い出してもらえる会です。

自分で自分の送る会を準備するときは、「あの人らしいね」と言ってもらえるように、自分らしさをたっぷり盛り込みましょう。

会場や家族の協力を得たり、いろいろな人に相談したりしながら、自分らしい送る会を準備してください。
送る会を準備していくなかで、自分の今までを振り返ることができるかもしれません。
どれだけの人と関わり、どのような経験をしたか、どんな思い出ができたか、など楽しく振り返ることもできるかもしれません。

通夜や葬儀では伝えきれなかったことを大切な方に伝えることもできるでしょう。
ぜひ、「あの人らしいね」と言ってもらえるような、あなたらしい素敵な送る会を考えてみるのも一つの選択肢だといえるでしょう。