戒名と法名の違いについて

~その違いとなぜ必要なのかを詳しく解説~

戒名とは一般的に仏教寺院で人が亡くなった後に付けられる名前で、位牌とお墓の名前に使われ、どの宗派でも同様と思われているかもしれません。しかし、法名という言葉もあります。法名とは浄土真宗において使われる名前です。戒名と法名とは、単に宗派による呼び方の違いだけではなく意味自体の違いもあります。しかし、戒名も本来の意味から現状は変わってきている点があり、戒名と法名の全体の相違について紹介します。

1.戒名と法名の違いとは

戒名と法名の大きな違いは、宗派の呼び名としてだけではなく、教えの違いによるものです。仏教では、単に教えを学ぶだけではなく、教えのとおりの実践が求められます。仏教のなかには、修行を行って悟りを開く努力をすることを求めている宗派もあります。こうした教えや修行に関しての考え方の違いが、戒名、法名の違いにも表れているといえるでしょう。

(1) 戒名の本来の意味
戒名とは、本来は仏門に帰依した人が仏教の修行の基礎である、戒律を守ることを誓うときに授かる名前です。大乗仏教や上座部仏教の両方で行われているもので、通常は師僧が出家した人に対して与えます。

仏教には、「戒律」と呼ぶ修行者の生活規律があり、すべての修行者は常に戒律を守らなければなりません。戒律とは、自発的に規律を守りたい心の表れを意味する「戒」と、信条や規則を指す「律」を組み合わせています。

仏教の戒律は、人々から非難を受ける行いや悪事を働く行いを禁じており、戒律を守らなければ地獄に落ちると教えている厳しい規範です。戒名を受けるのはとても重要であるとみなしています。

(2) 法名の本来の意味
法名とは、戒律を守って仏教の修行を積むのが難しい人が、阿弥陀仏の教えを聞いて守る人に授けられる名前です。

浄土真宗には、戒律がないので受戒が存在しません。受戒の代わりとして、仏法をよりどころとして生活する証として法名を授けられ、仏教徒として生きる誓いを立てるものです。

法名は亡くなってから授かるものではなく、生きているあいだに授かります。阿弥陀仏の教えを守りながら生きていくことを誓うものであるためです。

(3) 戒名と法名の現実
在来仏教の浄土真宗以外のほとんどは戒名を授け、浄土真宗が法名を授けています。また、日蓮宗では法号を授ける場合があります。

戒名と法名の本来の意味は前述しましたが、戒名の現実は、人が亡くなった時に葬儀などで僧侶から授けられるもので、あの世へいった時に俗名のままでは浄土へはいけないとし死後の名前が戒名として付けられています。本来の生前の信仰や戒律とは無関係なものになっています。法名では本来の意味での生前での信仰の誓いの要素はありますが、実際には生前の信仰活動とどこまで結びついているかは定かではなく、戒名と同様に死後の世界の名前として機能している現実があります。

(4) 位階や性別を表わす戒名・法名の構成

①戒名の基本的な構成
基本的な構成は、「院号」、「道号」、「戒名」、「位号」の順番です。すべて漢字のみで構成しています。また、位というランクがあり「位号」という部分があります。
①院号
院は、元来は邸宅や寺院など大きな建物を意味し、天皇が退位したときに住んでいた邸宅を「○○院」と呼んでいました。戒名を付けはじめた頃は、天皇のみが使っていましたが、時代の変化とともに公家や将軍なども使用していた歴史があります。現在では、社会に貢献した人や社会的地位の高い人、信仰心の厚い人や寺院への多額の寄付を行った人に与えているものです。
②道号
もともと道号とは、禅宗の僧侶が人里離れたところで修行した場所に由来する名前です。中国で誕生した名称で、それが禅宗をとおして日本に伝わりました。
③戒名
戒名は道号の下に付ける本来の戒名の部分です。戒名は2文字で構成され2文字のうちの1文字に多くの場合俗名の字を付けます。また、先祖代々から伝わる漢字や、尊敬する人からもらう漢字なども可能です。
④位号
位号とは、最後の部分を構成している部分です。寺院に対してどれだけの貢献をしたのかを重視します。それによって位が異なってくる部分です。
位号は男性と女性によって名称が異なります。
男性の位号は、階級が高い順に一般的に次のものがあります。また、宗派により、地域により異なる場合があります。
・大居士(だいこじ)
・居士(こじ)
・禅定門(ぜんじょうもん) (ない場合もあります)
・清信士 (ない場合もあります)
・信士

居士とは、出家をせずに家庭で修行を続ける仏教徒を指します。家に居る士から名前が付いたのが由来です。大居士に関しては一般の仏教徒とは異なり、仏教に関する高い知識をもっていることを意味します。

女性の位号は、階級の高い順に以下のとおりです。
・清大姉(せいだいし)
・大姉(だいし)
・禅定尼(ぜんじょうに) (ない場合もあります)
・清信女 (ない場合もあります)
・信女

大姉は、男性の居士の地位にあたります。居士は、人を導く存在の意味をもちます。大姉は信女の上にあたる階級で、主に在家信者に付ける名称です。大姉のなかでも、清大姉が最高階級となっています。

②法名の基本的な考え方
法名には位号が存在しません。浄土真宗の教えは、阿弥陀如来の本願を行い極楽浄土へ往生できるものです。生前における社会的地位や修行の度合いによって、死後が決まるというわけではありません。信心を大切な要素としており、すべてのものが平等に浄土へ生まれるという考え方があります。

③戒名と法名の宗派による構成
a. 戒名
浄土真宗、日蓮宗以外の宗派で授けられます。ただし、日蓮宗でも戒名と呼ぶ場合があります。
{1}浄土宗
院号+誉号+戒名+位号
浄土宗では道号の代わりに「誉号(よごう)」をつける場合があります。・誉・・となります。
{2}曹洞宗・臨済宗
院号道号+戒名+位号
{3}日蓮宗
院号+道号+日号+位号
日蓮宗では戒名と呼んでも差し支えありませんが、法号と呼ぶこともあります。また、「日号」をつける場合があり、日号がつくと・・日・となります。
{4}真言宗
梵字+院号+道号+戒名+位号
真言宗では戒名の上に「ア字の梵字」を記して大日如来の仏弟子となったことを表します。「ア」は大日如来を表します。
{5}天台宗
院号+道号+戒名+位号

一般的な戒名の文字数は、道号、戒名、位号で構成する6文字が基本です。
もともと戒名は、2文字だけで構成していました。その後、性別によっても分けるようになり、文字数も6文字まで増え、現状では、6文字、9文字、11文字の3種類があります。文字数によって金額は異なり、基本的に文字数が多くなると戒名料も高くなります。

b. 法名
浄土真宗で授けられます。
院号+釋号+法号

浄土真宗では法名に「釋(釈)」をつけ、釋・・とします。釋をつけるのはお釈迦様の弟子になるという意味です。
浄土真宗での法名は3文字に収まることがほとんどですが、もっと細かくつける場合もあります。必ずつける「釋」の後には、法号の2文字をつけ、この2文字が故人特有のものとなり、存命の頃の名前からとったり、宗派や信条に由来するものをつけたりします。法号とは、戒名における狭い意味での「戒名」に当たる部分です。

また、院号をつける場合もあります。
これは生前寺院に大きく貢献した人や、社会貢献に功績のある人が寺院からいただくもので、頭に3文字が追加されます。院号をいただくことはめったにありませんので、浄土真宗の法名は合計で6文字か3文字となります。

2.戒名と法名の現状

(1) 授ける人
①戒名
各宗派の寺院の僧侶によって授けられます。
②法名
浄土真宗の本山などで行う「帰敬式」(ききょうしき)で授けられます。
寺院の各僧侶が法名を授けるのではなく、あくまでも本山もしくは別院などへ本山から派遣された僧侶が行う本山の指導性が基本となっています。ただし、浄土真宗にも各派があり派により異なります。

(2) 戒名と法名が授けられる時

①戒名
一般的には葬儀の時に、お通夜の読経のあとに戒名を授かることになります。
また、生前に戒名を授かることは可能です。戒名は本来仏門に入った人が生前に授かるものなので、菩提寺と相談して戒名を授かることはできます。

②法名
法名は、浄土真宗の門徒となるときに「帰敬式」を行い、阿弥陀如来の力と親鸞聖人の教えにしたがっていく誓いを示すために授かるものです。つまり、法名自体が浄土真宗への帰依をあらわすものなので、本来は生きている間に使うべき名前です。

(3) 戒名と法名の授かり方

①戒名
菩提寺の住職に依頼して授かります。
②法名
a. 「帰敬式」に参加します。
・参加希望者は本山での帰敬式の受式願の申請の書類を自分で作成し、送って手筈を整えることができます。(インターネットでもダウンロードできます)
・式を始める30分ほど前に、式についての説明を受けます。
・指示にしたがって、帰敬式を進めます。
b. 帰敬式費用
浄土真宗に帰属して通常の法名をつけるだけなら、成人は10,000円、未成年は5,000円と一律で低額です。
なお、希望する法名をいただくことを法名の内願(ないがん)と言い、別途に10,000円以上の内願法名懇志(こんし)の進納が必要です。法名の内願については、寺院の住職からの申請が必要となります。

(4) 戒名と法名の相場

①戒名
戒名料の標準的な相場は20万円~30万円ほどと言われています。
戒名料に関しては、相場を決めるのが難しいといわれています。基本的には授けられる戒名の位が高いほど納める戒名料は高くなります。寺院により、地域により差はあります。また、位名や位名の段階の設定も異なる場合があります。
・居士(男性)、大姉(女性)の金額目安:50万円~80万円
大居士(男性)、清大姉(女性)の場合は加算されます。
・信士(男性)、信女(女性)の金額目安:10万円~50万円
葬儀の際に授かる戒名ではもっとも一般的なものだといえるでしょう。
さらに位号の上に院号が付けばさらに価格が高くなります。
・院居士(男性)・院大姉(女性)の金額目安:100万円~
・院信士(男性)・院信女(女性)の金額目安:50万円~100万円

②法名の相場
基本的には、浄土真宗に帰属する帰敬式を行うと、必ず法名が授けられるというだけです。
実際には帰敬式と法名を考える僧の方に対する気持ちであり、本山への奉納が本質です。
ただし、浄土真宗は細かく宗派が分かれていることで、詳細は不明な点もあります。

宗派 帰敬式にかかる費用
・真宗本願寺派       成人10,000円、未成年は5,000円
・真宗大谷派(東本願寺派) 21歳以上は10,000円、20歳以下は5,000円
・真宗興正派 10,000円
・真宗木辺派 10,000円
*浄土真宗本願寺派
浄土真宗の主要宗派のひとつで、西本願寺を本山としています。信徒は780万人以上、寺院の数は1万を超え最大です。
*浄土真宗大谷派
大谷派は東本願寺を本山とし、本願寺派に次ぐ規模をもちます。徳川家康が浄土真宗の力を抑えることを目的に本願寺を分裂させたことで新しく生まれました。

(5) その他  浄土真宗の相違点
・位牌
浄土真宗では位牌を使いません。位牌は他の宗派では、霊魂となったご先祖様が入るものとされていますが、浄土真宗では仏の力で極楽浄土に行っているので、返ってくることがありません。
・塔婆
浄土真宗では他力本願の考え方が根本にあり、追善供養を行わず塔婆を用いません。

3.戒名と法名の今後は

(1) 戒名の価格が高いという問題
戒名がサービスの売買ではなく、あくまでも宗教的な行為で、お礼はお布施において授けられた人の任意であるならば、寺院側は本来の趣旨にのっとり相場の形成や高騰を抑える必要があるでしょう。最低額だけは明示するなどの方法もあります。最低額は一般人にとって負担が少ないと思える額です。

(2) 戒名における位の設定とランク付け
死後の世界においても現世における身分や階級と同様のものがあり、現世の金銭により来世の位が買えるという要素があれば、今後仏教の原点に立ち返り見直す必要があるのではないでしょうか。寄付者の名誉や貢献は別の形で残したらよいでしょう。寺院の造営や修復で寄付者の名前を、建物や修復した瓦に記したりしている例もあります。

(3) 葬式仏教から現世を生きる人のための仏教へ
戒名は、本来は現世に生きる仏教徒が出家する際に授けられる名前です。戒律を守って新たに生きる決意を示すものでもあります。しかし、現在の日本では、亡くなった人の死後の世界のためのものになっています。法名は、本来は現世に生きる人が浄土真宗の門徒になることにより授けられる名前です。仏教の本来の意味に近いものです。しかし、現実には法名を受ける人は戒名と同様に考え信仰とはとらえていない人もいます。法名の形式化でしょう。

宗教があくまでも信仰に根差すものであれば、現世に生きる人のためにまずあるべきでしょう。戒名や法名のしきたりにただ従うだけでなく、どうあるべきか今後改めて考えていくべき課題でしょう。

4.戒名と法名を取得するための準備

戒名や法名が家の菩提寺との関係で自分が自由に考えられる立場かどうかによって異なります。菩提寺のお墓を継ぐ立場の人は今までの宗派のしきたりに従わざるをえないでしょう。そのため、ここでは、家のお墓を継ぐ立場にはない人のために考えます。

(1) 戒名や法名に対する自分自身の考え方を持つ。
戒名や法名の実際について知っておきます。何のためにあるのか、自分や家族にとってどのような意味があるのかを考えます。戒名や法名が必要なのかどうかも考えてみます。

(2) 菩提寺があればその宗派と戒名、法名について調べる。
菩提寺があれば家の宗派について知っておきます。また、その宗派の戒名、法名についても知っておきます。

(3) 自分が新たにお墓を求める場合、菩提寺の宗派を継承していくのかどうかの検討
家の墓に入らない場合は、子どもに迷惑をかけないために自分で生前墓を購入する場合が多くあります。その場合は、家の菩提寺の宗派を自分が選ぶ新たなお墓でも継承するかどうかを検討します。これは仏教の信仰、親近感の問題です。仏教自体への信仰心もなく宗派への関心もない場合は、寺院墓地以外の一般霊園の選択もあります。

5.まとめ

(1) 戒名と法名の本来の意味の相違
戒名は、仏教の厳格な戒律を守って修行を行うための証として受ける名前で、出家した人に対して与えられます。仏教には、「戒律」と呼ぶ修行者の生活規律があり、すべての修行者は常に戒律を守らなければなりません。出家したものは特に厳しく戒律を守ることが必要です。戒名はその決意を示すものでもあります。

一方法名は浄土真宗の教えの基本から、人が厳しい戒律を守って修行できないことを前提に阿弥陀如来の働きによって救われて仏となるとの考えがあります。他力本願の考え方です。そのため、浄土真宗には、戒律がなく受戒の代わりに仏法をよりどころとして生活する証として法名を授けられ、仏教徒として生きる誓いを立てるものです。

(2) 戒名と法名の現実の相違
戒名の現実は、本来の意味からは遠く離れ、人が亡くなった時に葬儀などで僧侶から授けられるもので、死後の名前が戒名として付けられています。
法名では本来の意味での生前での信仰の誓いの要素はありますが、実際には生前の信仰活動とどこまで結びついているかは定かではなく、戒名と同様に死後の世界の名前として機能している実態があります。

(3) 戒名と法名の構成

戒名の基本的な構成は、現状では、「院号」、「道号」、「戒名」、「位号」の順番により成り立っていますが、もともとは狭義の「戒名」の2文字だけであり、その後、「道号」、「戒名」、「位号」で構成する6文字が基本となっています。また、さらにランク化が進み「院号」も付け加えられています。そのため、文字数は、6文字、9文字、11文字の3種類となっています。

法名の基本的な構成は、「院号」、「釋号」、「法号」となっており、一般的には、「釋号」、「法号」の釋の1文字+法号の2文字の3文字に収まることがほとんどです。必ずつける「釋」の後には、法号の2文字をつけ、これが故人特有のものとなり、俗名からとったり、宗派や信条に由来するものをつけたりします。院号をいただくことはめったにありません。
また、「釋」は「釈」の字も場合もあります。

(4) 戒名における位号というランク付けの設定と院号
①位号について
戒名には位号という最後の部分があり、寺院に対してどれだけの貢献をしたのかを重視し位が異なってくる部分です。ランク付けと言われる部分です。
位号は男性と女性によって名称が異なります。

なお、法名には位号がなくランク付けの設定がありません。

男性の位号では、位が高い順に以下のとおりです。
・大居士・居士・禅定門(ない場合もあります)・清信士(ない場合もあります)・信士

女性の位号では、階級の高い順に以下のとおりです。
・清大姉・大姉・禅定尼(ない場合もあります)・清信女(ない場合もあります)・信女

②院号について
位号以外にさらに戒名の頭に院号を付ける場合があります。ランク付けにさらに段階が加わったものです。
院号については、戒名でも法名でも存在します。ただし、法名では構成上はあっても実際に設定する場合は少ないです。

(5) 戒名、法名の相場の形成について
戒名についての標準的な相場は20万円~30万円ほどと言われています。また、位号や院号で価格が高くなるランク付けがあるのが実態です。
法名については帰敬式を行うと、必ず授けられます。帰敬式にかかる費用1万円程度です。

6.戒名と法名の違いについての3つのポイント

(1) 戒名も法名も、本来の意味は現世に生きている人の信仰に関するものであること。

信仰は現世に生きるものにとってこそ重要で宗教者の存在の意義もそこにあります。現世に生きる人の信仰の強化では、戒名が生前に与えられ意味のあるものにしていく必要があります。前提となる信仰自体がない場合は戒名自体への意味を問う必要があります。

(2) 戒名については位というランク付けが過大となってしまっていること。

戒名については時代とともに位が増え、結果としてランク付けが大きくなってしまっています。死後の世界まで現世の身分や階級が反映し、金銭により位という名誉が買えることは欲の反映につながり課題があります。

(3) 法名については、位号がないこと、法名を得るための帰敬式の費用が一律低額であること。

法名については位号がない点で平等性があります。死後の世界は平等ということです。また、法名を得るためには帰敬式という本山管轄の式に参加することで浄土真宗の門徒となり、扱いが一律であり参加費も低額です。その点も平等性があります。ただし、法名についても院号というものがあり、位に準ずるものがまったくないとは言えない点もあります。

仏教の宗派は数多くあります。関係のない人には違いはわからず縁遠いものです。内容的にも大きく異なるのは密教(真言宗、天台宗)、禅宗(臨済宗、曹洞宗など)、浄土宗・浄土真宗、日蓮宗などでしょう。戒名と法名の違いから、日本の仏教、仏教宗派の現状についても考える機会となれば幸いです。