意外と知られていない「火葬場に向かうときのマナー」について

~その注意点を詳しく解説~

日本では死後に火葬することが一般的ですが、実際火葬に立ち会う機会はそうたくさんあるわけではありません。
そこで、火葬をする際、または火葬場に同行する際、どんなことに気を付けたらよいのかについてお話ししたいと思います。

火葬の際に必要なもの

火葬をするときは、喪主が事前に準備するものがいくつかあります。

①火葬許可証
火葬許可証とは、市区町村に死亡届を提出した際に発行される書類で、この書類を火葬場に提出しないと火葬を受け付けてもらえません。
この書類は喪主が必ず持って行きますが、心配なら前もって葬儀会社のスタッフに預けてもかまいません。

火葬が終わると、火葬許可証に「火葬済」という証印が押されて遺骨とともに返却されます。
火葬済の印が押された火葬許可証は、納骨の際に再び必要になりますので、納骨するときまで大切に保管してください。

②遺影、位牌
火葬場へ行くときには、遺影と戒名を記した位牌も持って行きます。
これらは出棺の時と同じく、喪主が位牌を持って遺族が遺影を持って火葬場へ行きます。

③お茶やお菓子
火葬には時間がかかりますので、その間は控え室で待つことになります。
その時、お茶やお菓子を参列者に提供します。
火葬場や葬儀会社が用意してくれる場合もありますので、事前に確認をして必要だったら喪主側で用意をします。

火葬場に向かうときのマナー

火葬場に向かうのは、出棺が終わってからですが、その際にも気をつけることがいくつかあります。

●火葬場に同行する人
葬儀や告別式は誰でも参列できますが、火葬場に同行できる人はとても限られます。
火葬場に同行できるのは、故人の遺族と親族、故人と特別親しくしていた人など、故人に近い立場の人だけです。
故人と親しかったとしても、喪主などの承諾がなければ同行することはできません。

親族ではないけど火葬場に同行したい場合は事前に遺族に相談をします。
火葬場へ行く時は葬儀会場から車で移動することが多いので、遺族側は事前に車の手配などをするためです。
そのため、当日いきなり「私も行きたい」と言うと遺族側を困らせることになりますので避けましょう。

逆に、遺族側から同行してほしいと依頼された場合はできる限り参列しましょう。
ただ、都合が悪い場合には丁重にお断りしても失礼にはあたりません。
火葬に参列しない場合でも、出棺にはなるべく立ち会うようにするのがマナーです。
出棺は故人との最後のお別れであり、生前の姿の故人をお見送りできる最後のチャンスだからです。

●火葬場へ同行しない人
遺族と親族は全員火葬場へは行かずに、数人は葬儀会場に残ります。
留守番役の人は以下のようなことをして待ちます。
・遺骨を迎える準備
・精進落とし(火葬後の会食)の準備
・火葬場から戻ってきた人のための清めの塩と水の準備

火葬が終わると、遺骨を持った喪主を先頭にみんなが帰ってきますので、留守番役の人は玄関に入ってくる前に帰ってきた人の手に柄杓で水をかけて塩をまきます。
ただし、これは宗派によって行うかどうかが違いますので、必要がない場合は行わなくても問題ありません。

●火葬場へ向かう車
火葬場へ向かうときは、霊柩車・タクシー・マイクロバス、の計3台を手配しますが、手配自体は葬儀会社に依頼します。

それぞれの車には以下のように乗ります。

・霊柩車
故人と、位牌を持った喪主が乗ります。
葬儀会社によっては、「野辺送り」のしきたりを重んじているところがあり。喪主が霊柩車に乗らないよう指示する場合もあります。
その時はその指示に従ってください。

・タクシー
遺影を持った遺族や高齢の遺族(親族)が乗ります。
喪主が霊柩車に乗らなかった場合は、喪主もこのタクシーに乗ります。
また、納めの式で読経をする場合は僧侶も一緒に乗ります。

・マイクロバス
上記以外の人が乗ります。
乗るときは、故人と関係の深い人から乗り込むことになっています。

全員がそれぞれの車に乗り終わったら、霊柩車→タクシー→マイクロバス、の順番で火葬場へ向かいます。

●車で火葬場に向かうとき
昔から「火葬場へ向かった道と帰るときの道は重ならないように(同じようにならないように)すること」という風習があります。
これは、故人の霊が帰ってきてしまわないようにするため、故人が迷わず成仏するためだと言われています。

現代でもこの風習に従うよう提案されることは多いですが、時間的な理由で行きも帰りも最短ルートを通りたい場合もあると思います。
そのときは、後々のトラブルを避けるために事前に親族に話をして納得してもらうようにしましょう。

葬儀会場から火葬場へ向かう道中に、故人の思い出の場所や故人が好きだった場所などがある場合は、その場所を通って火葬場に向かうのも良いですよ。

私の祖母が亡くなったとき、私の父が喪主でしたので、私も霊柩車に乗りました。
葬儀会場と火葬場の中間地点に祖母が暮らしていた私たちの家があるため、火葬場に向かう途中に家の前を通りました。
住宅街なので前後にほかの車はなく、ゆっくりと家の前を通り、父は祖母の遺影を家のほうに向けました。
それまで通夜や葬儀のあいだ、それなりに気持ちが張り詰めていたので、自宅の前を通ったときになんとなく気持ちがホッとしたのを覚えています。

火葬場に着いてからのマナー

実際に火葬をする際、棺の中に故人の思い出の品を副葬品として入れるのが一般的です。
副葬品には入れて良いものと入れてはいけないものとがあります。

★入れて良いもの
入れて良いものは、基本的に紙や布などでできている「燃やせる物」です。
具体的には、
・故人が生前に着ていた服や、身に着けていた服飾小物
…ただ、あまり分厚いものは燃えにくいため避けてください。
・故人への手紙や寄せ書きの色紙
・病室に飾っていた千羽鶴
・故人の写真
・別れ花
…別れ花とは、最後の対面後に棺に入れる花で葬儀の担当者が用意します。
ただ、そのほかに自分で淹れたい花を入れることもできますが、あまり華美な包装をしないようにしてください。
別れ花は、故人と縁の深い人から順番に遺体の周りに置いて飾ります。

★入れてはいけないもの
・引火や爆発の危険があるもの
・果物など、水分が多く含まれている食べ物
・缶やビン類
・金属製、プラスチック製のもの
・紙幣
・今現在生きている人が写っている写真
…家族や友達と一緒の写真を入れると、故人も寂しくなくていいだろうと思いがちですが、「故人が連れて行ってしまう」と考えられているため、今生きている人が写っている写真を入れてはいけません。

火葬の手順

実際に火葬をするときの手順は以下の通りです。

①火葬許可証を提出
喪主が火葬場の職員に火葬許可証を提出します。

②納めの式
火葬場で遺族や親族、故人の知人が故人と最後のお別れをするための儀式です。
僧侶が読経して故人が成仏できるように祈ります。
その後、通夜や告別式と同じように、喪主・遺族・親族・知人の順に焼香をして合掌をします。

③火葬
火葬炉に棺が運ばれ、喪主によって火葬炉の横のスイッチを押すと火葬が始まります。

火葬には1~2時間ほどかかることもありますので、同行した人は控え室で待機をします。
控室ではお茶やお菓子を食べながら故人との思い出を語ります。
お茶やお菓子は葬儀会社のスタッフや親族が配りますので、喪主や遺族が率先して配る必要はありません。

地域によっては、火葬中に一度斎場に戻って「精進落とし」という火葬後の会食をすることもあります。
斎場と火葬場が併設されている場合や、火葬場と斎場が近い場合はこのようなやり方をすることが多いです。

火葬が終わったら

火葬が終わると遺骨を骨壺に収める「収骨」を行います。
収骨の準備は火葬場の職員がしますので、遺族や親族は特に何もする必要はありません。
収骨時には以下のようなマナーがあります。

★収骨をする人の順番
収骨は故人と関係が近い人から行います。
焼香と同じように、遺族・親族・親しい知人、友人、の順番となります。

★収骨の順番
収骨をするときは、足から頭に向かって行います。
足から頭から向かって収骨していき、最後に喉仏を納めます。
どれがどこの骨なのかは、火葬場の職員が教えてくれますので指示通りに収骨します。
地域によって風習が違うこともありますので、それも火葬場の職員の指示に従いましょう。

★収骨は二人一組で
収骨をする際は二人一組になって、箸を使って行います。
この橋は一方は竹製で、もう一方は木製ですが、この習慣の由来には諸説あります。
・普段とは違う箸を使うことで、非日常の行為であることを表わすため。
・あらかじめ用意できなかった、つまり死を予期していいなかったため、不揃いな箸しか用意できなかったということを表わすため。
・違う箸を使うことで「決別」を表わしているため。

また、箸を使うのは火傷を防ぐ理由もありますが、箸を使うことによって個人の魂が死後の世界へ行くことができるように橋渡しをするという意味もあります。

精進落としでのマナー

火葬が終わった後は、通常「精進落とし」と呼ばれる会食が行われます。
精進落としは、あくまでも故人を偲んで弔う場です。
すべての式が終わり、気がゆるんで盛り上がりそうになりますが、あくまでも故人を供養するための会食です。
はしゃがず、静かに故人の思い出を語りながら食事をしましょう。

また、何らかの理由で精進落としに参加できない場合、喪主に何も言わずに帰るのは喪主に対して失礼に当たります。
必ず喪主に、故人へのお悔やみとともに精進落としに参加できないということを簡潔に伝えてから帰るようにしましょう。

まとめ

火葬場に同行するのは限られた人です。
そのため、火葬に立ち会ったことがある人はあまり多くないかもしれません。
マナーや準備しなければならないものなど、いろいろありますが、たいていは葬儀会社や火葬場のスタッフが準備してくれますし、わからないことは教えてくれます。
火葬に立ち会うときに一番大事なのは、マナー一つ一つを厳密に守ることではなく、故人を偲ぶ気持ちと遺族や親族の悲しみに寄り添う気持です。
火葬に立ち会う場合は難しく考えることなく、故人と遺族・親族のことを思いやりながら火葬場に同行しましょう。