増加する遺体安置の専用施設

~その理由とメリット、デメリットを詳しく解説~

日本では、死後24時間以上経ってから火葬をすることが定められています。
そのため、家族が病院や介護施設で亡くなると、火葬までのあいだ遺体を安置する必要が出てきます。
自宅に安置するのが一般的ですが、住宅によっては自宅での安置が難しい場合があります。
また、葬儀場の安置室での安置が難しい場合もあります。
そのため最近増えてきているのが、民間業者による遺体安置施設です。
そこで、遺体を安置する場所によるメリットやデメリット、民間の遺体安置施設を利用するときの注意点などについてお話ししたいと思います。

亡くなったあと遺体はどこに安置する?

人が亡くなると、遺族は通夜や葬儀の準備やそのほかの手続きに追われます。

もし、病院や介護施設で亡くなると、施設側は決められた時間内に遺体を移動する必要があります。その理由は、病院や介護施設、警察署の霊安室には遺体を長時間安置しておくことができないからです。そのため、遺体を別の場所に安置する必要があります。

亡くなったあとに遺体を安置する場所としては、
●自宅
●葬儀場やセレモニーホールの安置室
●民間の遺体安置施設
の3種類があります。

病院で亡くなったあとは自宅に帰るのが一般的でしたが、現在はさまざまな理由で自宅以外に遺体を安置することがあります。

では、自宅・葬儀場・民間の遺体安置施設、それぞれの場所への移動方法やメリットなどについてお話しします。

●自宅
遺体を自宅に安置する場合、遺族の自家用車で移動させることも可能ですが、葬儀会社に依頼して葬儀会社の専用車で移動するほうが安心です。
葬儀を執り行う葬儀会社が決まっている場合はその葬儀会社に依頼をしますが、決まっていない場合は病院や施設と提携している葬儀会社に依頼をします。

*自宅に安置するメリット
①故人が家で眠れる。
いったん自宅に帰ると、病院(施設)から自宅、自宅から葬儀場、と移動が増えます。
ですが、故人が病院や介護施設にずっと入っていると、「故人は家に帰りたかったのではないかな」と考え、遺族としては一度でいいから家に帰してあげたいと思います。
自宅に安置するのは、移動の手間が増えてもいいから最後は自宅で眠らせてあげたいという遺族の気持ちに沿ったものといえます。

②最後の時を落ち着いて過ごせる。
自宅だと遺族にとって落ち着ける場所で故人と最後の時間を過ごすことができます。
親族が来たとしても遺族にとっては勝手知ったる自宅ですので、おもてなしなどもしやすくなります。

*自宅に安置するデメリット
①広い部屋が必要。
自宅に安置する場合は仏間がある場合は仏間に、故人が過ごしていた部屋が残っている場合はその部屋に遺体を安置し、遺体が傷まないように冷房をかけます。
もし仏間や故人の部屋がない場合は、遺体が横になれるぐらいの広い部屋が必要になります。
そして、遺体が帰ってくるとすぐに葬儀会社との打ち合わせが始まりますので、打ち合わせをするための部屋も必要になります。
自宅の部屋数が少ない場合は遺体を安置する部屋がないことがあります。

②搬送が大変。
自宅がマンションなどの集合住宅の場合、エレベーターに遺体を乗せた担架が乗らなかったり、担架を持って階段を登れなかったりすることがあります。
自宅に帰りたくても搬送そのものが難しいと帰ることができなくなる場合もあります。

③弔問客の対応が必要。
家族が亡くなって悲しみに暮れていても、親族や近所の方、故人と親しかった方が弔問に来たら遺族はお茶やお菓子を振る舞う必要が出てきます。
場合によっては自宅の近隣に駐車場を確保しなければなりません。
遺族としてはそれどころじゃない心情だとしても、いろいろと手配をしなくてはいけなくなります。

●葬儀場の安置室
葬儀をする会場が決まっている場合は、病院や施設から直接葬儀場へ遺体を安置することができます。

*葬儀場に安置するメリット
①移動が少ない。
病院や施設から直接葬儀場へ移動してそのまま葬儀を執り行うと、移動の手間は最小限で済みます。

②自宅への移動や安置が難しいときに利用できる。
自宅の部屋数の問題で自宅に遺体が安置できない場合や、集合住宅で遺体の搬送が難しいときも葬儀場の安置室を利用すると良いでしょう。

③遺族が準備するものが少ない。
葬儀場に安置すると、親族や弔問客が訪れた場合でも遺族がお茶やお菓子を用意する必要がありません。
また、遺族が駐車場を確保する必要もありません。

●民間の遺体安置施設
民間の遺体安置施設とは最近増えている施設で、「遺体ホテル」とも呼ばれています。
病院や介護施設から遺体を移動させて安置し、遺体を何日か滞在させてくれる施設です。

*民間の施設に安置するメリット
①シンプルな葬儀をしてくれる施設もある。
遺体が何日か滞在できるだけではなく、そこでシンプルな葬儀を執り行ってくれる施設もあります。

②そこからさらに移動できる。
別の場所で葬儀をしたい場合や、その施設では葬儀ができない場合は遺体ホテルから別の葬儀場へ移動してくれます。

③ゆっくりと葬儀場を選ぶことができる。
遺体ホテルだと遺体を安置している間にゆっくりと葬儀場や葬儀プランを選ぶことができます。

④長期の保存も可能。
遺体安置施設によっては、エンバーミング(注)を施して遺体を長期間保存できるところがあります。また、損傷が激しい遺体を修復してくれる施設もありますので、事情によっては遺体安置施設に安置する方が良い場合があります。
(注)コラム/葬儀「エンバーミングの歴史と手順のご紹介」参照:https://shukatu-life.com/column?id=6)

*民間の施設に安置するデメリット
①費用がかかる。
遺体安置施設はホテルのように泊まった日数によって料金が変わります。
相場は1泊2万円ほどですが、エンバーミングを施した場合や葬儀を執り行った場合などは別途料金がかかります。
また、遺体安置施設が自宅から遠い場合は遺族の移動費や滞在費などもかかります。

②周辺住民の理解を得られていない場合がある。
遺体安置施設のなかには一般のホテルと同じ外観で一般のホテルとして建設されている施設もあります。
遺体を安置する施設だと言うと周辺住民が不快に思うのではないかという配慮からですが、実際には遺体の安置施設だということが知られて周辺住民による反対運動を起こされた施設も存在します。
そういった施設を利用すると少し後味のよくない思いをするかもしれません。
ですので、周辺の事情なども事前に把握しておくことが大切になります。

民間の遺体安置施設が増えている理由は?

最近、なぜ民間業者による遺体安置施設が増えているかというと、最近の葬儀事情によるものだと考えられます。
考えられる理由は以下のようなものです。

●火葬場や葬儀場が空いていない。
都市部では、火葬場や葬儀場の混雑が深刻化してきています。
火葬場が空くまで1週間ほど待つこともありますし、葬儀場の安置室が空いていないこともあります。
火葬するまで時間がかかる場合は自宅での安置が難しくなりますので、遺体安置施設に遺体を安置するほうが良い場合があります。

●オリジナルの葬儀に対する希望が増えてきているため。
葬儀は形式通りに執り行うのが一般的でしたが、最近は故人や遺族の希望を尊重した式が増えてきました。
そのため、葬儀自体をシンプルにしたいという希望や、従来の葬儀場以外の場所で営みたいという希望も増えてきました。
民間の遺体安置施設だと、その希望をかなえることができるためニーズが増えてきているのです。

民間の遺体安置施設を利用するときの注意点

最近増えてきている遺体安置施設ですが、施設によってサービスやルールに違いがあります。
そこで、遺体安置施設を利用するときに気をつけたいポイントについて解説したいと思います。

●管理方法や保存方法
遺体安置施設を選ぶときに一番大事なのは、どのように保存・管理をしていくかということです。
衛生面や遺体に対する基本理念などについて確認しましょう。

●料金
一泊いくらか、オプションにいくらかかるのか、など、料金について確認します。

●サービス内容、オプションについて
サービス内容は施設によって異なります。
以下の点を確認しましょう。
①エンバーミングをしてくれるかどうか。
遺体の安置が長期間になる場合はエンバーミングが必要となります。
エンバーミングに対応していない施設に安置した場合は、そこからまた別の施設に移動することになります。
何日安置するのかはっきりしていない場合は、長期の安置も可能かどうかを確認してください。

②遺体の安置のみか葬儀も執り行ってくれるのか。
施設によっては遺体を安置し、葬儀を執り行ってくれる施設もあります。
ですので、遺体の安置のみなのか葬儀も執り行ってくれるのかを確認しましょう。

③移動や送迎はどこまでか。
遺体を移動するときに亡くなった病院や施設まで送迎をしてくれるのか、送迎は別なのかを確認します。
送迎に対応していない施設を利用するときは、送迎の手段を確保する必要があります。

④面会ができるかできないか。
遺体を施設に安置した後、遺族が面会できるかできないかを確認しましょう。
エンバーミングを施し、長期にわたって遺族が面会できる施設もあります。
遺体を安置する期間や故人との間柄によっては、面会の可否が遺体安置施設を選ぶポイントになるでしょう。

●遺族の滞在先が確保できるか
遺体安置施設が自宅から遠い場合は、遺族の滞在先を確保する必要があります。
安置施設に遺族も一緒に滞在できるのか、できない場合は周辺に滞在先があるかどうかを確認しましょう。

まとめ

亡くなったあとの遺体は自宅に安置するのが一般的でしたが、住宅事情によって最近は自宅での安置が難しい場合も出てきました。
また、葬儀場の安置室や火葬場が混雑していることから、遺体を長期的に安置する必要もあるため、民間の遺体安置施設が増えてきています。
民間経営ですので、業者によってサービス内容が異なりますが、長期間にわたって安置できるようエンバーミングを施してくれたり、その安置施設で葬儀を行ってくれたりする施設もあります。
故人と遺族の希望に添えるサービス内容、基本理念を備えた遺体安置施設を選んで、安心して故人を見送りましょう。