無縁墓が急増する理由

~大切なことは生前から準備すること~

「無縁墓」と聞くと自分には関係ないと思う方もいるでしょうが、最近では家庭の事情や社会的な背景によって誰にでも起こりうるものになってきています。

そこで今回は、無縁墓が増えている理由や自分のお墓を無縁墓にしないための方法についてご紹介していきます。

無縁墓とは?

無縁墓が急増する理由

無縁墓とは管理や供養をされずに放置されたお墓のことを言います。

放置されたお墓は撤去され、その後は同じように無縁墓となった他のお墓の遺骨と一緒に合同で供養される事になります。

無縁墓が増えている理由

無縁墓が急増する理由

では何故、無縁墓が増えているのでしょうか?その理由は大きく分けて5つあります。

①お墓が遠くてなかなか行けない

家からお墓が遠いとお墓参りに行く事自体が大きな負担となってしまい、次第にお墓参りの頻度が下がっていくケースが多いです。

②気持ち的にお墓に行けない

家とお墓の距離が近い場合でも、お墓参りによって故人の生前を思い出し悲しい気持ちになるのでお墓参りに対して消極的になってしまうという事もあります。

③少子化による人口減少

少子化によりお墓を承継する人も次第に減りつつあります。また昔と比較して兄妹のいない一人っ子が増えているので、昔のように兄妹でお墓の管理を分担する事も難しくなってきています。

④高齢化によって管理の負担化

高齢者にとってお墓の管理は重労働なので、気持ちとは裏腹に体が付いていかず結果としてお墓参りが出来なくなってしまうという事も考えられます。

⑤価値観の変化

子供世代は親や祖父母世代と比べて、お墓や葬儀に接する機会が少ないので「お墓を守る」という意識も薄くなってきています。

お墓を無縁墓にしないためには?

無縁墓が急増する理由

お墓が無縁墓になるのが不安な方は次のような方法でお墓の管理の負担を減らす事が出来ます。

①改葬

今のお墓の墓石を、そのまま別の寺院や霊園に移す事を「改葬」と言います。お墓が遠方にありお墓参りが出来ない場合は、墓石を家の近くの寺院や霊園に移動させると負担が大きく減ります。

②墓じまい

「墓じまい」とは今のお墓を処分して違う場所に埋葬する事です。 墓石は遺骨を取り出した後に撤去し、遺骨は別の場所に埋葬するか、埋葬せずに別の方法で供養をします。

もし遺骨を別の場所に埋葬しない場合は、散骨と言って粉状にした遺骨を故人が好きだった場所や思い出に撒く事が一般的です。

また最近は、寺院や霊園が遺骨の管理と供養を行う永代供養墓も普及しつつあります。永代供養ではお墓の承継人を決めたり墓石を用意する必要がないですし、宗教や宗派を問わず誰でも利用出来ます。

とはいえ散骨も永代供養も、供養した後は遺骨を手元に戻す事は出来ないので、将来的にお墓を再建する事を考えている人は利用を避けましょう。

その場合、遺骨は手元で保管する事になるので手元供養もオススメです。手元供養とはお墓から取り出した遺骨を小さな骨壷に入れて最低限の形式で供養する方法です。他と比べると質素になりますが、安価で揃える事が出来ますし、お参りも家で好きな時間に出来るので、忙しい現代人に向いています。

墓じまいや改装をする前に気をつけること

無縁墓が急増する理由

お墓の管理が難しくなった場合は墓じまいや改葬によって管理の負担を減らす事をオススメします。

ただ墓じまいや改葬をするためには手続きが必要ですし、場合によっては管理料やお布施などのお金がかかりますので、事前によく調べましょう。

またお墓は家族や親族にとって思い入れの強い物である場合が多いので、自分の一存で決めてしまうといざ墓じまいや改葬をする際にトラブルに繋がる事もあります。

なので、お墓に関わる人たちと話し合い、全員が納得できる形を見つける事が大切です。