知っておきたい永代供養の家族墓

~そのメリットと注意点を詳しく解説~

知っておきたい永代供養の家族墓

お墓の後継者がいない場合に、永代供養を依頼する人が増えています。
永代供養は故人ひとりに対してですが、今までのお墓や家族全員で入るお墓の供養と管理を依頼することもできます。
それが「永代供養の家族墓」です。
永代供養にも様々な形があります。
そこで、永代供養を依頼する前に準備することや気をつけることなどについてお話したいと思います。

永代供養を依頼しないとどうなる?

お墓は定期的にお参りや掃除をしてきれいに保ちます。
ですが、お墓に行ける人がいなくなると、お墓の周りに雑草が生えたり、お供え物やお花がそのまま置きざりにされたりしてお墓自体が目に見えて荒れていきます。

お墓の管理がなされていないことはお墓の見た目でもわかりますが、管理費が納められているかどうかでもわかります。

通常は寺院や霊園に管理費を納めますが、その入金がなされなくなると、墓地の管理者は法律に従って官報に記載します。
そして、1年間は家族や縁故者などが現われるのを待ちます。

1年待っても誰も現れない場合は、そのお墓は無縁墓となり、墓地の管理者がお墓を処分します。
遺骨を取り出してお墓を撤去し、遺骨は合同墓に納められることになります。

お墓になかなか行けないでいるうちに先祖代々のお墓がなくなってしまうことは、とても残念ですし避けたい事態でもあります。

そんなことにならないように、今後お墓をどう管理していくか話し合う必要も出てくると思います。
自分の代で後継者がいなくなるとわかっている場合や、子供にお墓の管理の負担をかけたくない場合などは寺院や霊園に永代供養を依頼するのも良い方法だと思います。

永代供養とは?

永代供養とは、寺院や霊園が故人を供養したりお墓の管理をしたりすることを言います。
一般的にはお墓の後継者がいない場合や、後継者がいても遠方に住んでいてお墓の管理ができない場合などに永代供養を依頼します。

ただ、今あるお墓の後継者がいない場合、お墓はそのままで管理だけを永代供養に切り替えることはできません。
一般的なお墓は代々引き継ぐことが前提となっているため、後継者がいなくなったからといって寺院や霊園が供養と管理をそのまま引き継いでくれるわけではないのです。

ですので、一般的なお墓を永代供養にしたい場合は墓じまいをしたりお墓から遺骨を取り出したりして、永代供養に対応している寺院や納骨堂に納骨し直す必要があります。
墓じまいとは、墓を撤去して遺骨を取り出し、墓地を更地にして墓地を寺院や霊園に返還することです。
墓じまいをするためには、1立方メートル当たり約10万円の費用がかかります。
また、墓じまいに際して供養や手続きをする必要もあります。
そして、墓じまいをしてから永代供養をしてくれる寺院や霊園を探して新たに納骨をします。

永代供養には大きく分けて二種類あります。
①単独墓型:一般の墓と同じように個別の墓石を建てて納骨します。
②合祀型(合同墓):最初からほかの人と一緒に埋葬されます。

単独墓を建てて個別に永代供養を依頼した場合でも、一定の期間を経た後は他の人と一緒に埋葬されることになります。

なぜなら、永代供養は永久的な供養ではないからです。
永代供養では、十三回忌、十七回忌、三十三回忌、五十回忌までと期間を決めてそれが過ぎたら合同で供養や管理をされることになります。
そこが「永久」ではなく「永代」と言われる所以なのですが、それは日本の宗教観がベースとなっています。

日本では、故人の霊魂は、四十九日間はこの世にとどまっていると言われています。
四十九日を過ぎて成仏したあとは、個人の人格として存在しますが、この個人の人格は33年または50年で消滅して人格のない霊魂「祖霊(祖先の霊)」になります。
なので、四十九日法要で成仏を願い、三十三回忌または五十回忌の法要をもって弔い上げとします。

弔い上げをした後は個人の人格を持たなくなるため、合同墓に納骨して供養をしていくことになります。
なので、合同墓で供養することに関して寂しさや心苦しさを感じる必要はありません。

ただ、合同墓に納骨されると二度と個別に遺骨を取り出すことはできなくなります。
将来的に誰かが管理できるようになったとしても、遺骨の返却はできませんので注意が必要です。

永代供養の費用

永代供養を依頼する場合は、依頼する先や供養の仕方などによって変わりますが、一般的なお墓を新しく建てて管理していくよりも費用は安くなります。

一般的には最初に払う永代供養料10~150万円ほどです。
それに追加で払う場合があるのは以下のような項目です。

・個別に建てる場合の墓石代:120~200円程度。
・管理費、年会費:数千円。
・法要のお布施代※個別で法要を希望する場合は、お布施代が必要となることがあります。
お布施の相場は3~10万円程度。
・戒名料※永代供養料に含まれていない場合は支払う必要があります。
料金の相場は2~100万円程度。
・位牌の作成費※個人や遺族の希望で作る場合は作成費がかかります。
料金の相場は1~5万円。

一般的には、合同での永代供養のほうが個別での供養より費用は安く抑えることができます。
予算と合わせて、家族や親族や故人が納得できる形で永代供養の方法を選ぶと良いですね。

永代供養の家族墓

永代供養は通常、一人分のお墓を建てるか一人だけを合同墓に納骨するか、のどちらかになりますが、一人だけ別のお墓に入るのは辛いものです。
やはり家族と同じお墓に入りたい場合は、永代供養の家族墓を選びましょう。

永代供養の家族墓に入ることができる「家族」に関する制約は特にありません。
なので、夫婦と子供以外、兄弟姉妹の関係でも家族墓に入って大丈夫です。
家族単位で永代供養を依頼できるため、最近は永代供養の家族墓を選ぶ人が増えてきています。

永代供養の家族墓を選ぶ人は、
・みんなで家族の墓に入るけど、後継者がいないため、お墓ごと供養と管理をしてほしい人。
・後継者はいるけど、遠方に住んでいるため管理やお参りの負担をかけたくないと考えている人。
などです。

さまざまな事情でお墓の管理が難しい場合は、今あるお墓を墓じまいしてから永代供養の家族墓を選んだり、これから新しくお墓を建てる人が永代供養の家族墓を選んだりしています。

自分のお墓や先祖代々引き継いできたお墓が、いつしか荒れ果てて無縁墓になるのはやはりつらいことですから、生前に決めて対処すると良いですよ。

永代供養の家族墓の種類

永代供養の家族墓にはいくつか種類があります。

①寺院や霊園の納骨堂

寺院や霊園のなかに設けられている専用の遺骨安置スペースです。
様々なタイプの納骨堂がありますが、家族で利用できるのは以下の3種類です。

・ロッカー式

ロッカーのような棚に骨壺を納めます。
1~2人用が主流ですが、4人程度で利用できるものもあります。
納める人数によりますが、費用は30~100万円程度です。

・自動搬送式

「マンション型のお墓」と呼ばれているタイプです。
屋内に参拝スペースがあり、参拝カードをかざすと奥から遺骨を収納した厨子が搬送されてきます。
8体まで納めることができて、費用は70~120万円程度です。

・仏壇式

仏壇の下に納骨をします。
脳小スペースがもっとも広くて10体以上納骨できるものもありますが、費用ももっとも高くなります。
150~200万円ほどかかりますが、仏壇とお墓を一緒に新たに買うより費用は安く抑えられます。

②樹木葬

樹木葬は墓石の代わりにシンボルツリーを植える埋葬方法で、基本的には永代供養となります。
墓石を建てないため、費用が比較的安いので人気の高い埋葬方法です。
人数に制限があり先祖代々のお墓を丸ごと納骨するのは難しい場合もありますが、夫婦や夫婦と子供だけなら依頼が可能です。

③永代供養付きの一般墓

一般的な墓と同じように墓石を建てて納骨し、管理者に永代供養を依頼するお墓です。
納骨堂や樹木葬と比べると、今までのお墓のイメージに近いため抵抗感なく受け入れられる方法ですが、この方法をとっている寺院や霊園はまだ少ないのが現状です。

永代供養をするときの注意点

お墓の後継者がいない場合や、子供の負担になりたくないと考えた場合などに選ばれるのが永代供養ですが、依頼をするときにはいくつか注意する点があります。

・親族の合意を得ること。

永代供養をすると、一定の期間を経ていずれは合同供養となります。
合同供養となり、他の人と一緒に納骨されると個別に遺骨を取り出すことができなくなります。
後継者がまったくいない場合は問題ありませんが、他の親族がいる場合は将来的にその人が管理をしていくことができるようになるかもしれません。
そのときに遺骨が取り出せない状態だったとしたらトラブルに発展しかねません。
遠い続柄だとしても親族がいる場合は、いずれは遺骨の取り出しができないことについて説明をしたうえで永代供養の合意を得ることが大切です。

・生前予約をした場合は家族にきちんと話しておくこと。

自分の代で後継者が途絶える場合や、子供に引き継がないと決めた場合などに永代供養の生前契約をする人もいます。
生前契約をしていたのに誰もそのことを知らず、別の墓地や霊園に納骨してしまうことのないように、生前契約をした場合は家族にきちんと伝えましょう。

まとめ

お墓参りができずにいると、心苦しい思いをし続けることになります。
また、自分がいなくなった後にお墓がどうなるのかを考えると物寂しい気持ちになることもあるかと思います。
お墓に関しては、宗教は人の死が関係していますので、あまり適当なことをするわけにもいきません。
先祖がみんな入っているお墓でも自分一人のお墓でも、管理が難しいお墓に関しては永代供養で問題が解決することもあります。
家族や親族との話し合いなども必要になりますが、みんなが納得できる形でお墓の管理をしていけるようになることを祈っています。