楽しい終活ライフ「残りの人生を田舎で暮らす勇気とその方法」

~憧れの田舎暮らし、そのメリットとデメリットを知って自分に合った老後を考える~

楽しい終活ライフ「残りの人生を田舎で暮らす勇気とその方法」

都会は便利で楽しいところですが、都会のスピード感に疲れを感じることもありますよね。

今、「定年退職したら、田舎でのんびりしたいな」と考える人が増えてきています。
若い世代だけではなく、シニア世代にも増えている田舎への移住ですが、実際に移住をするときには気をつけなければいけないポイントもいくつかあります。
そこで、田舎暮らしのメリットやデメリットも合わせて、田舎暮らしについてお話ししたいと思います。

憧れの田舎暮らし そもそも田舎って?

「田舎」は「都会」の対義語とされています。
一般的には自然の多い地域を「田舎」と言いますが、一口で田舎といっても地域によってその特性はさまざまです。

日本海側と太平洋側、北海道と沖縄では気候も風土もまったく違います。
冬の日本海側は雪や雨が多く寒くて湿度が高いですが、太平洋側は冬でも雪は少ないけど乾燥しがちです。
北海道は雪がたくさん降る寒い地域ですが台風被害は少なく、沖縄は雪はあまり降りませんが台風被害に遭いやすい地域です。
田舎に移住するといっても気候によって生活が大きく左右されますので、老後に移住する場合は移住先の選定がとても大切になります。

田舎暮らしのメリットとデメリット

では、実際に田舎に住んだときのメリットとデメリットについてお話ししましょう。

●メリット

①自然が多い。

田舎暮らしの最大のメリットは、なんといっても自然が多いことです。
きれいな空気や広大な山、たくさんの植物など、田舎には自然がたくさんあります。
実際、自然を感じるとストレスホルモンが減少するとも言われています。

私も田舎に住んでいますが、窓の外にいくつもの山が見えますし、少し車を走らせると海に着きます。
夜になると車の音はあまり聞こえなくなり、雨の日にはカエルの鳴き声に包まれながら眠ります。
自然いっぱいで、たしかに目や匂いで癒されている部分はたくさんあります。

また、自然の多い田舎では、自分で畑を持つこともできますので、実際に自分で野菜を育てて収穫することもできます。

②家に関する費用が安い。

とりたてて物価が安いわけではありませんが、住居に関する費用が格段に安いのが田舎です。
賃貸物件の家賃も安いですし、家を建てるための土地代も都会とは比べ物にならないぐらい安いです。
田舎に移住するときにまず準備するのは住むところですし、いちばんお金がかかるのも住むところです。
その費用が安く抑えられるのは田舎ならではのメリットです。

③人間関係が濃い

都会と比べると、田舎では「隣の人が何をしているか全然わからない」ということはあまりありません。
田舎では町内会やその地域での老人会などの活動が盛んなので、地域の人を尋ねたり一緒に何かをする機会がとても多いのです。
また、自分の畑を持っている人も多く、旬の時期には近所の人に野菜をお裾分けしたりもします。
そのお裾分けを通じて仲良くなったりもします。
なので、田舎で寂しいと感じたり孤立したりするといった不安はあまりないでしょう。

●デメリット

①車が必需品である地域が多い。

田舎は都会と比べて交通の便があまり良くありません。
バスと電車の連絡が悪かったり、最寄りの駅までがそもそも遠かったりもするため、公共交通機関の使い勝手はいいとは言えないでしょう。
また、病院や買い物に行くためのお店が遠いこともありますので、田舎では車は必需品となります。
田舎では車がないと行動範囲が極端に狭くなることがあります。

車は、まず買うときにお金がかかりますが、維持するためにもお金がかかります。
ガソリン代や車検代、地域によってはスノータイヤを買う必要もあります。

もし、今現在車を持っているとしても高齢になってきたらいずれは運転免許証を返納することになるでしょう。
そうなったら、田舎では自分の子供に病院まで送迎してもらったり、その都度タクシーで移動したりします。
どこかへ行きたいときに気軽に頼める相手がいなかったり、毎回タクシーを使えるお金が無かったりすると、田舎では通院もままならないこともあるのです。

都会のように電車でどこでも行けるというわけではないということ、免許証を返納したら不便になるのが田舎です。

②医療設備や介護設備が充実していない。

地域によっては病院や介護施設が充実していないこともあります。
何かあったときに大きな病院へ搬送するのに時間がかかったり、普段の通院でも遠くまで行かなければならなかったりもします。
また、介護に関しても、望むサービスを受けられない可能性もあります。
現在、持病を持っている場合や、将来の介護に関して不安を持っている場合は、移住する先を慎重に選ぶ必要があるでしょう。

③人間関係が濃い。

田舎の人間関係が濃いのは、メリットでもありデメリットでもあります。
嫌でも町内会の活動に参加しなきゃいけなかったりしますし、時に近所の目が「監視」と感じることもあります。
田舎でよく聞くのは、「車がずっと停まっているけど、今日は休み?」と声をかけられたり、「○○ちゃん、自転車に乗れるようになったか?」と言われたり、「どこの高校を受けるの?」と言われたりするという話です。
正直、放っておいてほしいと思うことも詮索されたり、「よく見てるな…」と思ったりすることも多いのです。
都会の人間関係も疲れるかもしれませんが、田舎の人間関係もなかなかです。
濃すぎる人間関係が苦手な人は、田舎暮らしを窮屈だと感じることもあるかもしれません。

④自治体にとっては、定年後の移住は歓迎されていない。

今、地方の多くの自治体で県外からの移住者に対する支援を行なっています。
仕事、住居、子育てなど、様々な分野で自治体による支援や援助を受けることができるのです。

ただし、これは若い世代に対してのことであり、支援を受けるには年齢制限があったり、条件があったりするのです。
それは、若い世代が地方に移住して仕事をして子供を育ててくれたら自治体が発展していくからです。
高齢者が移住してきたら、医療費や介護給付金などの出費がかさみ、若者や自治体に負担がかかるだけです。
自治体にとっては、若い世代の移住はうれしいけど、リタイア後の高齢者の移住はあまりうれしいものではありません。
そのことは、少し自覚する必要があります。

⑤仕事が見つかりにくい。

田舎では若者の仕事もあまりないことがあります。
シニア世代の仕事となるともっと見つかりにくいのが現状です。
年金だけで暮らすのが難しくて仕事を探そうとしても、希望の条件に合う仕事が見つかるとは限りません。
今まで就いたことのない仕事や、望んでいない仕事をすることになることもあるでしょう。

田舎暮らしをする前に気をつけること

最後に、田舎暮らしをする前に気をつけることについてお話しします。

①プランをしっかり立てる。

田舎でどんな生活をしていきたいか、何を最重視するか、どんな点なら妥協できるか、など、しっかりプランを立ててから移住先を決めることが大切です。
自然はあるけどある程度便利なところがいいか不便でもいいか、
田舎に移住してからも仕事をしたいか仕事はしないのか、
寒くでも大丈夫か寒いのは絶対イヤか、
プランもなく「なんとなく」とかイメージだけで移住先を選ぶと、のちのち「こんなはずじゃなかった…」と思うことになります。
都会を引き払って移住してから後悔しては遅いので、移住する前にプランをしっかり立てましょう。

②情報収集をしっかりとする。

田舎への移住に対してある程度のプランを立てたら、情報収集をしましょう。
住んでみたい自治体の施設や設備、自治体ごとの特色など、生活に関わる情報をたくさん集めましょう。
実際に住むとしたら生活費としてどれくらい必要なのか、何かあったときにどうするか、など、プランを具体化していくためにも情報収集はとても大切です。

③何度か足を運ぶ。

住んでみたい地域が見つかったら何度もそこに足を運んでみることがおすすめです。
気候が自分に合っているのか四季を通じて自分の肌を通じて感じることや、住んでみたい住宅地の雰囲気、病院やスーパーなどがどれぐらいの距離にあるのかなどを自分の目で見ることがとても大切です。

④自分の家族や友達に会いやすいかどうかも考慮する。

移住先は、息子・娘夫婦や孫、親戚や友達と行き来しやすい場所かどうかも考えながら決めましょう。
家族や友達と行き来のない老後は寂しいものです。
また、何かあったときに駆けつけにくいとなると、遠くに住む家族としては心配だし不安です。
田舎に移住するとしても、お互いに行き来がしやすい場所を選ぶと安心です。

⑤田舎に幻想を抱きすぎないこと。

都会の生活や人間関係に疲れたときに、現実逃避として田舎暮らしを考えるのはあまり良くありません。
田舎に行くだけで疲れがすべて癒されたり、悩みがすべて解消されたりするわけではないからです。
田舎の人たちがみな温かく接してくれるとは限りませんし、自然は時として厳しく、便利な生活に慣れていると田舎は不便です。
田舎にだって思い通りにならないことはたくさんあります。
田舎に行ったら今の悩みやトラブルがすべて解決できるとは思わないほうがいいです。

⑥田舎には田舎の良さがある。

田舎にはデメリットもありますが、メリットももちろんあります。
私はずっと田舎に住んでいますが、ずっとここで暮らしたいと思っています。
流行りのお店は何もありませんし、車がなければどこにも行けない、不便な田舎です。
だけど、車で少し走れば川があり山があり、反対側へ走れば海にも行けます。
私の母親は畑を持っていて、旬の野菜を年じゅう食べることができます。
近所の人に見守られるように子供は育ち、四季を通じて自然の中で子供は遊んでいます。
子育てにいい町は、シニア世代にもいい町なのかもしれません。

まとめ

田舎への移住は、メリットもデメリットもあります。
地方によって気候や慣習が違いますので、移住先は慎重に考える必要があります。
都会の暮らしに慣れていると田舎は不便に感じることも多いでしょう。
ただ、田舎には田舎ならではの良いところもたくさんあります。
田舎でどんな生活をしたいのか、ビジョンとプランをしっかりさせて探せば、きっと理想の田舎が見つかりますよ。