後継ぎがいない方の納骨堂選び

~後継ぎがいない方には納骨堂はいい選択肢かもしれません~

後継ぎがいない方の納骨堂選び

跡継ぎと納骨堂の関係

納骨堂は見た目こそ一般墓と比べて大きく違いますが、根本的な仕組みは一般墓とよく似ています。しかし注意心ければならない幾つかの点もあるので、しっかりと把握してから選ぶようにしましょう。

①維持管理費用

納骨堂にも管理するお寺や寺院があり、土地やその周囲を管理するための労力や費用が発生します。
そのため、永代供養墓のような契約方法と納骨方法でない限り、毎月や毎年単位で費用を払う必要があります。
費用の支払いや契約を維持する立場に後継者や遺族がなることがほとんどという部分も一般墓と同じで、支払いが滞ってしまった場合には永代供養墓に合祀されることもあるという点も同じです。

②檀家でなくても無宗派でも大丈夫という所も多い

納骨堂の多くはお墓特有の檀家や宗派といったしがらみに関係なくお骨を受け入れてくれます。
そのため、納骨のために長い期間お寺とお付き合いをする必要もなければ、受け入れを宗派の関係で断られることも無いので、気軽に利用できるという特徴が人気の理由にもなっています。

③基本的には期間を定めて利用するもの

納骨堂は本来、お墓に入る前にお骨を一時保管するために利用するものという考え方もあることから、納骨堂を永代利用するということはどちらかといえば例外にあたります。
そのため、後継者がいないなどの理由で遅かれ早かれお墓を撤去することが決まっている人には、合祀を前提としている納骨堂はぴったりな選択といえるでしょう。
利用期間はプランによって様々ですが、三回忌と十三回忌と三十三回忌の節目となる時期まで納骨してもらい、供養を行ってから合祀に移すというやり方をする例が多いです。
事前に料金をまとめて払うことで、後継者がいなくてもそういった利用方法が可能という場所も多いです。

では後継者がいない場合はどうすれば良いのか?

一般墓は長い期間にわたって維持管理をするもので、子や孫がいる場合には一族で代々受け継ぎながら同じお墓に納骨していくというのが一般的な考え方です。
納骨堂もそういった部分は同じため、後継者がいないということは一般的な考え方とは異なる部分といえるでしょう。
納骨堂を跡継ぎがいない状態で探す場合には、どういった部分に気をつけるといいのかを紹介します。

①基本的に後継者がいなくても大丈夫

納骨堂は本来、お墓をまだ立てていない人が一時利用したり、お墓を建てる予定の無い人が安価な納骨方法として利用してきたという背景があるため、後継者がいないと利用できないということの方が少ないです。
ただし、後継者がいないということは永代利用ができないことになるので、最終的には永代供養墓に合祀されることになるというのは頭に入れておきましょう。

②しかし後継者がいないからといってすぐに永代供養墓に合祀されるわけではない

一般墓にも期限付き墓という形で、期限を設けてお墓を建てられるプランがあるように、納骨堂にも期限付きでの利用方法が存在します。
期限付き墓はややマイナーなやり方ではありますが、納骨堂はそもそも一時利用が基本であったことから、特に珍しい使い方ではないのでどの納骨堂でも安心して利用することが可能です。
一般的な利用方法であることから、プランも豊富に用意されてることが多いため、既に後継者がいないことが確定している場合には、納骨堂の方が計画が立てやすい場合も多いでしょう。
事前に一定期間分の費用を前払いしたうえで、納骨までの手続きの準備まで済ませることができれば、自分が亡くなった後の納骨から、最終的に永代供養墓に合祀されるまでの準備が完了したといえる状態になります。

後継者がいない方にとっての納骨堂の今後は?

日本では後継者がいない方が増加傾向にあります。
理由には少子高齢化や過疎化や核家族化などといった社会的な問題が複雑に絡んでいますが、少なくとも現時点で40代の生涯未婚率が2割に到達していることからも、これからますます後継者のいない人とお墓に関する問題が大きくなっていくことが予想されます。
後継者がいない方が増えていく中、納骨堂はこれからどういった存在になっていくのかを紹介します。

①納骨堂も立派な選択肢の1つになっていく

現在ではまだ、納骨堂というのは「お墓に入る前のお骨を一時保管するための場所」と考える人が少なくないことから、納骨堂を利用することに抵抗感が無いとは言い切れません。
しかし、ライフスタイルや考え方が時代とともに変化してきたことで、納骨堂を利用する人も増え、それに合わせて納骨堂も様々なサービスを展開してきていることから、ますます進化していくと考えられます。
これから先、こういった流れは継続すると見られているので、いずれは納骨堂もお墓選びの立派な選択肢の1つとして考えられるようになっていくでしょう。

②納骨堂が増えていることも追い風に

納骨堂は人気の高まりに合わせるようにして、全国各地で増えてきています。
多くの納骨堂が存在するようになることで、それぞれの納骨堂がアイデアやサービスなどで競争をするようにもなってきています。
こういった流れは、今後後継者がいない人が増えていくことが予想されているという部分にもからんでいくでしょう。
後継者がいない人向けのサービスを充実させる納骨堂が増えれば、それだけ私たちにとっても選択肢が増えるということです。

跡継ぎがいない人が納骨堂を選ぶために必要な準備

跡継ぎが見つからないもしくは既に離れ離れになっている場合には、跡継ぎとなってくれる人を探すという方法もあります。
しかし、現実的に跡継ぎがいない状況でできる選択肢を考える必要もあるでしょう。
そういった場合には納骨堂は適切な選択となる可能性が高いので、考えてみることは有意義です。
納骨堂を跡継ぎがいない状況で選ぶ場合にやっておくべき準備をいくつか紹介します。

①早目の準備開始を心がける

納骨堂は種類がいくつかあり、機械式やロッカー式など見た目や構造が大きく異なるものもあります。加えて契約内容もプランが複数あることも珍しくないため、これらを比較しながら熟慮するには時間が必要になるでしょう。
実際に現場の雰囲気を確認したり、お墓参りに来てくれる人などの親しい人との意見交換をしたり、一般墓での期限付き墓との比較をしたりと、時間をかけて行うべきポイントはいくつもあります。
気に入った納骨堂があれば生前購入も可能なので、ぜひ利用しましょう。
後継者がいない以上、自分自身がしっかりと選択しないといけないという自覚を持って、準備を進めるようにしましょう。

②期限を設けてもらう場合にはそれだけの費用を準備すること

納骨堂にもそのまま永代供養墓に入るという選択肢があり、それがおそらく最安値の選択肢になるでしょう。
しかし、一時的に自分のスペースを用意してもらったり、3回忌などの節目の時までそれを維持してもらうなどのオプションを追加していく場合、後継者がいないという部分が理由で、お金を事前に支払う必要がでてきます。
こうなると、スペースを買う費用に加え、一定期間分の維持管理費もまとめて支払う必要がり大きな出費になるので、準備が必要になります。

終活で納骨堂を探している方への提案

終活においてお墓選びは重要なポイントに1つになるため、しっかりと考えて納得できる答えを出せるようにすると安心感が増します。
納骨堂を選ぶつもり、もしくは選ぼうか迷っている人にできる提案をいくつか紹介します。

①まずは責任と自覚を持って行動を

後継者がいない中終活を行っている人はまず、自分自身やその周囲のことを、しっかり責任を持って片付けるという意識を持ちましょう。
歳をとるにつれて自身の判断能力や身体機能が低下してしまう可能性もあることから、いつまでも余裕があると思わないというのが重要です。
しっかり腰を据えて熟慮すれば、おのずと満足のいく選択ができるようになります。

②後継者がいないことをまず伝える

後継者がいるかいないかでお墓の事情は大きく異なってくるため、相談をする時などには率先してその点を伝えることから始めましょう。
納骨堂の多くは後継者が必要でないので、恥ずかしがったり隠したりすることは不要ですし、近年はそういった状況の人が増えてきているため、特別だとか例外だという心配もないといっていいでしょう。

③重点を置きたいポイントを絞る

納骨堂にはまず複数の種類があります。これに加えて見た目や納骨期間などの条件も重なってくると、かなり豊富な選択肢の中から選べるという反面、目的が発揮知りない状態では選ぶ決め手に欠けやすいことにもつながります。
価格や場所以外にもこだわれるポイントがたくさんあるわけですから、なにかこだわりを持って選ぶことができれば、満足度を高めることができるでしょう。

④お金の用意をしっかりと

後継者がいない状態で納骨堂を利用する場合、ほぼ間違いなく費用の支払いは生前になります。
お金の用意もできるだけ早い段階で済ませておくことが望ましいです。

まとめ

①納骨堂は後継者がいなくても大丈夫

納骨堂のほとんどは、後継者がいなくても宗派がどうであっても受け入れてくれます。
お墓選びにおいて後継者がいないというのは大きな悩みの種になりがちですが、納骨堂を選ぶ場合にはそこまで問題に感じる必要は無いので、安心して選ぶことができます。

②早め早めに準備を開始すること

後継者がいないということは、お金や契約などを自分自身でしっかり計画して管理しないといけないということですので、時間をかけて満足のいく選択ができるようにするのが望ましいでしょう。
本格的に終活を考える年齢になってくると、身体能力の衰えや判断能力の低下といったリスクも現実的になってくるため、時間や労力の余裕もシビアになってきます。
納骨堂は生前購入を受け付けている所も数多く存在するため、早くから吟味して気に入った場所であれば手続きを済ませてしまうのも有効でしょう。
お墓選びの心配が無くなれば、それだけ日々の生活においても余裕ができるという大きなメリットもあります。

③納骨堂の豊富な種類をよく理解すること

納骨堂には運営している団体、納骨スペースの形態、契約内容の3つのポイントにそれぞれ複数種類が用意されています。
特に納骨スペースの形態は5つにも分かれていて、それぞれ大きく見た目や機能が異なります。
納骨堂によって同じような種類であっても、その周囲の環境などに様々な違いがあるため、よく理解した上で納得のいくものを選べるようにするには、それだけ情報収集が必要になります。