知っておきたい郊外型霊園の選び方

~その特徴やメリット・デメリットを詳しく解説~

知っておきたい郊外型霊園の選び方

はじめに

かつて「死」にまつわることは公に話題にすることではなく、準備しておくものでもありませんでした。しかし近年では、自分の葬儀やお墓についての希望をエンディングノートに書き残したりお墓の生前契約をしたり、終活の一環として積極的にお墓のことを考える人が、特にシニア世代に増えています。
残された身内に迷惑をかけないように生前整理をして持ち物をコンパクトにし、思い出作りをするなど、人それぞれの終活のしかたがあります。生前にしておきたいことはたくさんあることでしょうが、中でもお墓に関することは慎重に決めておきたいものです。なぜなら、お墓は高額な費用がかかることに加えて、一度決めると移転することは簡単ではないからです。
この記事では、都心部から離れた自然豊かな土地に造られる「郊外型霊園」について、その特徴やメリット・デメリットを解説してゆきます。

霊園の分類

運営母体による分類
まず、墓地・霊園はどのようなタイプがあるか、その分類を見てゆくことにしましょう。
墓地や霊園は、運営形態でわけると「寺院墓地」「民間墓地・霊園」「公営墓地・霊園」の3種類になります。

寺院墓地

管理・運営は寺院、神社、教会など宗教法人となります。墓参りと法要が同時にできる、管理がしっかりしているという利点があります。ただし寺の場合は檀家になること、宗旨宗派に従うことが前提ですし、石材店を指定されることもあります。また、将来墓じまいをする際に離檀料を支払わなくてはいけない場合もあります。

民間墓地・霊園

主に石材業者が開発・販売し、管理するのは宗教法人です。墓石は好みのものが選べる、宗旨宗派を問わない、生前購入ができるなど、民間墓地・霊園は自由度が高いところが魅力です。ただし、石材店はほとんどの場合指定されているので、自分で選ぶことができません。

公営墓地・霊園

地方自治体が管理・運営を行っています。墓石は自由に選べる、宗旨宗派を問わない、石材店も指定されず、料金が安いというメリットがあります。反面、申し込みにはその自治体の居住者で納骨していない遺骨があることという条件があり、しかも希望者が多く競争率が高いのが公営墓地・霊園の難点です。
以上のように、まずはどこが管理・運営しているかによって3つのタイプにわけることができます。

立地による分類

さらに立地で分類すると、「郊外型霊園」と「都市型霊園」の2つにわけられます。この記事では、郊外型霊園について解説してゆきますが、その前に都市型霊園との比較をしてみましょう。

郊外型霊園

① 規模-広大な土地に造られた大規模な霊園が多い
② 交通-都市部や主要駅から移動に時間がかかる場所に多い
③ 環境-海や山が近いなど豊かな自然の中に造設されることが多い
④ 施設-売店、レストラン、休憩所、法要を行うホールなどが完備していて広い駐車場を持つところが多い
⑤ 墓所使用量-比較的求めやすい価格

都市型霊園

① 規模-土地が限られているため小規模な霊園が多い
② 交通-都心部に近く交通の便、アクセスがよいところが多いが車の場合は駐車場が限られることがある
③ 環境-場所によっては緑地などがあまりない
④ 施設-敷地が限られているため充実していないところもある
⑤ 墓所使用量-割高になる

以上のように簡単に比較してみると、郊外型は「自然の多い広大な敷地にあり、施設も充実していて費用も安いが墓地まで遠い」のが特徴、一方都市型の場合は「都心部から近くアクセスはよいが土地に限りがあるため施設はあまり充実しておらず、費用は地価を反映して高くなる」のが特徴といえます。
郊外型霊園と都市型霊園の比較でイメージをつかんでいただけたと思いますので、郊外型霊園について具体的に説明してゆきます。

郊外型霊園のメリット・デメリット

郊外型霊園は霊園そのものが自然の中に造成されることが多く、お墓参りにレジャー的な要素を加えた、快適な環境にあるといえます。ただ、自然環境の中にあるということは、車がない人にとってはアクセスが不便などの問題もあります。郊外型霊園のメリットとデメリットをご紹介しますので、お墓を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

郊外型霊園のメリット

自然が豊富なロケーション

郊外に墓地・霊園を造設することのメリットのひとつに、海や山の自然の近くにあるという点があげられます。参拝者は訪れるたびに広大な自然に触れることができ、お墓参りが義務ではなく楽しみになることもあります。眺望のよい丘陵にあり海が見下ろせる場所に造られた霊園、富士山をはじめとする日本の名山が見渡せる場所に造られた霊園などがあり、自然を好む人には人気の立地にあるのが郊外型霊園です。

霊園内の施設が豊富

郊外の霊園であれば、かなり広大な土地を有している場合が多いため、墓地のほかにさまざまな施設が用意されています。例としては、霊園内に法要ができるホール、レストランや売店があり、手ぶらで行っても現地でお墓参りに必要なものを購入できたり、休憩したり食事をしたりする施設などが整っている霊園が多く見られます。子連れの家族に喜ばれる遊具のある公園があったり、ペット連れの人でも困らないようにドッグランがあったりする施設もあります。施設の充実度という点では、郊外型霊園はバラエティに富んだサービスを提供していることが多く、お墓に行くことが義務的にならず、楽しんだりリラックスできたりというメリットがあります。

豊富なバリエーション

郊外型霊園はほとんどが民間霊園です。民間霊園では、お墓のタイプを多くのバリエーションから選ぶことができますし、宗旨宗派も問われません。多くのタイプが提供されることは、墓地を選ぶうえで大きなメリットになります。自分の好みの墓石を選べることに加えて、霊園によっては芝生墓地やガーデニング墓地など、選択肢が多いのが特徴です。

郊外型霊園のデメリット

アクセスが不便

多くの郊外型霊園は、都心部から遠い土地に造られています。車を持っていないため公共の交通機関を利用する人は、霊園までかなりの距離を電車やバスで移動しなくてはいけません。最寄り駅からの送迎バスが運行されているところも多いのですが、お彼岸やお盆の繁忙期は本数が多くても、それ以外の時期は本数が極端に少ないこともあります。運行間隔などをよく調べておく必要があります。車を持つ人でも、駐車場からお墓までかなりの距離があるところもあるため、高齢者や身体の不自由な人が一緒の場合は負担が大きくなります。

霊園の中で迷うこともある

大規模な霊園では、自分の家のお墓に行くのに道に迷うほどの広大なものもあります。慣れていないとお墓に行きつくのがたいへんになることがあります。特に1年に1~2回しかお墓参りに行かない人は、毎回迷うことになるほどの広さがある霊園もあります。

郊外型霊園を選ぶ際のポイント

次いで、郊外型霊園を選ぶ際にチェックするべきポイントを考えてみます。

交通アクセスをチェック

前述したように、郊外型霊園は自然が豊富なロケーションにあるため、自宅からの交通アクセスは必ずしもよいとはいえない場合があります。車で行ける場所でも、駐車場から自分のお墓まで徒歩で何分くらいになるのか、お彼岸やお盆の混雑時にも十分対応できる広さの駐車場があるかをチェックします。
将来高齢になって車を手放したり、長時間歩くことが困難になったりしたときのことも考慮します。自宅から公共交通機関を利用し、乗り換えがあればその回数、最寄り駅から送迎バスがあればその間隔を調べて、アクセスのよしあしを判断しましょう。実際に見学に行き、交通アクセスを確認することは必須です。

霊園内にある設備のチェック

近年は高齢化が進んだこともあり、バリアフリー化された郊外型霊園も増えてきました。段差がなく、スロープやエレベーターがある霊園もあります。ただ、昔からの古い霊園ではそのような設備が整っていないところもあります。霊園内に坂や階段は多くないか、高齢者や小さな子ども、車いすの人でも移動しやすい設計になっているかを確認します。
霊園内にレストランがあると食事や休憩に困ることもありませんので、チェックしておきます。また、遠くの霊園に公共交通機関で向かう場合は線香や供花、供え物を現地で調達できると便利です。売店があるかどうか、あれば品ぞろえはどうかなども調べておきます。

お墓の後継者となる人の意見を聞く

生前、自分のお墓として郊外型霊園を選ぼうと考えていても、実際にお墓を維持してゆくのは継承者になります。お墓の跡継ぎになる人は主にお子さんでしょうが、自分が亡き後はお墓の維持をお願いするわけですから、継承者となる人の意見も尊重するようにします。

郊外型霊園が向いている人

さて、その名のとおり郊外型霊園は、広い郊外に造られた霊園なのですが、デメリットを考慮したとしてもメリットのほうが上回るのは以下のようなタイプの人です。

お墓は遠くてもよいので自然が豊富な場所に建てたいと考えている人
設備が充実した霊園がよい人
従来の墓石ではなく個性的な墓石を選びたい人
生前にお墓を購入しておきたい人

郊外型霊園の費用

近年、納骨堂や樹木葬など、墓石を必要としないお墓も普及してきましたが、郊外型霊園にお墓を立てようとする場合は、墓石購入が前提となります。お墓建立に支払った総額は、150~200万円の人がもっとも多かったといわれています。その内訳としてはおおよそ以下の金額が目安となります。こちらは目安の金額ですので、希望する霊園の資料を取り寄せ、見積もりを取ることが必要です。

① 墓地代(土地代) 35万~130万円
② 墓石代 60~200万円
③ その他付属品 年間5,000円~15,000円
④ 維持、管理費 年間、5,000円~15,000円

まとめ

今はお墓の形態も多様化し、必ずしも墓石を必要としない供養の方法も増えてきています。しかし、やはりお墓は従来通り霊園の中に墓石を建てたい、という考える人も大勢います。お墓は一生に一度の大きな買い物となり、いったん建ててしまうと簡単に移転もできません。お墓の購入は必然的に慎重にならざるを得ませんが、やはり自分の好みに合い雰囲気のよい場所が一番です。ご家族でよく話し合い、予算を組んだうえで現地も見学して、納得のいくお墓を建てたいものです。