個別安置型永代供養の特徴とそのメリットとは

通常のお墓と同様に、墓石を建てて供養します。骨壷を個人別に分け、専用の場所にお墓を建て、安置します。家族墓や夫婦墓もこのタイプに属します。屋内型の納骨堂とは違い、屋外の指定された場所に個人用の墓石があり、そこに遺骨を安置するとお考えください。だから墓石の種類などは選ぶことが出来ず、場所も指定される場合が多いです。

個別安置型永代供養の特徴とそのメリットとは

個別安置型永代供養

「屋外型」の永代供養の一つに個別安置型があります。一般墓に永代供養が付いた墓石安置型に似ていますが、費用は個別安置型の方が安く済みます。

個別安置型永代供養の特徴

通常のお墓と同様に、墓石を建てて供養します。骨壷を個人別に分け、専用の場所にお墓を建て、安置します。家族墓や夫婦墓もこのタイプに属します。屋内型の納骨堂とは違い、屋外の指定された場所に個人用の墓石があり、そこに遺骨を安置するとお考えください。だから墓石の種類などは選ぶことが出来ず、場所も指定される場合が多いです。
また、永代供養を行う期間も、33回忌や50回忌など事前に期間が決められており、それを過ぎると合祀されることが一般的です。

個別安置型永代供養のメリット、デメリット

個人でお墓を建てるのに比べ、その費用を抑えることができます。だから遺骨を個別に安置する方法の中では、墓石安置型よりは安く済みます。「見ず知らずの人たちと一緒に弔われるのには抵抗がある」という方にはお勧めです。また、自分がお参りしたい故人に対して、それぞれにお供えなどができます。従来のお墓のイメージと近いので、親族や参拝者にも比較的違和感なく受け入れられます。
ただ、永代供養の期間が決まっており、その期間を過ぎると合祀されるので、その点については事前によく考えておく必要があります。

永代供養の費用

寺院・霊園によって別途「墓碑銘」「墓誌刻字料」「管理費」を設けているところもあります。永代供養料にこれらを含んでいる寺院・霊園もありますので、事前に確認しておきましょう。
それぞれの寺院・霊園により含まれる費用が異なるため、結局いくらかかるのか疑問を持つことがあるかもしれません。基本的に永代供養料とは、呼び名が異なったとしても、

▼永代供養料=永代供養+法要のお布施+埋葬料+「墓碑銘」「墓誌刻字料」「管理費」
などの金額が必要です。
ちなみに永代供養の初期費用は50万円程度が相場といわれています。
この他に、墓地や霊園を使用する権利を取得するために支払う代金「永代使用料」も必要になることを忘れてはいけません。現在、永代使用料の相場は、全国平均で約60万円と言われています。

永代供養墓には様々な形態があり、その中からご自身の希望に合ったお墓を見つけることが大切です。最近では永代供養墓の申し込み条件は緩やかになっており、ほとんどの永代供養墓は宗教・宗旨・宗派を問いません。寺院、霊園でも永代供養の問い合わせは増えていて、わざわざ永代供養の区画を増やす寺院もあるようです。終活の一項として考えてみてはいかがでしょうか。