知っておきたいロッカー式納骨堂

~増加するロッカー式納骨堂。その特徴とメリット、デメリットを詳しく解説~

知っておきたいロッカー式納骨堂

ロッカー式納骨堂の基本情報

ロッカー式納骨堂というのは、納骨堂の種類の1つで、名前からわかるようにロッカーのような形をした納骨スペースにお骨を保管するタイプの納骨堂です。
納骨堂はメリットが目立つことから最近は選ぶ人も増え、新しく建設されたり墓じまいで一般墓から納骨堂に移す人もいます。
しかし、納骨堂にもデメリットも存在するため、頭に入れておきましょう。
(1)メリットは利便性、安さ
ロッカー式納骨堂はお墓を建てるより安く済ませることができるやり方として昔から存在していて、現代に作られる納骨堂もその部分を継承しています。
安さに加えて省スペースで作れたりする特徴から、駅前などの交通の便のいい場所にマンションのように高層化した建物に作られることも多いです。
屋内だから維持管理も比較的簡単で、天気が悪い日でもお参りがしやすいといった部分も大きなメリットといえるでしょう。
(2)デメリットは「お墓らしさ」が希薄なこと
納骨堂は昔から存在していたとはいえ、一般的には「お墓に入る前の一時的に保管するための場所」という考え方がまだ根強く残っています。実際にそういった使い方をしている人も少なくありません。
そのため、ロッカー式納骨堂を正式に供養する場所として選ぶことに対して、遺族の中で意見が分かれてしまうこともあるでしょう。
安価なロッカー式納骨堂の場合、ロッカーが銭湯の下駄箱のようにずらりと並んでいるだけということもあるため、その前で手を合わせても、供養をした実感が無いということもあるでしょう。
少し費用は高くなりますが、個別のスペースが用意されている納骨堂を選ぶことも可能ですが、遺骨を出すことができない、できたとしても追加で費用がかかるなどといったこともあるため、事前によく確認して選ぶ必要があります。

ロッカー式納骨堂の現状

ロッカー式納骨堂は近年人気が高まっていますが、一番の理由は「人々のお墓への考え方や求める価値観が変わってきた」という部分でしょう。
人気が高まって来ていることでの変化や、その理由について紹介していきます。
(1)ロッカー式納骨堂は全国各地で増加中
ロッカー式納骨堂に限らず、機械式や仏壇式など納骨堂が全体的に人気が高まって来ているため、各地で納骨堂は増えてきています。その反面従来の野外の墓地にあったような一般墓は減少傾向にあるため、時代の主流が一般墓から納骨堂に変わりつつあると見ている人もいます。
(2)ロッカー式納骨堂の場所は「利便性」が重視される
納骨堂が増えてきていること、墓じまいなどの理由で納骨堂に移って来る人が一定数いることなどが重なり、納骨堂の間でも価格や性能などの競争が発生しています。
そのため、納骨堂の多くは公共交通機関などの整備された、お参りに行きやすい場所に建てられることが多く、主要駅の前などは特に人気が高い場所となっています。
田舎や山中のお墓参りで毎年苦労をしているという人は、特にこういった利便性の部分に惹かれて納骨堂を選ぶことが多いようです。
(3)費用の相場は約20万円
ロッカー式納骨堂の特徴の1つである安さの部分は、こだわりを持たなければかなり大きなメリットになります。
一般的に墓地の土地を買ってお墓を建てるとなると、安くて100万円前後、全国平均にすると120~150万円になるため、とても大きな買い物になります。
それに対してロッカー式納骨堂の全国平均の相場は15~20万円となっているため、6分の1ぐらいまで抑えることも十分可能といえるでしょう。
その分のお金をお葬式を理想通りのものにするために使うなどすれば、満足度が高いお別れにできるでしょう。

ロッカー式納骨堂の今後の展望

ロッカー式納骨堂は数十年前であれば、お墓に入れる前のお骨を保管しておく場所というイメージから、特にお寺側もサービス内容などに力を入れることはありませんでしたが、近年は人気が高まっていることで状況が大きく変わりました。
ロッカー式納骨堂は最近増加傾向にあり、人気も高まって来ていますが、これから先はどうなっていくでしょうか?
人々のお墓の事情や考え方などをふまえながら、現時点で予想されることを紹介します。
(1)ロッカー式納骨堂の利用者は増えてサービスも充実していく
正式な納骨先としてロッカー式納骨堂を選ぶ人が増え、他の形式の納骨堂も人気の高まりを受け、お寺側も様々なアイデアやサービスを提案してくれるようになってきました。
そのため、見た目の寂しいロッカーだけが並ぶような納骨堂は数が減り、利用者の要望に合わせて見た目や機能を充実させることで、納骨堂のお墓らしさやお参りをした実感が少ないという部分を改善していく流れが予想されます。
(2)駅前でお墓参りという風習の一般化
駅前に納骨堂があるということは、単純にお参りに行き来するためにかかる時間や労力の負担が軽くなるだけではありません。
駅前や交通の便のいい場所というのは、必然とお店や商品が集まりやすくなるため、お参りに必要な花や線香などの道具も、低コストで入手しやすくなります。
山中のお墓のすぐ近くに花屋があっても採算は出しにくいですが、人通りの多い場所でなおかつすぐそばの納骨堂にお参りに行く人が買いやすい花屋があれば、お店側も経営にめどがたちやすいです。
こういった納骨堂の周囲の人や店の動きが、今後のアクセス性の良い場所にある納骨堂のメリットを、更に大きくしてくれるでしょう。

ロッカー式納骨堂を選ぶための準備

ロッカー式納骨堂を選ぶためには、具体的にどういった準備をしていくのがいいのかを紹介していきます。
急いで決断をしてしまうと、大きなお金を無駄にしてしまうだけでなく、大切な人の遺骨を静かに納めておくことができませんので、しっかりと準備をしておくのが望ましいでしょう。
(1)まずは周囲の人と意見の一致を
ロッカー式納骨堂を選ぼうか迷っている人は、まずは自分の家族や周囲の人との意見交換をすることから始めましょう。
納骨堂やお墓の考え方には人それぞれの価値観がありますし、金銭的な事情など複雑な要素が絡んでくることから、特定の人の意見のみで決定してしまうと、迷惑に感じる人や不満を持つ人が出てきてしまうこともあります。
まずはそれぞれの考え方を聞いてみたうえで、納骨堂やロッカー式に反対意見が無いことがわかってから、各自の要望をかなえられるロッカー式納骨堂を探してみるといいでしょう。
そのためには、事前に大まかなメリットとデメリット双方をよく理解しておくことが重要です。
(2)契約内容と現場の雰囲気をよく確認すること
ロッカー式納骨堂は納骨スペースの容積、お参りのために各自に用意される空間、費用の支払い方法など、事前に確認しておくべきポイントがいくつもあります。
これは一般墓を購入する時にも同じことが言えますが、一般墓は親や祖父母の代の人に購入経験者がいれば話を聞くこともできますが、最近の人気の高まりを受けて初めてロッカー式納骨堂を利用する人の場合、そういったことが不可能なため、やはり話を詳しく聞くだけでなく、実際に現場に見学をしに行くことで感じられることを大切にした方が、より満足度の高い選択になるでしょう。

終活でロッカー式納骨堂を考えてる人への提案

終活の中でお墓をどうするかというキーワードは重要な部分ですので、しっかりと準備をして自分も遺族も満足できるようにしたいものです。
満足のいくロッカー式納骨堂を選ぶためにできる提案をいくつか紹介します。
(1)周囲の人とよく相談を
お墓選びは納骨堂を選ぶにしてもそうでないにしても、まずは関係する人にしっかりと相談をすることが第一でしょう。
自分の要望と同じくらい、ロッカー式納骨堂はお墓参りに来てくれる人にはどう感じるのかという部分を重要視して、後継者が維持管理をしてくれるところまで想像して計画をたてましょう。
相談をしていくにつれて重要視するべきポイントや自分自身の考え方が変わってくる可能性もありますので、1度の相談ではなく時間を空けて複数回相談の機会を作るとなおよいでしょう。
(2)現場に足を運ぶこと
お墓は自分自身のお骨が入る場所ですから、一度も正確な確認をせずに購入してしまうのは、家をパンフレットだけ見て購入して引っ越してしまうようなものです。
そういった無計画なやり方をしてしまっても自分自身は入ってしまえばそれでおしまいですが、維持管理をしたりお金を払ったりする家族や後継者がいることを考えれば、そのような選択はするべきでないというのがわかります。
必ず現地に足を運んで、実物を見て考えることと、そこで感じた疑問点は納骨堂を管理する担当者や家族としっかり確認して、安心して残る人に任せられるようにしましょう。
(3)比較すること
最近は納骨堂は全国各地に増えているので、利便性ばかりをゆうせんして近場のばかりで考えずに、比較対象を少し遠くまで広げてみるのも有効でしょう。
価格やサービスの内容だけでなく、その場所の雰囲気や周囲の環境まで含めて、広い視野で考えられるといいでしょう。

そこで最後に

知っておきたいロッカー式納骨堂の極意3ヶ条

ロッカー式納骨堂を選ぶか迷っている人は、必ずこの3つの極意を頭に入れておきましょう。
・反対意見もあるかもしれないということ
・実際に現場に行って確認をすること
・価格の相場は15~20万円

(1)反対意見もあるかもしれないということ
ロッカー式納骨堂に限らず、納骨堂を代々受け継いでいくお墓にするというのは、万人が納得する選択肢とはいえません。
確かにロッカー式納骨堂には多くのメリットがあり、魅力的な選択肢になりますが、従来通りの一般墓も含めて「お墓の意味」という重要な要素を忘れてしまうのはいけません。
後継者だけでなく親族やお墓参りに来てくれる予定の人などを含めて、改めてお墓に求めている価値観を再確認してからロッカー式納骨堂を選べるといいでしょう。
そういった話し合いの時間を用意するためにも、時間をかけて熟慮できる余裕をもって選ぶために、早い段階から終活の一環として活動を始めてみるといいでしょう。
(2)実際に現場に行って確認をすること
ロッカー式納骨堂は屋内のお墓なため、お墓そのもの以外にも周囲の雰囲気や建物の周りの環境などまで考えるのが適切です。
アクセス性や利便性はもちろんメリットですが、実際に自分の足で歩いてその場に行くことで、そのメリットを再確認したり比較材料にしたりすることができます。
(3)価格の相場は15~20万円
ロッカー式納骨堂は一般的に安い選択肢といわれていますが、全国平均の相場は約15~20万円です。
これより安いものから数倍高くのものまで豊富に選択肢は存在しますが、目安としてこれぐらいの額を考えておくといいでしょう。
お葬式からお墓まで一連の流れの中で、それぞれに目安となる金額があると計画が立てやすくなります。