知っておきたい現代の骨壺

進化している骨壺。その種類と特徴について詳しく解説

知っておきたい現代の骨壺

「骨壺」は、その名の通り「骨を入れる壺」ですが、現代の骨壺は私たちがイメージする骨壺とはだいぶ違っているようです。そこで、骨壺に関する基礎知識とともに現代の骨壺についてお話ししたいと思います。

骨壺とは?種類や素材

ではまず、骨壺についてご説明します。
骨壺とはその名の通り、火葬が終わった後の遺骨を納めるための壺のことを言います。
骨壺のサイズの単位は「寸」で、骨壺の円柱の直径を指しています。
サイズとしては2寸・2.3寸・3寸・4寸・5寸・5寸・7寸・8寸・尺寸がありますが、一寸は約3.3センチですので3寸だと直径は約9.1センチということになります。
また、骨壺は1個2個とは数えず、「口(こう)」と言い、1口2口と数えます。

骨壺をどのサイズにするかは、遺骨を入れる量にもよりますし、また地域によっても違っていきます。
目安としては、
2~4寸:分骨して少量入れて手元供養をするとき
5~7寸:お墓や納骨堂に納めるとき用
8寸・尺寸:複数の方の納骨用
です。

西日本で分骨が一般的な地域では2~5寸の骨壺を使うことが多く、東日本では全部の遺骨を納めることが多いため7寸の骨壺を使ことが多いと言われています。

骨壺にいれたお骨は、四十九日が過ぎてからお墓や納骨堂に納骨します。
ただ、納骨する場所によって骨壺の大きさや形が限られることがあります。
特に納骨堂の場合は、ロッカータイプや棚タイプなど様々な形状があり、大きい骨壺だと納まらない場合があるからです。
そのため、どんな骨壺を選ぶといいのか、事前に納骨堂や霊園などに確認をすると良いでしょう。

●骨壺の素材

骨壺は大切な遺骨を納めるための壺ですので、素材や構造もとても気をつけて作られています。
火葬した後の遺骨はまだ熱いため、熱に強い陶器や磁器で作られているのが一般的です。
また、陶器や磁器は湿気の多いお墓に納めても長い時間耐えることができるという特徴もあります。

また、骨壺は故人の遺骨を長時間納めておくためのものですので、耐久性・防湿性・密閉性が重視されています。
遺骨は湿気に弱く、湿度が高いところに置いておくとカビが生える可能性が高いからです。

そして、骨壺はパッと蓋を閉めるだけでは湿気を防ぐことができませんので、少し特殊な構造になっています。
・白並タイプ:蓋の端が内側に入りこんでいるタイプ
・切立タイプ:蓋の端が骨壺本体に覆いかぶさっているタイプ
このうち、湿気がたまりにくくておすすめなのは切立タイプです。

また、骨壺は供養の方法によっても素材や構造を変えることがあります。
特に樹木葬はその素材が大きく違います。
樹木葬とは、骨壺を土に埋めて墓石の代わりにシンボルとなる木を植えますが、その際は土に還る原料を使って骨壺を作ります。
植物や貝殻など生物由来の資源を再利用した素材を使ったり、土や粘土を使ったりするのです。

最近増えている新しい骨壺やメモリアルジュエリー

一般的な骨壺の他に最近増えているのが、手元供養に使うための骨壺です。
手元供養とは、遺骨の一部を取り分けて手元供養のための骨壺に納めて、自宅で保管して供養をすることを言います。
また、「メモリアルジュエリー」といって、遺骨を入れて身に着けることができるアクセサリーもあります。

遺骨の一部を取り分けることを「分骨」と言いますが、分骨を望む主な理由は以下のようなものです。
・故人をいつも身近に感じたいから。
・お墓やお寺が遠くて、お墓参りが大変だから。
そのほか、生前に故人が希望している場合もあります。

分骨をすることで「故人の体がバラバラになるのではないか」「故人が生まれ変わるときに五体満足にならないのではないか」と思われがちです。
これは、仏教では輪廻転生の考えが根強いためですが、これはあくまでも迷信です。
実際は、四十九日で故人の魂は遺骨から離れると言われています。
分骨をしても魂はあの世で一つになっているので大丈夫です。
手元供養における遺骨は、遺族の心のよりどころになるためのもので、供養の象徴になるものなのです。

まず、分骨をするときの手順についてお話ししたいと思います。

分骨の手順と手続き

分骨には火葬後すぐに分骨を行う場合と、すでにお墓や納骨堂に納められている遺骨を分骨する場合との2パターンがあります。
それぞれの手順と必要な手続きについてご説明します。

●火葬場で分骨をする場合

まず、火葬したあとに遺骨を分骨用に取り分ける場合の手順についてお話ししましょう。

①必要な数の骨壺を用意する。

納骨用の骨壺の他に手元供養をするために必要な骨壺を、必要な数だけ用意します。

②火葬場に「火葬証明書(分骨用)」または「分骨証明書」を発行してもらう。

分骨に関しては、法律で「この遺骨は分骨されたものである」という証明書を発行することが定められています。
また、分骨を受け入れる側も証明書がない場合は受け入れることができません。
分骨した遺骨を自宅で供養する場合でも、お墓などに納骨する可能性もあるかと思いますので、この書類は発行してもらって大切に保管しましょう。

③火葬場で遺骨を拾い、準備した骨壺それぞれに遺骨を納める。

火葬後に残ったお骨を、納骨用の骨壺と手元供養用の骨壺とに分けて入れます。

●すでにお墓や納骨堂に納骨されている遺骨を分骨する場合

次に、すでにお墓や納骨堂に納骨されている遺骨から一部を取り分けるときの手順についてお話ししましょう。

①お墓や納骨堂、霊園などの管理者に「分骨証明書」を発行してもらう。

この書類は「この遺骨は分骨されたものである」という証明です。
分骨した遺骨を別の場所に納骨する場合は、この書類を新しい納骨先に提出しないと納骨ができませんので必ず発行してもらいましょう。
もし、遺骨を自宅で保管する場合でも将来どこかに納骨するかもしれませんので、その時まで大切に保管する必要があります。

②遺骨を取り出す日程を決める。
③閉眼供養(へいがんくよう)をする。

閉眼供養とは、「仏様の魂を抜き取る」「仏様の目を閉じる」という意味の供養で、お墓や仏壇を移動するときなどに行われる供養です。

④遺骨を取り出す。

石材店や寺院に依頼をして、遺骨を取り出します。

火葬後の分骨、すでに埋葬されている遺骨の分骨、いずれの場合でも別の場所に納骨する場合は以下のような手順が加わります。

①分骨した遺骨を納骨する。

納骨先のお墓や霊園などの管理者に「分骨証明書」を提出して納骨をします。

②開眼供養をする。

開眼供養とは「仏様の魂を入れる」「仏様の目を開ける」という意味の供養です。

手元供養として自宅で遺骨を保管して供養する場合は、開眼供養をする必要はありません。
手元供養は、特定の宗教によるものではないためです。

手元供養のための骨壺、遺骨を身に着けることができるメモリアルジュエリー

手元供養ではコンパクトなミニ仏壇に骨壺を置いて供養をしたり、骨壺と写真の前に仏具を置いて供養したりすることが多いため、デザイン性の高いものがたくさん出ています。
また、金属製やガラス製、陶器など素材もさまざまです。
ガラス製の骨壺の場合は、中のお骨は見えないようになっています。
遺骨は湿気に弱いので、蓋がネジ式になっているタイプだとより安心です。
また、木製の骨壺だと自分が亡くなったときには棺の中にいっしょに入れることができます。

手元供養をするときにはミニ仏壇を選んで安置をする方も多いのですが、必要な仏具を選んで自分の好きなようにレイアウトできるタイプのミニ仏壇もあります。
その場合に仏具と一緒に骨壺も置いて供養をするのです。
仏具と骨壺を一緒に販売している仏壇店だとトータルで揃えることができます。
また、気に入った骨壺を中心にテイストを合わせた仏具を置いて供養をするのもおすすめです。
たとえば、クリスタルのフォトフレームに写真を入れて、色や雰囲気の合うガラス製の骨壺を置くととても素敵です。
このように、素材や色などを揃えると統一感が出てまとまります。

また、遺骨を身に着けることができるメモリアルジュエリーは、ネックレスのチャームや指輪の裏側などにポケットが付いていてそこに遺骨を少し入れることができます。
デザインは普通のアクセサリーのような素敵なデザインなので、毎日身に着けても違和感はありません。
故人をいつも身近に感じられるため、とても人気が高まっています。
メモリアルジュエリーは壺の形はしているわけではありませんが、遺骨を納めることができるため、骨壺に分類されることも多いアイテムです。

手元供養をするときの注意

分骨した遺骨を手元供養として自宅に保管するときには注意したいことがいくつかあります。

①家族や親戚の同意を得る。

いくら大切な人の遺骨だと言っても、他の家族がどう思うかはわかりません。
抵抗を感じる家族もいるかもしれませんし、家に骨があることを気味悪いと思うのも仕方のないことです。
自分だけの気持で手元供養をするのではなく、同居する家族や他の親族と話し合って決めるようにしましょう。

②遺骨を管理できなくなった時に骨壺をどうするか決める。

自分に何かあったときに、分骨した遺骨をどうするか決めておきましょう。
自分の死後に遺骨の入った骨壺が出てきたら遺族はきっと困ってしまいます。
どこにでも捨てていいものではありませんので、事前にしっかりと決めて家族にも伝えておきましょう。
自分の遺骨といっしょに骨壺に納めるか、お墓や納骨堂に納めた本人の骨壺に入れるか、などが多く選ばれている方法です。

生前に自分の遺骨を分骨して手元供養をしてほしいと希望しているときも、管理が難しくなった時にどうしたらいいかということも伝えておきましょう。

まとめ

お墓や納骨堂に納骨するときに入れる骨壺の他に、最近では手元供養をするための骨壺を選ぶ人が増えています。
手元供養のための骨壺は様々な素材で作られていて、デザインや形も様々です。
手元供養では家に骨壺や仏具を置いて供養をしますので、好みの骨壺を見つけてみてください。