後継ぎがいない方の墓地霊園選び

その問題点と今考えるべきこと、出来ることを提案します!

後継ぎがいない方のお墓はどうなってしまうのか

お墓は日本において一般庶民にも広まっている亡くなられた方の弔い方の1つですが、土地とお墓は誰かが管理しなければ荒れ果ててしまい周囲のお墓や建物、ひいてはその持ち主に悪影響を与えてしまうため、管理する人が必要になります。
お寺や霊園の場合は住職や管理者が日頃の管理を代行してくれることも珍しくありませんが、これには労力の対価としてお金のやりとりが発生します。
管理やそれに関係するお金の問題がある以上、お墓の持ち主、もしくはその持ち主の跡継ぎがいないということは、お墓を維持し続けることができないということに直結します。
もしそういった状況が発生してしまった場合、お墓はどうなるのか紹介します。

①管理者がいないお墓は「無縁仏」

跡継ぎや親族などの管理する人がいない、もしくはそれに当たる人に連絡がつかないお墓のことを無縁仏と言います。
日本の法では1年間、連絡努力などを続けてもこの状態が継続した場合、本人の確認を取らずに管理者が墓地の整理をすることが可能になります。

②整理されると多くは永代供養墓に合葬される

無縁仏のお墓はそのままにしておくと管理の手間や費用がかさむため、墓を取り壊しお骨は永代供養墓に合葬することがほとんどです。一度この状態になってしまうと、お骨を取り出すこともできなくなってしまうため、後から状況を回復することは実質不可能になります。

③費用について

無縁仏のお墓を整理するのにかかる費用は、回収先との連絡がつかない以上、お墓の管理者の自己負担となってしまいます。
そのため、この状況になってしまうと金銭的にも労力的にも管理者に大きな負担を強いることになってしまうため、問題になっています。

無縁仏の現状

日本では既に建てられたお墓が毎年増加しつつあることから、お墓の管理者に大きな負担をかけると同時に慢性的な悩みの種になっています。
跡継ぎのいない孤独な状態で亡くなられる方は毎年約3万人近く居ると言われていて、引き取り手もいないためとても困っているという事例も多発しています。
このように、お墓と跡継ぎの問題は日本全国で大きな問題になっていて、早急な対策や事態の悪化を防ぐ試みが考えられています。

①跡継ぎが居なくてもお墓を建てることはできる

跡継ぎがいないということは管理者がいないということには直結しません。しっかりと代役を立てることでお墓に入ることは可能です。
血縁者でなくても事前に合意が得られているのであれば、お墓の管理をする立場になることができ、単独では難しい場合複数人で受け持つことも可能です。
しかし、これは本人と故人間の合意だけでなく、墓地の管理者との合意や契約も必要なため、断られてしまう可能性があることは留意が必要です。

②「期限付きお墓」という選択肢も

最近では、お墓は一度建てたら管理運営をずっと続けないといけないというものでもなくなりつつあります。
期限付き墓というお墓も実際にあり、これは名前のとおり期限をつけて建てるお墓です。
期限を過ぎると自動的に改葬されてお墓も片付けられます。このための費用まで事前に支払っておくことで、一時的にではありますが、跡継ぎが居なくても自分のお墓に入ることは可能です。
墓地の管理者にも負担が無いことから、最近では人気が高まりつつある選択肢です。

後継ぎがいない方の墓地霊園選びの今後

跡継ぎがいない家族事情の方が増えて問題に発展しつつある一方で、そういった方々をターゲットにしたお墓のプランを提案する会社が増えつつあります。
こういった事情の変化を受けて、お墓には絶対入るべき、代々のお墓は守り抜くべきという考え方が薄れつつあることも事実です。
こういった時代の変化に伴う意識の変化も含めて今後は考えていくことが重要でしょう。

①墓じまいは珍しいことではない

跡継ぎがいないもしくは見つからない以上、お墓を建ててもいずれ負担になってしまい最終的には墓地側が一方的に損をすることになってしまいます。
こういった理由から、跡継ぎがいない方のお墓の新設を断る墓地は多いです。
しかし、期限付き墓のように墓じまいをすることを前提としたプランであれば、本人の希望もある程度叶い、墓地側も負担を恐れずにお墓を建てる許可が出せます。
こういったある意味現代的であったり合理的である選択をする勇気を持つ人が増えれば、より一層跡継ぎがいない人でも墓地選びがしやすくなるでしょう。

②合祀しない永代供養墓

永代供養墓と言われると合祀されてしまう印象が強いかもしれませんが、墓と遺骨を存続させた状態で管理をしなくて済ませられるようにできるタイプも存在します。
こうすることで合祀に抵抗感がある人でも永代供養墓を選択しやすくなるため、今後この選択肢が一般化することも予想されます。

③合葬墓

現状で跡継ぎがいない方のお墓の選択肢の筆頭は合葬墓で、今後も他の選択肢が活発になっても一定の割合はこの選択になるでしょう。
遺骨が取り出せなくなる可能性もありますが、跡継ぎがいない場合には問題とならないこともあるでしょう。
比較的安い価格で行えるというのも見逃せない部分です。

跡継ぎがいない時の墓地霊園選びの準備

跡継ぎがいない状況での墓地選びは、万が一のことがあれば墓地側にも迷惑が掛かってしまうため、必ず慎重に正確に進める必要があります。
跡継ぎの有無はそれだけ関係者には重要な事項ですので、交渉の時などもまず初めに「跡継ぎが居ない」ことを伝えることから始めるようにすると、話がスムーズになるでしょう。

①どういったお墓にするか決める

永代供養墓に入るのか、期限付き墓を建てるのか、跡継ぎがいなくてもお墓選びにはいくつかの選択肢があります。
考えるのは費用だけではありません。供養に来てくれる方が居るのであれば、その人の意見を聞いたりして場所を選んだりするのもいいでしょう。
お墓の形と管理体制が明確になれば、だいたいの問題点は解決することになります。

②費用の準備

例えば10年間はお墓を維持してほしいという場合には、それに必要な金額をあらかじめ用意して、墓地の管理者に納めておく必要があります。
自分が無くなってからかかる費用をあらかじめ払うということは大きな金額になりやすいことです。万が一足りないとなると大問題ですので、費用に関してはシビアに計画を立てましょう。

③継承者探し

お墓の継承者は血縁関係者でなくても正式に約束をすればなることができます。
血縁関係者が継承者でないと受け入れない墓地もあるので、墓地選びも継承者が見つかるか否かで大きく変わってきます。
口約束では不安なことも多いので、できるだけ遺言書のような書面での意思表示や合意の証拠を残しておくと、後々の問題を未然に防ぐことができます。
継承者探しも諦めずに続けてみることは、一つの手段として覚えておきましょう。

跡継ぎが居ない方が終活でやっておくべきこと

跡継ぎが居ない人の終活は、時間的に差し迫ってしまうと後戻りできなくなってしまいますので、できるだけ時間や体力の余裕を持って進めるのが望ましいです。
墓地や霊園を選ぶ時にやっておきたいことをいくつか紹介します。

①後継者探しと喪主探し

後継者が今はいなかったとしても、仲のいい友人やその家族がお墓の後継者として名乗り出てくれる可能性は無いとは言い切れません。
ありがたい話である一方、責任も伴うことですので、しっかりと説明をしてお互いに納得して合意できるようにすることは忘れないようにしましょう。
それと並行して、お葬式の時に喪主を引き受けてくれる人を探すこともできれば、葬儀から納骨までの一連の流れでの心配な部分を、だいぶ片付ける事ができます。

②費用について

跡継ぎがいない方の墓地に最も懸念がある部分は費用です。
無縁仏は費用の回収ができないから大きな悩みの種になるのであって、極端な話、費用に都合さえつけば無縁仏にはならないと言ってもいいぐらいです。
しっかりと費用を満額で用意したり、あらかじめ納入しておくことでこの懸念が無くなりますし、費用の余裕がそれだけ選択肢の余裕にもつながります。
自分の出せる費用を明確にして、その中でプランニングすることを常に頭に入れましょう。

③期限付き墓なども考える

最近では跡継ぎがいない人が増えているため、これまではほとんど選ばれることの鳴ったようなお墓のプランが広まってきています。
以前パンフレットなどで確認をした墓地や霊園も、こういった風潮を受けて新しいプランを提案している可能性もあります。
常に最新の情報を集めて考えるようにしましょう。

そこで最後に

後継ぎがいない方の墓地霊園選びの極意3ヶ条

後継ぎがいない方の墓地霊園選びには3つの極意があります。
・多様なお墓の形式を知ること
・跡継ぎは血縁関係者でなくてもいい
・とにかく一番の問題点は費用
この3つをよく考えながら、最適な選択ができるように心がけるようにしましょう。

①多様なお墓の形式を知ること

跡継ぎがいないからという理由だけで、お墓の選択肢は永代供養墓のような合祀だけになってしまうとは限りません。
永代供養墓の中にも自分のお墓とお骨を残しておけるようにできる場合もありますし、一時的にでもお墓を建てて入りたいという人には、期限付き墓という選択肢もあります。
お墓の多様性に気付くことで満足のいく選択肢が見つけやすくなるということを、まず初めに頭に入れるようにしましょう。

②跡継ぎは血縁関係者でなくてもいい

跡継ぎがいないし生まれて来るとも考えにくいと思い込んでしまうと、跡継ぎがいないことを前提に考えることで頭が硬直してしまいます。
お墓の跡継ぎは血縁関係者でなくても引き受けることが可能ですので、跡継ぎを探すという考え方も十分に可能性があります。
もし見つからなかったらこの選択を、引き受けてくれる人がいたらこの選択を。といったように、複数のパターンを頭に入れて考えておくことで、スムーズに交渉を進めることができるでしょう。
同時にお葬式の際の喪主も探しておくことで、跡継ぎがいない方の終活の大きな問題を複数まとめて解決させることができます。

③とにかく一番の問題点は費用

跡継ぎがいないということは、自分以外に費用の責任を取れる人がいないということです。
墓地霊園選びでは必ず費用の部分で考えなくてはいけない時が来ますので、予算をしっかり把握しましょう。

                  頭の片隅に入れておいてください。